「秋田から届いた霊の歌」2006年12月29日(金)

ウイークリー瞑想

 9月に『夫婦で奏でる霊の歌ー雅歌に見る男女の対話』を出すことができました。10月と11月とシンガポールと日本で奉仕が許されました。いくつかのセミナーでこのテーマをさらに取り上げることになりました。10月の終わりに保守バプテスト秋田伝道隊のセミナーを許されました。初めての人、何度目かの人と雅歌のたとえを紐解きながら、互いの存在を花と木でたとえることをしました。

 その報告が伝道隊の隊報『若杉』に載っていました。秋田大医学部耳鼻科教授の石川和夫さんが自分たち夫婦のことを書いています。妻と読みながらふたりとも笑いがこみ上げてきました。率直で、ユーモアにあふれ、機知にあふれ、霊的勇気が満ちています。

 「霊の歌」についての本を書いても、それでは自分たちはどんな霊の歌があるのかと妻から問われるのが現実です。不協和音も霊の歌だと言い聞かせています。そんななか秋田から霊の歌が届いてきました。この年の終わりを石川さんご夫妻の霊の歌を聴きつつ迎えています。

  隊報の編集長と石川さんに許可をいただき以下に掲載いたします。

 よいお年をお迎えください。感謝とともに。上沼昌雄

 

********

「伝道隊セミナーに参加して」秋田聖書バプテスト教会 石川和夫

 

 今回の学びは、先回の学びを少し発展させて、雅歌の学びに基づいて夫婦について更に考えることにあった。

 私どもは、結婚して来年で30年を迎える。独身で過ごした時間よりも結婚生活の方が少し長くなった。 パソコンに入っている結婚式当時の写真をみると、昔から今のような顔だったと思っているのが錯覚であることに気付く。最近30年振りに会った友人の顔をみて唖然とした。 頭の髪の毛は黒い森からごま塩の林に変化し、顔面の皺が幾重にも重なって見える。多分友人も自分をみて同じように感じているに違いない。 それほどの長時間私達は二人で生活してきたのだなと思う。 この間、色々なことがあった。時々、激しい口論もしながら、自分たちに課せられた社会的ノルマと教会に仕えてきたと思う。 そして、今や妻のいない家庭なんて考えることもできないくらいだ。 妻の家に住まわせてもらっているような感覚ですらある。それほど、依存もしている。 30年近くなって、お互いを理解できているのかというと、さっぱりである。 理解力が不足しているのか、時々、話し合っても、妻が何を考えているのか、解らなくなる。 何回か努力もしたが、いまだに解らずじまいだ。 妻の方も、どうもわかってもらおうとすること自体無理であることを随分前から悟っているようである。

 「妻を花にたとえると何でしょう。」という質問がなされた。 これは、私にとっては難問だ。 なぜなら、知っている花の名前の数が、可成り限られているからである。 だから、最初のセミナーでは、「朝顔」などといったが、今度はいや違う「薔薇かな」などと言ったりもする。 一つの花でたとえることが、僕にはできないのだ。 名前は知らないが、色々な花に見えてもくる。 そしてその総てが、私の妻である。 それに対して、あなたの夫を木でたとえると何でしょうという質問がなされると、妻は、嬉々として、即座に「私の夫は、榊です。」と。その心はというと「飾っておくだけで、何の役にも立たない。」からだと。 何時も、ストレートに話す妻である。滅多に褒め言葉を口にしない。 日常生活の中で、夫への不満を口にする言葉を思い返すと、説明を聞いて、矢張りそうかと変に納得する。しかし、そればかりではないだろう、もっと、他の木のイメージも持てるであろうと思い込むのは、儚い抵抗か。

 生まれも育ちも年も性も違う二人が、ある時に出会って、それぞれ個別に神に聞き、結婚を決意し、神と人との前で誓約してスタートした結婚生活である。お互いの違いと、完璧に理解し合えるのは無理であることを認めながら、御国に導かれるまで、言いたい放題、二人の心を何時もオープンにしながらの歩みがこれからも続けられると思う。お互いを認めるのは、神に自分が認められているという事実と重なってくる。

******

「受肉の神学のために」2006年12月21日(木)

神学モノローグ

 

 ギリシャ正教会についての雑誌『クリスティアニティー・ツディ』の記事に関して、前回初代教会の持っていた受肉の理解について言及した。厳密には初代教会でもラテン教父ではなくて、ギリシャ教父の理解によっている。ギリシャ哲学や、グノーシス主義の霊肉二元論による霊の世界の偏重と肉の世界の軽視に対して、神の御子の受肉は当時の世界観の転回を要求するものであった。ギリシャ教父たちは見事に戦い抜いた。

