「共感、驚き、日本」 2006年5月24日(水)

ウイークリー瞑想
 5月5日に日本に入りました。3週間目を迎えています。新緑の日本の各地を巡りながら、多くの方との交わりをいただいています。移動で忙しくしているのと、交わりのなかで考えさせられることが多くて、立ち止まってまとめることができないでいます。しかし心に留まっている
地、人、言葉があります。交わりのなかで出会った笑顔、言葉、仕草が思い出されます。私のなかでうごめいています。何かを生み出そうとしてもがいています。
 訪ねた地:
 石神井公園、東久留米、池袋、立川、上山、山形、岩野、十文字、秋田、前橋、宇都宮、仙台、酒田、宇治、大阪、堺(予定)
 キーワード:
 JCFN、帰国者、若者の心、
 ナルニア国物語、ファンタジー、入り口、衣装ダンス、共鳴、氷付いた世界、氷付いた心、指輪物語、
      
 ネパール、自由、繋がり、故郷、大村晴雄先生、殉教者、
 歌、阿部次郎、ダニー・ボーイ、You Raise Me Up、中島みゆき、村上春樹、『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』
      
 花の日、父を語る、アバ父よ、心の目、大学紛争、マルクス主義、ルオーの「郊外のイエス」、高齢者教会、少子化、
 宇治カルメル会、沈黙、三位一体の神の賛歌、韓国人牧師、霊性セミナー、闇の奥、共感、感性、殉教者の神学、霊性神学、エペソ書
 次に何が出てくるのかを楽しみに旅を続けています。出会いであり、共感であり、驚きです。
上沼昌雄記
広告