「雅歌、再び」2007年4月17日(火)

ウイークリー瞑想 

前回の「雅歌の匂い」に対して、いま雅歌を恋人に会うように気持ちでワクワクしながら読んでいますというメールをひとりのご婦人からいただきました。主との親しい交わりを雅歌のなかで感じ取っているのです。慕っていた方にようやく出会うことができたような感動が伝わってきます。

山形での水曜日の午前の集会に参加しました。自己紹介のつもりで自分を花でたとえることをしました。喜んでくださったこともあって、たとえで自分を見つめる作業を続けることになりました。そしてその集会の指導している牧師ご夫妻に花と木でお互いをたとえる作業をしていただくことになりました。2年前にもしました。いまお互いをどのようにたとえるのか興味がありました。

ご主人は確信を持って奥様を「真っ赤なバラ」と言われました。言った本人も、言われた奥様もうれしそうでした。2年前はスイートピーであったがいまは「真っ赤なバラ」だ念を押していました。奥様はご主人を「無花果の木」と遠慮がちに言われました。ご主人は驚かれました。2年前は「松の木」で枝が折り曲がっていることで趣があるということでうれしかったが、「無花果の木」で核心をつかれた気がすると言うことでした。多少のショックを受けていました。

その夜の上山の教会の祈祷会での奉仕の前に、そこの牧師としばらく話し合う機会がありました。そしてこの新年の礼拝から3月半ばまで雅歌の講解説教をしてきたというのです。文字を追うだけでは捉えられない感情が雅歌にあって、それは自分の夫婦としての感動を抜きにしては伝えられないと言われました。とてもうれしそうでした。奥様も喜ばれていたでしょうと伺ったら、照れていました。

いままでの私たちが受けてきた厳密な解釈を施すという方法では、どうしても文字を追うだけになってしまいます。その論理性が大切になってしまうからです。雅歌の感性を捉えられません。神学校で教えられたことが絶対であると思っていたが、聖書の豊かさはその枠を越えていることに気づかれたと言われます。雅歌が無視されてきたことの歴史的な背景を確認された言うことです。

雅歌の理解についてしばし語り合うことになりました。夫婦としての感動を抜きにしては語ることができません。それは喜びの感動だけではないのです。3章と5章で出てくる夫婦が直面する闇の「夜」の体験も避けることができません。雅歌の持つ匂いの身体性のゆえに避けられない感覚的な暗夜です。それはまた花婿であるキリストとひとつになるために避けられない霊的な暗夜です。

週末に先のご夫婦のお宅に戻ってきました。無花果の木でショックを受けたご主人が「無花果の木の物語」という記事を書いていました。読ませてくれました。無花果にまつわる少年の時の記憶です。牧師家族として育ったなかでの食べ物としての無花果と木としての無花果の物語です。

奥様に「無花果」と言われてその過去の思い出が一気によみがえってきたのです。どちらかというとつらい思い出です。蓋をしていた思い出です。心の奥深くに留めて置いた記憶です。その記憶の奥に奥様がすっと入ってきたことに驚いているのです。それがショックだったのです。そんな驚異を語っています。全文を紹介したいほどです。

雅歌は生きています。雅歌が夫婦の間に大変な響きを起こしています。近づき、行き違い、さらに近づく摩擦です。夫婦の奏でる和音と不協和音です。夫婦が醸し出す麗しい香りであり、いやな匂いです。再び雅歌を取り上げることになりました。

 

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中