ニケア会議は、アリウスに対しするアタナシウスの熾烈な戦いであった。アリウスは受肉を否定した。キリストは天使であった。アタナシウスは何度も形勢が不利なり、罷免されるということを通されながら、最後に奇跡的と言っていいほどにニケア信条をまとめ上げた。御子は神と本質をひとつにして(ホモウーシオス)、神からの神であり、私たちのために、私たちの救いのために肉を取り、人となられた。聖書の世界をそのまま語ることに腐心している。

ニケア信条に関してのラテン教父たちの反応は、聖霊に関してのフィリオクエ論争で現されている。その意味はすでにラテン教父たちが理性と論理の世界で神学をまとめようとしていることを伺わせている。中世のローマカトリックの神学にそのまま受け継がれている。様々の見解や、異端とのなかでの論理的な武装を強いられてきたという意味では納得できる。しかし変容ももたらすことになった。11世紀のアンセルムスの受肉論『なぜ神は人となられたか』はアタナシウスの受肉論『神のことばの受肉』とは趣をことにし、受肉に関する論理的な証左を試みているだけである。

クリスマスが、御子の誕生のお祝いで終わってしまっている。受肉が救済論から離れてしまった。大変な離反である。そのままプロテスタントにも受け継がれている。西欧の神学は二元論を否定してはいるが、二元的なメンタリティーを保持している。キリスト教が精神性の宗教になってしまった。頭で理解をして意志で従っていくという精神性である。従い得ない肉の世界を置き去りにしてきた。肉の持つどうにもならない闇の部分を取り入れることができない。理論的な信仰の美しい世界を描き、それに従うように語ることができても、従い得ない肉の世界をどうしたらよいのか手がつけられないままである。ただ精神的な、倫理的なキリスト教になってしまった。

受肉の神学は、身体性のキリスト教である。天上の神学ではなく、地上の神学であり、地下の神学である。だれもが肉を持って生きていること、肉の持つ弱さに絶えず直面していること、肉のなかに深く潜んでいる闇の世界で苦しめられていること、身体は時間のなかで不可逆的に絶えず前に進んでいること、その時間のなかでのことを身体のどこかに記憶として積み重ねていること、その人だけの人生であり、その人だけのストーリーであること、肉を持つ自分の場があり、身体を代表するかのような顔を持っていること、を真剣に取り上げていく神学である。

精神性のキリスト教は、聖書の世界を理性的に築き上げて、そこでの教えと命題を勧めとして、説教として提示していく。提示する人も聞く人も自分の足りなさを叱責して絶えず上に登ることを勧める。時にどうにもならなくらって落ち込んでします。しかし西欧の神学がどのように美しい神学を築いても、戦争は繰り返され、ホロコストという人間の悪の極みが背後から襲ってくる。西欧の闇、陰の世界がそのまま思いがけず出てくる。それはキリストを知らないからだと無責任に切り捨てていく。同じようなことはどこでも起こっている。神学校で聖書をしっかりと教えていてもとんでもない問題を抱えてしまう。ただ不幸なことだと言い聞かせている。

身体性のキリスト教は、どうにもならない自分をしっかりと受け止め、肉の弱さを直視し、自分の影の部分、闇の部分を認め、そのために御子が肉を取られたことを確認する神学である。私の肉であり、私の人生であり、私の記憶であり、私のストーリーであることをしっかりと受け止めていく神学である。御子が肉を取られたことが私の救いのためであることを知る神学である。クリスマスは、御子の誕生のお祝いだけでなく、肉を持つ自分の弱さを静かに振り返るときである。

精神性のキリスト教は、聖書からキリスト者のあるべき姿を提示する。聖書の美しい世界を築いてくれる。到達し得ない自分は置き去りにされてしまう。聖書と私たちの間に微妙な距離を設けてしまう。受肉の神学は、パウロの弱さ、ダビデの罪、ヨブの苦しみ、エレミヤの嘆き、アダムの涙に私たちを結びつけてくれる。聖書の美しくない世界を見ることを許してくれる。人間の醜い部分を見ることに勇気を与えてくれる。そのために幼子が馬小屋で産まれたことに想いを向けさせてくれる。裂かれた肉の痛みを痛みとする。裂かれなければならない自分の肉を知っている。キリストとの一体性が開かれてくる。

 

上沼昌雄記

「ギリシャ正教会とキリストの受肉」2006年12月8日(金)

神学モノローグ

     雑誌『クリスチャニティー・ツディ』の12月号は、クリスマスにちなんで、最近アメリカで映画になったキリストの「降誕物語」のことと、その脚本を書いた人のこと特集している。それとは別に「21世紀はギリシャ正教会の時代か?」という記事が載っている。記事を書いた人はギリシャ正教会のなかで育ち、高校時代に福音派の友人を通してキリストとの出会いを経験している。いまその両面に働きかけながらギリシャ正教会が福音の力で活性化することを、福音派がギリシャ正教会の宝を生かして豊かになることを願っている。

