「医師」2005年9月26日(月)

 先週末に妻の退院後の検診がありました。集中治療室に入ったときの医師でした。大学病院なので、隣にあるクリニックも交代で担当していると言うことです。インドから来られた女医です。妻が元気になっているのを自分のことのように喜んでくれました。血液の中の酸素の量を調べて、酸素呼吸はいらないと言ってくれました。瞳の結婚式に酸素ボンベなしに行くことができます。

 集中治療室に入ったときには人工呼吸装置を付けないといけないかも知らないという状態でした。ともかくその前にできるだけの治療をしてみようと決めていった、医師としての心の格闘を語ってくれました。小柄な落ち着いた医師です。治療の効果が出始めたときにも嬉しそうな笑みを浮かべてくれました。
 この一年と少し、いろいろな医師と出会いました。それぞれ専門医です。専門の分野から意見を述べてくれました。その態度はどなたもプロに徹していました。個人的な意見や感情を避けていることが分かります。それでも患者や家族のことに気を配っていてくれのが、不思議に伝わってきます。この医師が妻の家族をみて、何とか助けられればという思いをもったこと語ってくれました。
 妻のベットの向こう側で、ひとりの方が奥様や子どもさんに囲まれて召されていきました。担当の医師が丁寧に静かに病状を説明していました。インドの女医の後にその医師が妻の担当にもなりました。妻の肺高血圧症の治療をしてくれました。物静かな方です。大学の教授でもあります。折々に私たちにも語りかけてくれました。人として語りかけてくれていることが分かります。生と死の境に患者と家族が置かれていて、そのなかでの医師の責任と姿勢は厳粛なものがあります。神に代わって立ち会っていることが分かります。
 秋田大学の耳鼻科の教授の友人が、妻のために国際学会での知り合いのアメリカの脳神経科の専門医を紹介してくれました。すぐに診ていただくことができて、その面での問題はないことが分かりました。妻の病状を説明してメールを送るのですが、医学的なことと同時に、私のこと家族のことも含めて、一生懸命励ましてくれました。どちらが牧師なのか分からなくなりましたとメールを送りました。
 いまネパールで医療活動をしている医師ご夫妻と、この5月に日本で長男義樹も入れて一緒に時を過ごしました。妻の病状を説明いたしました。黙って聞いてくださいました。医学的な意見は何も言われませんでした。それでも私たちのことを心にかけていてくださることが分かります。それで充分でした。
 大阪の警察病院で医師をしている友人が、お嬢さんを夏休みでロスに連れて来られた折に、妻を病院にまで見舞ってくれました。義樹も来ていました。海軍兵学校の時にこの医師が義樹を訪ねています。遠来の見舞客に家族が大きな励ましをいただきました。
 イエスの生涯の記録のために医者ルカを用意されたというのは、神の深い意味があるのだろうと改めて思わされています。

 上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中