「日本のクリスチャン人口が30%になったら」2007年1月4日(木)

ウイークリー瞑想

    巷で、仕事関係で、会合で出会う人の3人にひとりか、4人にひとりがクリスチャンです。社会全体が教会やクリスチャンを意識しています。国家にとって侮れない存在です。クリスチャンをマーケットにした市場は活気で満ちています。教会を街角の至る所で見ます。厳かな会堂、大きなホールのような会堂、広い駐車場をもち、学校も併設しています。様々の教派の会堂が建ち並んでいます。カトリックも、正教会も、聖公会も、基督教団も、ペンテコステも、バプテストも、長老派も、ブラザレンも共存しながら助け合っています。

クリスチャンはそれぞれの教派の伝統を大切にしています。それでも教派を越えた交流が社会の一面として重きをもっています。アメリカのような教派と移民を中心とした民族のアイデンティティーが結びついているわけでないので、教派間の交流は地域間の交流に置き換えられています。教派間の結婚も日常のことです。教会は地域に、家庭にとっての要です。教派間の対抗意識は許されないないのです。教会の社会性はいつも求められています。

クリスチャンをマーケットにした市場は経済の活性化に繋がっています。ゴスプル・ライターや、ゴスプル・シンガーは若者たちの心を捕らえています。ジーザス、ジーザスと叫びながら街角を踊っている若者を見ます。クリスチャンの非営利団体が多くの老人施設をもち、養護施設をもち、病院を経営しています。実業家は企業を興し、利潤をあげ、その多くを海外宣教に捧げています。トヨタやソニーに代わって日本からの宣教師の活動世界の注目を浴びています。

世界が、特にアジアの諸国が、日本が過去の戦争を、過去の侵略を、その責任を、慰安婦の問題を、賠償の問題を、誠心誠意取り上げ、謝罪したことを高く評価してます。国会議員の三分の一を占めるクリスチャンの血の滲むような努力でようやく過去をしっかり見つめ、清算することができたのです。アジア諸国における過去の傷を癒し、和解を生み出したのです。いまは戦争犠牲者の記念碑だけが建てられています。

日本のそのような姿勢を世界が歓迎しています。それだけ世界のなかでの責任が大きくなっています。世界の各地の紛争、国同士の戦争、人種間の争いに積極的に和解の道を見つけだそうと日本政府は努めています。日本は過去の経験を踏まえて平和を説くことができるのです。積極的に平和の特使を送っています。キリストの犠牲の意味が浸透しているのが分かります。日本は世界のために存在しているのです。世界に貢献しています。

日本を覆っていた闇から解放されています。新しい風が吹いています。靖国の森に吸い込まれるようなおぞましい感覚から解き放たれています。森の奥にも、林の影にも、夜の暗闇にも恐れを感じなくなりました。日本の自然が、日本人の心が大きく開かれています。人の意見に耳を傾け、世界の人の痛みを痛みとすることができます。経済の潤いを世界に還元しています。教会はいつも新しい感覚で人をリードしています。教会の動きを社会は注目しています。停滞は許されないのです。

それでも教会は問題を抱えています。クリスチャンはどのように進んでいったらよいのか迷っています。そんなことも避けられないこととして社会に取り上がられます。マスコミの話題にあり、社会のテーマになり、神学の問題になり、哲学の課題になるのです。日本人のメンタリティーが聖書の世界とどのような関わるのか真剣に取り上げられています。聖書をテーマにした日本の作家の小説がベストセラーになっています。

日本の霊的な解放のために闘った殉教者の墓があります。最上川の上流の山形のある小さな村の「シオンの丘」にそのような殉教者の墓があります。日本の戦争責任を説き、天皇の戦争責任を説いて政府から目の敵にされ、右翼によって殺されたいち信徒の墓です。その死は大きな波紋を起こし、同調者を起こし、日本全土に広がっていきました。同じようになんにもの人がそのためにいのちを失うことになりました。そのような死は、しかし、国民を動かし、政府を動かすことになりました。キリスト教の精神を人々が知ることになりました。その人たちの殉教の墓があちこちにあります。殉教者を覚えることが教会の習慣になっています。

 

上沼昌雄記

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中