「シンガポールの風」2006年2月14日(火)

ウイークリー瞑想

 シンガポールの日本人クリスチャンは、アングリカン・チャーチの建物を借りて午後3時から礼拝をしています。一昨日礼拝前に建物を眺めていたら「建立1911年」と言うプレートを見つけました。レンガ造りの歴史を感じさせる建物です。戦時中は日本軍の倉庫にも使われたと言うことです。常夏の国ですので礼拝堂の両側は窓ガラスもなく開けっ放しになっています。廊下になる部分があって礼拝堂はその柱の内側になっています。そこは30メートルほどの高さの丸天井になっていて、風が気持ちよく吹き抜けていきます。天上からもいくつもの扇風機が回っています。メッセージを語っていても心地よい風を感じます。

 一昨日はOMFのカンボジアの菅谷宣教師、イギリスの横山宣教師ご夫妻が礼拝に来てくださいました。先生方を囲んで20名ほどの方々とレストランの外庭で一緒に夕食をいただきました。夕闇が迫って気持ちのよい風が吹いていました。日本食をいただきながらカンボジアの話、イギリスの話を伺うことができました。私はアメリカから参加していました。シンガポールはアジアの臍のようであり、ヨーロッパには歴史的に深く結びついています。ニューヨークにもロスにも直行便で繋がっています。シンガポールには世界中の風が吹き込み、世界中に風を吹かせています。

 先週の水曜日の朝ボタニック・ガーデンに行きました。今回2回目でした。ゆっくり散歩をしながら、ところどころで思いついたところで木のベンチに座って時を過ごしました。陽がすでに昇っているのでゆっくり歩いても汗ばんできます。ベンチに座ると汗が体にちょうど馴染むほどの風が吹いてきます。故片岡さんがこのボタニック・ガーデンが好きでよき来ていたと聞いていました。牧会で疲れ、神の前に静まっている片岡さんの心が風に乗って伝わってきます。隠れた別のベンチで座っている片岡さんを想像していました。

 前回の「シンガポール物語」で、アメリカでも日本人が心を開いて、みことばがストレートに入っていくのですが、シンガポールではそれに生々しさが伝わってきますと書きました。すでに10日間ほど一緒に過ごしていますので現実の生々しさも伝わってきます。隠そうとしません。また礼拝堂の窓が開けっ放しになっているように隠すことができません。それでも新しい人が導かれています。どの集会でも新しい人とお会いしました。交わりが澱んでいません。新しい風が吹いています。

 昨日は教会の方々がセントーサというシンガポールの突端にある島に連れて行ってくれました。マーライオンというシンガポールの象徴であるライオンとマーメイド、すなわち人魚とが一つになった立像の中に入りました。その由来を知りました。中国語で「魚尾獅」と書くと教えてくれました。同時にその島は湾を守る歴史的な要塞にもなっていました。ですので太平洋戦争で日本軍の3年半の占領の記念館にもなっています。過去の暗い記録です。海からの風が絶えることなく吹いています。忘れてはならない記憶を呼び覚ましてくれます。

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中