「新しいフォーマット」2005年11月21日(月)

ウイークリー瞑想

 新しいコンピュータに今までのものをすべて転送して、使い出して一 週間ほど経ちました。新しいおもちゃを手にして喜んでいる子どものよ うな感覚で使い始めたのですが、結構いろいろなところで調整が必要に なってきています。iBookの機能には日本語がそのまま使えるよ うになっています。iBookG4ではそれがさらに徹底してきている ようです。

 それでも基本的には英語環境のなかで日本語を使用しているという感 覚は残っています。新しい仕様方式になって、半角の取り方、カタカナ への変換、句読点の位置などで調整が必要になりました。そして慣れる のに結構時間がかかります。新しい仕様環境にいることを認めることに 抵抗を感じてしまいます。前のもののほうが使いやすかったと思うとき もあります。

 いずれは慣れていくのだろうと自分に言い聞かせています。新しい機 能を楽しんでもいます。それでもまだどこかで居心地の悪さを感じてい ます。新しいコンピュータの仕様方式を認めたくない変な意地も出てき ます。同時にその新しい機能をもっと知りたいと思います。自由にコン ピュータを操ってみたいとも思います。

 新しいコンピュータを楽しんでいる自分と、慣れるのにいらいらして 不機嫌になっている自分に気づいて、いま自分が神様の新しいフォー マットに置かれていてもがいている姿を語っているように思えてきまし た。振り返ってみると、この1年でも自分の置かれている環境も随分変 化してきています。妻の闘病があり、子どもが結婚していきました。こ の3月に還暦を迎えました。ミニストリーの事務所を物置に移動しつつ あります。山の教会の暗転があります。理事として関わっているJCF Nの太平洋を挟んだとてつもない大きな展開があります。

 神様がシフトを変えて来ています。今までのものでは対応しきれない フォーマットになっています。調整するのにいらだっている自分がいま す。前と同じままで動こうとする自分がいます。今までのほうがよかっ たと思っている自分がいます。変革を恐れている自分がいます。これか らどうなるのだろうかと心配している自分がいます。神様の新しい皮袋 の前で古い皮袋を握っている自分をみます。

 コンピュータの場合は、キーボードのどこを押せばシフト変換ができ 操作ができるかを、マニュアルをたよりに学んでいくことができます。いらいらしながらも少しずつ対応きます。神様のフォーマットは同じよ うには行きません。何とか変革をし、操作を覚えて神様のフォーマット になれたかと思うと、また次のまったく異なったファーマットが出てき ます。どのように対応し、調整したらよいのか迷います。ようやく慣れ たと思ったらまた新しいキーボードが出てきます。その都度新しい ファーマットに対応することになります。しかもマニュアルがありませ ん。いつも試行錯誤です。

 コンピュータの場合はマニュアルをしっかり読めば何とか分かりま す。聖書はマニュアルではありません。いろいろな試行錯誤のパターン の収集本のようです。じっくりと読んで行くと、神様のフォーマットに 合わないでもがき、いらだっている神の民の苦悩が聞こえてきます。

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中