「霊の祭典」2005年10月26日(水)

ウイークリー瞑想

  昨日まで北加日本人クリスチャン・リトリートが、スタンホード大学の近くのカトリックの施設を借りてありました。この数年はこの時期に日本で奉仕をしていましたので、しばらくぶりに参加することができました。北加というのは北カルフォルニアのことです。サンフランシスコ、バークレー、サンフォゼ、サクラメント、フレスノを中心に30ほどの日本人教会があります。27の教会から150名の参加をいただきました。講師は日本からの村上宣道先生でした。

 リトリートはこの十数年少しずつ参加者が増えてきました。元々は戦前からあったリベラルの教会の流れをもっていたために、福音的な二つの団体が参加を拒否してきました。サクラメントの荒井牧師がキリストにある一致を求めて、北カルフォルニアの日本人教会、クリスチャンを忍耐をもって励ましてきました。いずれは消えてしまうのではないかと思ったこともあります。今回参加して大きく飛躍していることが分かりました。驚きました。

 荒井牧師が最後の日の早朝祈祷会で、北カルフォルニアで結構随分の教派があるのですが、その違いを越えてほとんどの教会からの参加者をいただき、心をひとつにして賛美し礼拝をささげていることを、「霊の祭典」と表現されて感謝の祈りをささげました。お祭り騒ぎのように浮かれているわけでありませんでした。メッセージを通して参加者が静かに神に聞いていることが分かりました。それを霊の祭典と言われて、なるほどと思いました。

 リベラルの教会を母体に始まったことなので今でも参加を拒否している牧師もいるようです。現実にはそのような教会から信徒が参加しています。このリトリートには何かを惹きつける霊的な魅力があります。決してある方向に参加者を導こうとしているような力ではありません。むしろ示され気づかされたことにそれぞれが進んでいく喜びと自由です。御霊の自由です。自由ですので各自の思いのまま動いています。それでいながら御霊に導かれているので、教派でも、教会でも、講師でも、奉仕者でもなく、神に向いていることが分かります。

 霊の祭典に参加することで、神の国での私たちの集まりを想像することができます。この地上での教派や教会の違いが消えます。キリストにあって生かされている恵みを共に感謝できます。御霊の自由をより深く経験します。霊的な魅力が際だってきます。参加者が輝いてきます。救いにあずかる人が起こされます。恵みのサプライズが増えてきます。地上での苦しみにまさる恵みの豊かさを想像できます。今までの人生を感謝できます。神の家族の一員であることをうれしく思います。

 牧師や指導者は自分の教派や教会の教えが一番正しいと思うので、違いを大切にします。信徒はそれよりも霊の祭典を求めます。霊的に何が真実なのかを見極めています。それを聞きつけて集まってきます。そのような場を提供していく責任があります。北カルフォルニアで日本人クリスチャンが霊の祭典を体験しています。神が何かをなそうとされていることを感じます。

上沼昌雄記

広告

「「霊の祭典」2005年10月26日(水)」への3件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中