「記憶はあしたの風のように」2007年5月21日(月)

ウイークリー瞑想

日本での奉仕の最後4月31日(月)に、友人である片岡伸光さんの5周年の記念会が早稲田奉仕園でありました。片岡さんが召される前から出されていたご自分のニュースレターのタイトル「あしたの風」が、まさに「あした」のこととなって召天後、有志の方々と奥様の栄子さんが「あしたの風の会」として交わりを積み重ねてきています。そのあしたの風の会の人たちが中心になって記念会を計画してくださいました。

初めに片岡さんの日記を中心に3名の方が想い出を語ってくれました。片岡さんの好きだった童話の朗読もありました。片岡さんはからだの割に小さい字を書くのですが、中味はしっかりとしています。日記の朗読を聞きながら、その時に片岡さんがどのような状況で何を感じ、何を思っていたのかがよく分かります。

昼食をいただきながら参加者30名ほどがみな片岡さんとの関わりを語られました。ひとりひとりのうちに片岡さんの記憶がしっかりとパステルカラーのように塗られていることが分かります。その人の個性と片岡さんの記憶が調和しているのです。

午後に1時間半ほど参加者と一緒に静まり、瞑想を導いてくださいということで、片岡さんがまさにあしたの風として私たちの求めていることを分かち合いました。現実には私に片岡さんが求めていると思うことを思い巡らしました。片岡さんは私よりすこすし若いのですが、大切と思うことは遠慮なしに取りかかって行きます。35年前にKGKの主事を一緒にしながらうらやましく思いました。いま片岡さんが「上沼さん、遠慮なくやってください」と言っているように思えて、片岡さんに押し出されるように静まりの時を持たせていただきました。

そして3週間が経ちました。この記念会のことをどのように整理したらよいのか、どのような意味があるのか、心が定まらないままにいました。日記のことで栄子さんが言われたことが思い出しました。この5年間ご主人のものに手をつけられないでいたと言うことです。ようやく日記を振り返って読むことができたと言うことです。

私は片岡さんの発病、闘病、召天、葬儀に一度も関わることができませんでした。それで片岡さんの想い出は私のなかでいまだに収まりきれないでいます。どのように整理をしたらよいのか分からないのです。ただ記念会で片岡さんの記憶が多くの人の心にしっかりと場を得ていることが分かりました。単なる想い出としてではないのです。その人の人生にある色を確実の添えているのです。その人の持っている色に片岡さんの色が調和して見事な中間色を作り出しているのです。片岡さんの記憶がその人のものになって生きているのです。私のなかでは元気のままの片岡さんがいまでも生きています。それでいいのだと分かりました。

記憶は神の生ける御霊によって心の板に書き記されたものです(2コリント3:3参照)。少なくとも私たちにとってはそうです。その意味で記憶は神の所有物です。確かに記憶は自分のものです。しかし神のものでもあるのです。神は記憶を用いて私たちに働きかけます。悲しい思い出も、うれしき思い出も、忘れたいことも、忘れたと思うことも神は所有しています。それを用いて私たちに働きかけます。

記憶はまた、神を思い起こさせる手立てです。神の永遠のいのちを思い起こさせる手立てです。神の深い取り扱いを思い起こさせる手立てです。記憶はすでにその人から離れて、独り立ちをして神の風呂敷に包まれいきます。そのなかで温められ、整理され、純化されます。そして風に乗ってどこからか風船のように、必要に応じて送られてきます。イスラエルの民は苦難のなかで出エジプトを思い出すことができました。その記憶がどこからとも届けられました。そして苦難が賛美と変わりました。片岡さんの死の谷の記憶も、緑の牧場の記憶も、神の住処を思い起こさせてくれます。神の宮のうるわしさを思いだしてくれます。それで生きることができるのです。まさに、あしたの風です。

 上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中