「ネパールの羽根田医師たち:恵みと驚異」2006年8月29日(火)

ウイークリー瞑想

 

ネパールのヒマラヤ山脈の麓のベシサハールという村にあるキリスト教の病院で医療奉仕をしている羽根田医師ご夫妻のところに、次女の泉がボランティアとして参加しています。実際にはワシントンを出て10日目でようやく到着したような次第です。ネパールの首都カトマンズに到着した日に、病院の存在を嫌うあるグループの人たちによって騒動が起こり、羽根田医師たちもカトマンズに一時避難することになりました。病院の代表の方の決死的な交渉で、逆に村の人たちが病院を暴徒から守ると約束してくれてました。それで泉も羽根田医師たちと一緒に昨日病院に入りました。

 

そんなこともあってカトマンズからベシサハールまでの道のりや、ネパールの社会情勢が気になって、ネパールについての旅行者用の本を買ってきて調べたりしました。8千メートル級のアンナプルナ山を中心としたトレッキングの案内もしっかりとあって読み応えのある本でした。それで、ネパールという国のイメージを勝手に描くことができました。

 

と同時に、羽根田医師ご夫妻がネパールに惹かれるように3年ほど前に出かけていったときのことを思い起こしています。山形の北の村山市というところでご夫婦で開業をしていました。居間で始まった聖書研究が教会として成長して、病院の隣に会堂が建ち並んでいます。地元の人たちにも慕われています。薬のセールスマンにも伝道して信仰に導いています。静かな街ですが、病院の待合室は人があふれ、教会の礼拝も家族連れでいっぱいです。病院の駐車場は日曜日には教会の駐車場となります。

 

ご夫妻が医学生であったときにKGKの主事として関わったこともあって、ミニストリーとしても10年ほど前から交わりをいただいています。それぞれの子どもたちの年齢も近いこともあって家族としての交わりもいただいています。医院での忙しい生活があっても神との交わりの時をより大切にしています。子どもさんたちがまだ家にいたときにはよく一緒に家庭礼拝に参加しました。

 

羽根田医師ご夫妻が神からの新しいチャレンジを感じていることを話してくれました。奥様のご両親も信仰を持たれたこと、子どもさんたちも医学の学びに付いていること、教会もしっかりと成長していること、そもそもご自分たちがクリスチャンの医師として召されている使命を再確認させられていることを語ってくれました。そのままの状態で留まっていることは許されない神の導きを感じていました。

 

医院のスタッフの人たちには極秘で、ある週末を使ってネパールの病院の視察に行かれました。寝ずの旅の連続で月曜日の朝に医院に戻ってきました。そのまま診察について、しかもその日は特に患者さんの多い日であったことを話してくれました。それを嬉しそうに話しているのを聞いて、本気であることが分かりました。医院も別のクリスチャンの医師が引き継いでくれることになりました。

 

ネパールに向かわれる前に北カルフォルニアに来てくださって、タホ湖の湖畔で私たち夫婦としばらく静かな時を持ちました。イエスが弟子たちに種蒔きのたとえの話をされた後に「さあ、向こう岸へ渡ろう。」と言われ、そこで弟子たちが嵐に遭遇する箇所を一緒に思い巡らしました。おふたりにとって「向こう岸」はネパールであると率直に語ってくれました。それを伺って、ネパールでたとい嵐に遭うことがあってもこの方たちは大丈夫だと思いました。実際に騒動が持ち上がって一時避難することになっても落ち着いている羽根田医師たちの様子を見て、泉もどんなことが起こっても一緒に病院に行くことを再確認したようです。

 

「向こう岸」は私にとっては太平洋を越えることでもありました。ということが分かっていた上でアメリカに来たわけではありませんでした。後で納得できたのです。ただ神は変動を起こす神であることが分かります。留まっていることを許されない神です。変動を起こすことで新しい風を吹き込んでくるのです。それで、思いがけない恵みに遭遇するのです。嵐にも遭遇するのです。変動に関わるすべての人にとって、それは恐怖であり、驚異でもあります。神はそれをあえて行われるのです。

 

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中