著者の視点は記事を読んでいただくと分かる。ここでは自分なりに思わされていることをまとめてみる。というのは結構長い間、ギリシャ正教会が拠って立っている初代教会の神学といえる、ニケア信条、その後のカパドキアの三教父の神学を自分なりに学んできたからである。拙書『夫婦で奏でる霊の歌雅歌に見る男女の対話』で引用しているニュッサのグレゴリオスはそのひとりである。三つの視点でまとめてみる。

 

第一は、福音派は自分たちの神学的な枠がそのまま聖書の枠と思っているが、その間に初代教会があり、中世カトリックがある。プロテスタントはカトリックのプロテストとして生まれいるが、初代教会の遺産を通り過ごしている。初代教会は長い迫害の後に、また異端との戦いのなかで神学をまとめてきた。その神学とプロテスタント福音派の神学の違いに自分たちが気づいてきている。多くのプロテスタントの神学者たちが30年ほど前から初代教会の遺産に注目してきている。

具体的な例は、プロテスタント福音派の神学の枠では雅歌を取り扱う手がかりがない。実際にほとんど取り上げていない。初代教会では雅歌を大切なものとしてきた。ニュッサのグレゴリオスの『雅歌講話』に見ることができる。その必要をカトリックの人たちも分かってその人たちの努力で邦訳されている。そんなことで、初代教会が受け継いだ遺産の方が聖書により近いのではないかという問い直しがでている。福音派もその問いかけに耳を傾けてきている。

 

第二は、さらに具体的な神学のアプローチとして、ニケア信条と福音派の信条に現されている、受肉の理解の違いである。さらにそれに関わる救済論、キリスト論、三位一体論の違いである。ニケア信条では、キリストの受肉は私たちのため、私たちの罪のためと明記されている。十字架と復活はそれに続いている。ニケア信条の中心人物であるアタナシウスの『神のことばの受肉』にもその意味がまとめられている。福音派の信条では、受肉は処女降誕の証としてまとめられているだけである。救いの理解は十字架から入る。いわゆる十字架の神学である。受肉は救済論から落とされている。

この違いは、救済の意味づけ、キリストの位置づけ、三位一体論の捉え方と、神学全体の枠の違いをもたらす。初代教会では救いの目標はキリストとの一体におかれている。福音派では義認論が中心に回っている。初代教会では、キリストとの一体感がなければ、キリストとおなじ道を通されるという迫害に耐えることはできなかったという現実が基盤になっている。義認論の後にはキリスト者がどのように生きるのかという課題がでてくる。聖化と栄化というテーマで論じられている。そしてさらに、生きた三位一体論と思弁的な三位一体論の違いである。

 

第三は、初代教会は信仰の影の面を真剣に取り上げている。闇の世界、魂の暗夜のことである。福音派は福音の積極面を見ているので、人間の陰の面を取り上げることは不信仰という感じがある。福音の積極面の強調で福音派の進展をみた。同時に取り残されてきたことが、福音派がそれなりに安定してきたことで課題になってきている。個々の取り上げはあるが、神学として魂の暗夜のことをどのように取りかかってよいのか手がかりがない。初代教会の神学は不思議な影を持って投げかけてくる。

初代教会で受肉が前面に取り上げられていることで、同時に肉を持つ人間の弱さ、肉がうちに持っている悪の世界を正面から取り扱うことができる。プロテスタントは二元論を否定はしているが、二元的な視点を保持している。すなわち霊肉二元論な視点であって、肉の面を否定的なものとしてはじめから落としている。霊の面、信仰の世界だけのこととして聖書を理解している。そのために肉が負っている闇の世界を神学として取り扱うことができない。ニュッサのグレゴリオスは雅歌の麗しい交わりのために、暗夜の試みを通らないと入ることができないと見ている。光の世界にはいるために、闇の世界をしっかりと見据えている。

 

福音派からギリシャ正教会に改宗するとかいう問題ではない。福音派がいただいているものを大切して、同時に見落としてきたものを素直に認め、初代教会が持っているものを取り入れながら、自分たちが豊かになればよい。といってもそのための手がかりも限られている。ともかくニケア信条をもう一度確認することから始めたい。ニュッサのグレゴリオスの『雅歌講話』に取りかかるのもよい。初代教会の神学としてA. ラウス著『キリスト教神秘思想の源流』(教文館)はよい手引きである。ギリシャ正教会の神学としてはアラジミール・ロースキイの『キリスト教東方の神秘思想』(徑草書房)がある。

それにしてもアメリカの福音派も自分たちの変容を強いられていることが分かる。それなりに敏感である。日本の場合には一度確立した福音派をそのまま守る、保守的な、保身的な体質が染み込んでしまっている。世界を観るときである。歴史をしっかりととらえるときである。変容を受け入れるときである。

 

上沼昌雄記