「神のクロニクルを生きる」2006年9月27日(水)

ウイークリー瞑想

   先週末にサクラメント郊外のみくにレストランで、ミニストリーの15周年感謝記念会のバンクイットを持ちました。15年という短い歴史ですが、不思議に神のクロニクルである歴代誌を思い起こすことになりました。神のクロニクルからみたらミニストリーの15周年はほんの一瞬の瞬きに過ぎません。それでもミニストリーとそこで関わっている人にとって、このひとひらの雪片のようなクロニクルも神のクロニクルの一部、あるいはその続きとも言えるのだろうと思わされました。

「アダム」(1:1)から始まる歴代誌は神の歴史です。その延長でことが起こっているのです。「わが神よ。あなたは、このしもべの耳にはっきり、しもべのために家を建てようと言われました。それゆえ、このしもべは、御前に祈りえたのです」(17:25)というダビデのことばに惹かれました。ミニストリーを始めよという神からの導きを確信しました。それでまさに「祈りえたのです。」待つことができたのです。期待することができたのです。信じることができたのです。感謝することができたのです。

フォレストヒルというこの先は何処に通じていないという山のなかの小さな街に、17年前家族で東京から移り住みました。まさに世界の端に追いやられました。そこで出会った教会の人たちがミニストリーを受け止めてくれました。それからサクラメント郊外でレストランを始めていた荒井牧師とその家族に会いました。アメリカの教会が宣教活動として受け止めてくれました。サンフランシスコ郊外に関わりができました。そして太平洋を逆に渡り、日本に広がり、シンガポールにまで伝わっていきました。

カリフォルニアのそれぞれのところで関わった人たちが来てくださいました。妻のルイーズも参加できました。義樹は予定通りの参加でしたが、シカゴから瞳が大きなお腹を抱えながらサプライズで来てくれました。30数名の集いになりました。おいしいお寿司を一杯いただきました。スライドショウもありました。何名かの方のスピーチをいただきました。子供たちふたりとも思いを語ってくれました。和やかな時をいただきました。

参加してくださった方々のことを思い観ていたときに、それぞれに大変なクロニクルがあることを知らされました。この春に癌で奥様を亡くされた牧師、昨年脳腫瘍で大手術をされた青年とその奥様、この春に交通事故にあってそのままなくなってしまうのではないかと思った90歳になるご婦人、仕事を失った方、この2年のうちに結婚をされた若いカップル、そのような方々と関わりながらミニストリーが展開されているのです。ミニストリーだけのクロニクルではないのです。ミニストリーはそのような人たちのクロニクルと交差しながら前進しているのです。交差しながら神との接点を確認しているのです。

歴代誌をもう一度じっくり読んでみて、とても人間味のある書物であることが分かりました。歴代誌ですから出来事がただそのまま記述されているように思うのですが、そういう面を持ちながら、イスラエルのためのための神の特別の計らいを自分たちに納得できるように書いているのです。結局自分たちに都合のように書いているのです。それでいいのです。

この15周年記念会を持つことにためらいもありました。しかし持ったことで、ミニストリーのクロニクルも神のクロニクルに何らかのかたちで繋がっていることを確認しました。そのためにいままでの歩みを整理することができました。記憶をそれぞれの棚に納めることができました。そしてさらに参加してくださった方々、ミニストリーにいままで関わってくださった方々も同じように自分たちのクロニクルを整理することに役立つならば、ミニストリーの存在意義があるのだろうと思わされています。

 

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中