「ファンタジー」 2006年1月30日(月)

神学モノローグ
 
 映画「ナルニア国物語・1章・ライオンと魔女」を妻と一緒に観てき た。疎開先のイギリスの片田舎の館の空き部屋にあった洋服だんすを通 して、不思議の国であるナルニア国に4人の子どもたちが引き込まれる 物語である。ルイスが半世紀前に書いたファンタジー物語の映画化であ る。物語りは今に至るまで読み継がれている。そして映画化された。
 
 ファンタジーは仮想の世界である。それでいながら現実を知らされ る。現実をファンタジーで描くことで、時代や文化を越えて、多くの人 の心を呼び覚ましていく。そこに悪があり、悪に惹かれる心があり、闘 いがあり、愛があり、犠牲があり、死があり、勝利がある。誰もが人生 で経験することをファンタジーで描くことで、共有感覚が広がってい く。ファンタジーで人生を再体験し、記憶のなかに隠れている意識と無 意識の境の人生絵巻を再編集する。
 
  子どもたちが洋服だんすを通してファンタジーの世界に入っていくと 言うことで、似たような筋立てをどこかで読んだ気がした。それで、村 上春樹の『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』を調べて みた。見つけることができた。同じように洋服だんすを通してワンダー ランドに入っているのである。そこにも悪があり、闘いがあり、愛があ り、死がある。しかしそこはまだ、意識と無意識の中間地点に過ぎな い。その先に心を失った「世界の終わり」がある。その先にと言って も、物理的にも、時間的にも連動しているわけでない。それでいてその 終わりの世界でコントロールされている。ワンダーランドはその終わり の世界を生き返られるための中間点でもある。
 
  著者自身も言っているのであるが、この本が出たときには言葉の遊び に過ぎないと言う酷評を受けたが、徐々にその意味は人の心をとらえて いる。英訳されている。ワンダーランドは東京の地下鉄のさらに下の闇 の世界の話である。しかしそこで展開されているファンタジーは英語圏 の人たちにも充分届いている。高い評価を得ている。
 
  ある友人が、私からファンタジーのことを聞くことになるとは思って いなかった、とメールをくれた。私も書くことになるとは思っていな かった。ファンタジーはアレゴリーでもたとえでもない。全く仮想の世 界である。しかし物語を持っている。そこには現実を凝縮したパノラマ が展開される。悪に支配されている氷の世界である。凍り付くような心 を失った「世界の終わり」である。鳥たちは終わりの世界を乗り越え る。ビーバーが天使のように子どもたちを助ける。ライオンはひとりの 子どもを悪の手から解放するために犠牲に捧げられる。
 
  聖書の世界をファンタジーで描くことができる。ファンタジーを通し て聖書の世界にはいることができる。イエスは神の国の奥義をたとえで 語っている。たとえでなければ語ることができなかった。雅歌は夫婦の 愛の歌を、キリストとクリスチャンの愛の歌のように語っている。聖書 には「比喩」(ガラテヤ4:24、ヘブル9:9)があり、 「型」(ヘブル9:24、11:19)がある。
 
  私たちはと言っていいのだと思うが、聖書から原則を引き出して命題 を打ち出し、そのことを分かりやすく説明するために例話を用いること を、説教の手法として教えられてきた。この場合の例話はメッセージの ための手段に過ぎない。聖書の世界に必ずしも導かない。説教者の伝達 方法で終わってしまう。ナルニア国物語は聖書の世界の再現であり、私 たちの心の投影でもある。聖書の世界と私たちの心とを結びつける仮想 の世界である。仮想の世界なので心は自由に結びつくことができる。た とえの世界も同じような作用がある。たとえを聞いた私たちの心が自由 に展開していく。想像をかき立ててくれる。.
 
 ナルニア国物語で、ライオンと魔女がふたりだけで話をする場面があ る。その意味合いは明確なのであるが、その場でどのような話がなされ たのかは記されていない。映画でも何のシーンもない。それで私のなか でどのような会話がなされたのか、想像が広がっている。ライオンは魔 女と取引をしたのだろうか。そのような場面は聖書から可能なのだろう か。ライオンは自分の使命をどのようにとらえていたのだろうか。等々。

  このような想像を含めたやり取りが私のなかで広がっている。聖書の なかでは明確に記されていることと、それ以上何も記されていないこと がおり混じっている。その場面にイメージを膨らませながら神に語りか けるような会話を始めている。その会話は自分の心との会話でもある。 ダイアローグであり、モノローグである。ファンタジーという世界が、 私のなかの何かを押し広げているのかも知れない。 上沼昌雄記
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中