「あの栄光」2005年8月30日(火)

ウイークリー瞑想

 妻ルイーズは2週間近くの集中治療室での治療が功を奏して、昨晩退院してきました。呼吸は正常に戻りつつありますがしばらくは酸素呼吸を続けます。また肺の中の水を取り除く薬で圧力を下げていく必要があります。薬と食べ物のリアクションから解放されてきました。多くの方の祈りに支えれてきました。具体的なアドバイスや助けをいただいてきました。感謝に堪えません。
 
 集中治療室での治療が始まってどのようになるのかまだ分からなかったときに、ミニストリーの理事のひとりで、長い間事務所として彼のビジネスの建物の一角を貸してくれていた方が、励ましのメールをくれました。その中に次の文章がありました。Trough all of this let Christ be glorified. このことすべてを通してキリストの栄光が現されるように。どのようになってもキリストが崇められることを最優先するように。大変なチャレンジをいただきました。
 彼のビジネスは順調で、今はハワイに住んでいます。しかし奥様は何度も大きな手術をして生死の境を通ってきました。この春先は2番目の息子さんが脳腫瘍の手術を受けました。キリストの栄光が現されることがどのようなことなのか体験してきています。
 
 どのようになるか分からない状態でなお神の栄光が現されることを信じること、それは容易なことではありません。よくなったら栄光が現されたといえるのか、そのまま終わってしまったら栄光が去ったということなのか。どちらでもあり、どちらでもないのだろうと思います。
 キリストが十字架を前にして父に祈った祈りを思い出します。「今は、父よ、みそばで、わたしを栄光で輝かせてください。世界が存在する前に、ご一緒にいて持っていましたあの栄光で輝かせてください。」(ヨハネ17:5)十字架がなお栄光のためであり得るとすると、栄光は明らかに神の次元のことです。私たちの判断で決まるものではありません。
 当然よくなることを祈り、期待します。妻が徐々に回復してきたときには感謝しました。集中治療室で向かいのベットに数日いた方はそのまま亡くなりました。妻も一時はどうなるか分からない状態でした。そして無事に退院してきました。「あの栄光」は、しかし、感謝と同時に、感謝とは別になお神の御手の中で備えられているように思います。目に見えることだけでは捉えられないところで備えられているようです。容易に判断できるものではありません。都合のよいように判断できるものでもありません。
 パウロは「今の時の軽い患難」と「測り知れない、重い永遠の栄光」(2コリント4:17)とを逆説的に対比しています。「あの栄光」は私たちの思いとは逆のところで現されるようです。今回の病気がどのように神の栄光に結ぶ着いているのか、計り知れない課題をいただいています。

上沼昌雄記

広告

「「あの栄光」2005年8月30日(火)」への1件のフィードバック

  1. 2005年8月の「あの栄光」を読ませていただきました。
    上沼先生が奥様の御病気で大変なチャレンジをうけていたことを初めて知りました。
    瞑想をゆっくり味わう中で、またこの背後の神様を味わう中で、私たちの願望やこうあってほしいことをすべて超えた存在としての神様を見つめています。
    どのように事態が動くのかわからない、息を呑むような苦しみのとき、そのときにも、願っていたような結果が訪れたとき、そのときにも、まるで絶望の淵と思われる結果となった、そのときにも、神様は「わたしはある」といわれます。
    2011年2月、私は母を亡くしました。母は長いこころの病の果てに自分から天に逝きました。
    そのことを娘として今見つめるなかで、なんともいえないかなしみのトンネルの中でこの事実の背後の神様を見つめようとしています。
    この事実に引っ張られない、目に見えないものをみつめるこころを養われています。
    闇が深ければ深いだけ、そこな神様が隠れておられることがなぜかわかるような、やっとそういうところまで背負っていただいてきたような、そんな気がします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中