「時代・中島みゆき」 2006年3月29日(水)

神学モノローグ

 

 前回中島みゆきのことに関心を持ったのが、神学校で学んでいるとき と書いた。年譜を確認して間違いであることが分かった。神学校で学ん でいるときではなくて、神学校で教えていたときであった。学んでいた ときにはまだデビューしていなかった。80年代の初めに「悪女」とい う曲で有名になり、それで耳にするようになったのだと思う。神学校で 「神論」や「人間論」や「現代神学」を教えていたときに、人間を知 り、時代を知る手がかりとしてクラスで紹介したように思う。

   彼女が自分で作り歌っている詩が多くの人の心に確実に届いている。 しかも40年間に渡って届いている。息長く届いている。彼女が登場し たのは70年代の半ばである。学園紛争の後遺症が残っていた。それか ら80年代の変化、90年代の漸進、2000年代の困惑、それぞれの 世代をどのように呼ぶのかはまさにその人の歴史観であるが、その動き と流れのなかで息長く、変わることなく届いている。時代の変化に彼女 が合わせているのか、時代を超えているのか、知りたいところである。

 シンガポールのもうひとりの兄弟が中島みゆきのことでメールをくれ た。「『時代』と言う歌があったことは先生も良くご存知のことと思い ます。1970年代、私がまだ高校生から丁度大学生に移行するそん な時期に発売された歌でした。『そんな時代もあったね、と・・・』で 始まる歌で、『まわるるまわるよ時代はまわる。喜び悲しみ繰り返 し・・・』『今日は倒れた旅人たちも生まれ変わって歩き出すよ。』と 言う歌詞に励まされた覚えがあります。」彼女のデビュー曲であった。

 この曲が出たときには留学中であった。しかし歌詞を見て驚かされ た。まだ20代半ばの女性が、伝道者の書にあるような世界を歌い上げ ている。「空の空、すべてが空。、、、一つの時代は去り、次の時代が 来る。」(1:2,4)だれもが知っている。しかし彼女はそれを歌い 上げることができた。そして多くの人はその時代にもてはやされて消え ていく。彼女はそれから40年間も人の心をとらえている。

  福音主義神学として、60年代に自由主義神学と格闘したこと、70 年代に大きな進展をみたこと、80年代で聖書の無誤性で直面したこ と、90年代に霊性神学の見直しが出てきたこと、2000年代、すな わち21世紀の始まりで困惑していること、自分のなかのこととしてそ れぞれの世代を生きてきた。40年はとてつもなく長い期間である。大 きな変化を経験させられている。神学のポイントも変わってきている。 自分の求めも変質してきている。

  それでも変わることなく求めているものがある。主により近く歩むこ とである。「私は一つのことを主に願った。私はそれを求めている。私 のいのちの日の限り、主の家に住むことを。主のうるわしさを仰ぎ見、 その宮で、思いにふける、そのために。」(詩篇27:4)シンガポー ルの兄弟が言っている。「『人の営みは、メリーゴーランドのようだ』 とある人は言いますが、思わされるのは、主に少しでも近づく「昇りの 螺旋階段」の歩みでありたいと願わされています。」  

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中