「モダンとポストモダンと福音主義」 2005年11月

神学モノローグ

 雑誌クリスチャニティー・ツデイーの10月号の最後の3分の1ページは各種神学校の宣伝になっている。それに沿ってNot Your Father’s Seminaryという記事が載っている。過去25年の神学校の置かれている社会、国、世界の変化に神学校がどのような変革をしてきているのか、またしなければならないのかを的確にまとめている。神学校の宣伝にはよく耳にする学校の名前が連なっている。
 この四半世紀の変化は、社会現象的にポストモダンと言われている。モダン、すなわち西洋の近世以来、理性の自律を確立して築き上げられてきた認識論と世界観のなかで普遍的な真理が標榜されてきた。しかし、そのような価値観や世界観が全面的には通用しない事態になってきている。すなわち西洋社会の聖書観や宣教論が必ずしも絶対でない現実に直面してきている。アメリカの社会自体が宣教地となってきている。また善し悪しの問題ではなくて、物質主義的な傾向から、人々が内面的な世界に目を向けてきている。コンピュータ情報化時代が価値観の多様化に拍車をかけている。確かに過去四半世紀はコンピュータの進展の時代であった。
 福音主義神学は避けることのできないかたちで、モダニズムの理性中心主義の流れのなかでそれぞれの教派の神学を築いてきた。福音主義神学が普遍的な真理として提示されてきた。それが通用したときがあった。あなたのお父さんが神学校で学んだときはまだそれで充分であった。しかしそれだけでは対応しきれないときになってしまった。文化と価値観の多様化の時代になっている。人々が知的なことより霊的なことに関心を持ってきている。善し悪しの問題ではなくて、ポストモダンが市場になっている。カリキュラムの変更をもたらしている。そうしなければ経営もできなくなってきている。
 福音主義はポストモダンを敵のように見ている。自分たちが築いたものが崩されると思うからである。その論理は福音主義がモダン、すなわち近世を精神基盤としていることを意味している。あるクラスで、神の存在を弁証論で全面的に証明できると言った教授の話を思い出す。そのときには自分でもできるかも知れないと思った。最近恩師の大村晴雄先生の言われた言葉を思い出す。日本には近世(モダン)がないので、ポストモダンもないと。近世哲学史が専門の先生の言葉に唸らされた。
 モダンの行き詰まりに気づいて人々はその枠からはみ出してきている。その流れは止めることができない。社会のすべての面に現れてきている。教会にも影響してきている。同時にそのような人たちに福音を届けている牧師もいる。際だってすばらしい説教をしているわけでもない。誰もができような話をしている。それでいて多くの人の心の届いている。福音が生きている。聖書が生き返ってきている。
 福音主義神学は時代の産物である。聖書は神の作品である。福音主義が、避けることができないポストモダンの流れを敵としてではなくて、挑戦として受け止める時が来ている。そして、福音主義のなかにあるモダニズムによる理性中心主義のシフトを変えることができる。聖書に対する全人格的なアプローチをもたらすことができる。そのように聖書を捉える枠を広げることによって、聖書の豊かさをさらに余すことなく言い表し、伝えていくことができる。依怙地になって自分たちの神学が絶対に正しいのだと言って、凝り固まってしまう必要はない。柔軟に構えて世界を見回し、人々の心に耳を澄ませる時が来ている。

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中