「うめきの二重奏・三重奏」2007年3月19日(月)

ウイークリー瞑想

 2月26日付のこの覧で「うめき」について書きました。ひとりのご婦人から次のようなメールをいただきました。「『うめき』では言葉にならない理解をしています。うめきというか・・愚痴に近いことは、人間の性でしょうか。言葉に表してはいけないと思う時、うめきの上にうめきが重なり、二重奏・三重奏をかなで、重い々時が流れます。」この方のうめきの二重奏・三重奏が聞こえてくるようです。

 何をうめいておられるのかは知るよしもありません。ただ、「うめきの上にうめきが重なり、二重奏・三重奏をかなで」と書いてくださったことで、この方が心のなかのうめきをしっかりと聞き届けていることが分かります。うめきが幾重にも積み重なっていく、そんなご自分の心の様子を見ているのです。そんな心の風景が見えているので、うめきの「二重奏・三重奏」という表現ができたのです。それで、心は重いのですが、同時にそれで振り回されないで、うめきの向こうにも目を向けているのです。

 以前の「56歳の青春」という記事に対しても、「私は77歳の青春を謳歌している。でも内容は薄っぺらで、タイトルだけは負けないぞと失笑です。」と、ご自分をしっかりと受け止めている表現をされています。どうにもならない自分を少し距離を持ってみているのです。何ともユーモアのある言い方が出てくるのは、まさに内なる人が日々新たにされているからだと分かります。

 「うめきの二重奏・三重奏」という言い方が私のなかでなんども響いてきました。歳をとったらうめきがなくなるのでもなく、信仰の深さとともにうめきがなくなるのではないのです。逆に年とともに、信仰の歩みとともに、うめきが深くなるのです。ただ年とともに、信仰の歩みとともに、うめきをしっかり聞き届けることができるのです。まさに「うめきの上にうめきが重なり、二重奏・三重奏をかなで」ているのです。うめきがなくなるのではなく、うめきが深くなるのです。ただ感謝なのは、そのうめきを聞き届けることができるのです。その二重奏・三重奏を聴きことができるのです。重い重いときが流れるのですが、その響きが何かをもたらすと期待できるのです。

 そんなこと思いながら、ロマ書8章のパウロのうめきの物語を振り返ってみました。パウロもうめきの二重奏・三重奏を聴いていました。パウロの心の深くから湧き出てうめきにうめきが重なって奏でているのです。しかしそんなパウロが自分の心のうめきを聞きながら、自分の心の外で同じようにうめいているうめきに耳を傾けているのです。前回「パウロは、『被造物のうめき』と『御霊のうめき』にサンドイッチのように挟まれて自分の『心のうめき』を聞いています(ロマ書8:22−26)」と、書きました。自分のうめきの心が、ただ不思議なことなのですが外に向いているのです。心の内側のことが外側に通じているのです。どうしてそのようなことが起こるのか、ただ不思議なことです。

うめきは心の深いところから湧き出て、うめきにうめきが重なって、二重奏・三重奏となるのです。いまその二重奏・三重奏を静かに聴いていると、二重奏・三重奏の向こうに「被造物のうめき」と「御霊のうめき」が四重奏・五重奏のように聞こえてくるようです。四重奏・五重奏のようなうめきが、二重奏・三重奏のうめきを覆っているようです。覆いながら共鳴しているようです。自分の心のうめきを聞きながら、この共鳴を聞くことになるのです。心の反転です。自分の心に向いていた耳が、心の外に向いていくのです。心の深いうめきの響きと、遠いところから響いてくる御霊のうめきが共鳴するのです。

うめきは、激しければ激しいほど心を打ち破ります。心の窓を開けます。うめきを聞くのは、その開かれた窓を通して響いてくるからです。自分のうめきでありながら、心の深いところに留められていたものが、窓が開けられたことで自分で聞くことができるのです。そして、開けられた窓から届いてくる自分の心のうめきを聞きながら、その窓から今度はさらに自分の外で響いているうめきに耳が向いていくのです。「被造物のうめき」を聞き、「御霊のうめき」を聞くのです。そんなロマ書8章のパウロの心の不思議なメカニズムを思い描いています。自分のなかのことでもあってほしいと願いながら、思い描いています。

 

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中