「聖書の近さ・キリストの近さ」2007年7月2日(月)

ウイークリー瞑想

    長女瞳の夫が3年ほど前に送ってくれたジョン・バニエのヨハネ福音書の講解(Drawn into the Mystery of Jesus through the Gospel of John)を、妻と一緒に読んでいます。これは、ジョン・バニエが2001年にテレビで行った25回のヨハネ福音書の説教集を下にしています。ジョン・バニエはラルシュ・コミュニティーの働きを通して世界中に知られています。1987年に日本でもリトリートを開催し、その時のメッセージ集が、あめんどう社から『心貧しき者の幸い』として出ています。

どういうわけか4章のサマリヤの女のことから読み始めました。傷つき、苦しみ、孤独なこの女の人に引き寄せられていきます。家族からも、社会からも逃れるようにして真昼に水を汲みに来たサマリヤの女がすぐそばにいるように、ジョン・バニエの文章に引き込まれます。短い文章で、分かりやすい英語で書かれていながら、時を越え、文化を越えて自分もその場に居合わせるかのように惹きつけられます。

傷つき、苦しみ、孤独なのはサマリヤの女だけでなく、いまも自分たちの回りで出会う人たちであることが分かります。イエスの時代がいまにそのまま飛び込んできます。水を求めている人がすぐそばにいることが分かります。そしてジョン・バニエの澄み切った泉のような文章は、取りも直さず、傷つき、苦しみ、孤独なのは自分の心であることを納得させてくれます。教えられて分かったというのではなくて、水を求めているのはサマリヤの女ではなくて自分であると、内側から同意できます。

『心貧しき者の幸い』にもサマリヤの女のことが繰り返し出ています。その場に居合わせていたかのようです。その場で観察していたのではなくて、自分があたかもサマリヤの女であったかのように思い描いています。サマリヤの女とジョン・バニエがダブってきます。「私たちひとりひとりの内に、このサマリヤの女がいます。」と言います。

そして、「わたしに水を飲ませてください。」と言っているのは、いまはイエスではなくて、そのようにして知的障害者に接していったジョン・バニエ自身であることが分かります。傷つき、苦しみ、孤独な人の心にいのちの泉が湧くことで、自分自身が癒されることを経験しています。イエスとジョン・バニエがダブってきます。そうすることがキリストに従うことであると説いているのではないのです。ただ実践しているのです。

スカルの井戸辺のことがいまのこととして行われているのです。その中から語っているのです。短い言葉で、噛みしめるように語っています。何とも言えない聖書の近さ、キリストの近さを感じます。聖書の近さはキリストの近さであり、キリストの近さは聖書の近さであることが分かります。

ヨハネ福音書でイエスに引き寄せられていると、ジョン・バニエは言います。この福音書の学びを長い間してきて、多くの註解書も読んできたことを序文で語っています。註解書はしかし、多くの場合に、スカルの井戸辺の状況を距離を置いて観察しているだけです。サマリヤの女の罪深さを嘆いています。イエスのすばらしさを語っています。しかしどうしても距離があります。外から観ている観察者になってしまいます。聖書の権威を説き、聖書の無誤性を主張していても、この距離感を持ったままで説教をしています。

ひとりの友人が野宿生活者、路上生活者のための働きをしています。さまりたんプログラムと呼んでいます。いままでにない視点のメールをよくいただきます。この方の持たれている聖書の近さ、キリストの近さが伝わってきます。そして、聖書を生きる、キリストのように生きることの厳しさを知らされています。

 

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中