「ガラガラヘビ」2007年7月9日(月)

ウイークリー瞑想

    一週間前に家の後ろでガラガラヘビに遭遇しました。家の回りを清掃しないと行けない状態でしたので、立てかけてあった草かきようの熊手などの道具をとってみたら、足元にすでにとぐろを巻いていました。一瞬身が縮まるような思いで飛び退きました。どのように処理したらよいのかしばらくにらめっこをしながら考えました。ガラガラヘビのことはよく話で聞いていました。大変な猛毒です。かまれた話も時々聞きます。いつかは自分も遭遇することになるだろうと思っていました。いままでは猫がいたのでヘビの方が寄りつかなかったのかも知れません。

直径10センチほどのとぐろを巻いていました。大きいものではありませんでしたが、気持ちのよいものではありません。心臓は高鳴っていました。小さな目玉は私の動きを探っているようでした。ここはしっかりと処理をしないといけないと思いました。シャベルがそこにあったので、身を除けながらそれを手にすることができました。何度かそれでひと思いでと思いましたが、もし失敗をして逃げられると面倒なので、さらに方策を考えました。妻を呼ぶわけにもいけません。ここは自分の責任と覚悟をしました。

幸い取っ手の長い鉄製の鍬が立てかけてあったので、静かに取り寄せました。それを思い切って振り下ろして、串差しの状態にしてから、頭の部分をシャベルで切り取って処分することができました。何とか責任を果たせたと思って、妻を呼んで現場を見せました。死んでも猛毒は残っているので、妻の意見で、泥をかぶせて処理をしたガラガラヘビを、家の下の方に流れている渓流の脇の誰も立ち入らないところに持っていきました。

ガラガラヘビと格闘した話を、秋田の友人にメールしました。返事をくれました。「ガラガラ蛇と対面して格闘したというのには、驚きました。まだ、自分には蛇にも勝る敏捷性と体力を持ち合わせているとの妄想(??)が闘争心を駆り立てて、戦わせたのかななどと想像しています。いや、上沼さんのことですから、そんな単純なことではなく、家族や知人とが遭遇したときに危害を加えては困ると思って、わが身の危険を顧みず戦って勝利したのかもしれません。しかし、還暦を過ぎた身ですので、今後は、ご自愛下さい。私は、まだ、還暦には達してませんが、ガラガラ蛇と対面したら、蛇が自分から逃げていくようにだけしたかもしれません。そして、そんな話を家でして、家内には、非難の言葉を頂くことになるような気がします。ルーズさんは、どんな反応を示したのでしょうか。少し、興味があります。、、、これから手術に入ります。舌癌再発(他院での術後)で、根治的頚部郭清、舌亜全摘・下顎骨切除、遊離腹直筋皮弁再建と12時間ほどの癌との格闘です。」

妻はこのメールをうれしそうに読んでいました。You are my hero! と言ってくれたと返事を出しましたら、それは「想定内でした」と返事が返ってきました。これだけですと手柄話のようになってしまうので文章に書く予定はなかったのですが、次女の泉の反応から思いがけない視点をいただくことになりました。泉は話を聞いて、Dad, you are tough. Dad, that was really rugged of you! と表現しました。いつも面白い言い回しをするのですが、このruggedという言い方が心に残っていました。響きとして今回の状況にぴったしとあっているように思いました。

2年前にJohn Eldredgeという人のWild at Heartという本のことで、神学モノローグ「男性の霊的勇気」(2005年7月21日)という記事を書きました。この人の新しい本、The Way of the Wild Heartというのが昨年出され、ベストセラーになりました。何時か読まなければと思って、最近読み出しました。副題はA Map For The Masculine Journeyです。男性が男らしくなっていく道筋を、自分の経験、コロラドでの男性のためのセミナーの経験を通して語っています。男性が男性らしくなっていくのは、まさにruggedな危険の多いことだと書いています(p.15)。スムーズな平坦な道ではなく、岩肌のようなごつごつとした、しかもオオカミやガラガラヘビの出てくる危険の多い道であると言います。

そしてこのruggedといのは、「丘に立てる荒削りの十字架(The Old Rugged Cross)」(聖歌402番)と歌われている「荒削り」とも訳されます。さらに「男らしい」「ごつごつした」とも訳されます。John Eldredgeは、いまの教会は男性の男らしさを削いでしまう傾向にあると言います。それで男性の男性らしさを聖書から学び、アウトドアを通して経験させています。それはアブラハム、ダビデが通った道だと言います。取りも直さずキリストの通った道だと言います。

自分のなかですべてがスムーズにいくことを願う思いが強くあります。そうあることが信仰的であると思ってしまいます。しかし現実には荒削りなごつごつした道を通されます。ガラガラヘビに遭遇します。心臓が高鳴っても、退かないで、ここは身を危険にさらしても対応しないといけないと思わされるときがあります。秋田の友人もしっかりと、男らしく、ごつごつした人生を歩んでいます。

 

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中