「神様の地理学」2007年7月30日(月)

 ウイークリー瞑想

    今回シカゴの孫に会うためにと言うのが隠れた理由なのですが、わが家を先週の火曜日の午前11時に出て、その日はネバダ州とユタ州を横切って11時間700マイル(1120キロ)、次の日はワイオミング州を横切りネブラスカ州をほぼ横切って12時間800マイル(1280キロ)、そして木曜日はアイオワ州を横切ってイリノイ州に入って9時間550マイル(880キロ)のドライブをして夕方6時に長女瞳の家に無事に到着しました。滅茶苦茶なドライブだと友人に言われました。昨日は古巣のレーキサイド教会で奉仕が許され、3日でドライブをして来たことを同じように驚かれました。

ワイオミング州を横切ってネブラスカ州に入ってすぐのレストエリアに立ち寄りました。そこは旅行案内所も兼ねていて年輩のご婦人が親切にも地図とガイドブックをくれました。その入り口のドアに驚いたことに「ここはまだガラガラヘビの生息しているところです。」というサインが掲げてありました。ですからまだ安心しないで注意をしてくださいという意味だと思います。それにしても私たちのところから千マイル以上もはなれたところまでガラガラヘビの生息していることになります。途中でロッキー山脈を越えているのです。

アメリカ大陸の大きさに驚かされるのと同時に、その荒地のようなところを生活の場として開拓し、開墾してきた歴史を思い返します。子供の頃によく観た西部劇を思い出します。馬車に乗りながら水のない荒地を家族で旅をしているのです。いまはそこにフリーウエイが走り、ところどころに町があり、宿があります。そういう便利さを除いたらあとは荒地をただひたすらドライブをしていることになります。自分の進んでいく先が波を打って山の向こうにに見えるのです。

そんなワイオミングの雄大な土地と晴れ渡った大空に浮かんでいる雲を見ながら、また神様はどうしてこんな大きな荒地の自然を作られたのだろうかと思いながら、イスラエルの何十万という民がエジプトを出て約束の地を目指して40年も旅をしたことを思い描いてみようと思いました。同時に想像の限界を感じました。フリーウエイは永遠に続いているような感じですが、それでもどこまで行ったらガソリン・スタンドがあり宿があるというサインが立っています。それにあわせて計画を立てることができます。注意していればそれなりに安全な旅です。ですから、どこに飲み水があり、食べ物があるのかも分からないで40年も荒野を旅をすることは想像もできないことです。

そんなこと思ってドライブをしているときに、大学で受けた地理学の授業のことを思い出しました。学期の初めの数回授業があってそれから学期の最後まで研究のために世界中を飛び回っている教授です。最後の週に戻ってきて授業がありました。朝から始まって世界中で取ってきたスライドを見せてくれました。それが何時間も続くのです。そしてそのまま期末試験となりました。それは見たスライドについてのコメントを口頭で言うことでした。不思議に魅力的な授業でした。

私は和辻哲郎の『風土』で言われていることをもとにして、「砂漠地帯」の聖書の世界と「モンスーン地帯」の日本の違いを自分なりに理解して話したのを覚えています。そして最後にそのような風土が人生観や世界観にどのように影響しているのか逆に教授に聞いてみました。そうしたら、頭を抱えるようなかっこうで「それこそ自分の一番知りたいことだ。」と言われました。それ以上の返事はありませんでした。大学で受けたもっとも印象的な授業でした。

そして取りも直さず、リジェント大学で霊性神学を指導してきたジェームズ・フーストン師はオックスフォド大学では地理学の教授でした。学生とのカンセリングを通して誰の心のうちにも「たましいの地理学」があると気づいて、リジェント大学の設立にあたって「たましいの地理学者」として霊性神学を始めたのです。

和辻哲郎のいうもうひとつの「牧草地帯」、すなわちヨーロッパで神学が形成され展開してきました。きめの細かい体系づけられた概念の世界です。予測のつく世界です。規則と法の世界です。近世、近代を導いた自律した理性の世界です。荒地より都会の生活です。荒地を旅をしているよりも都市のなかでの定着した教会生活です。旅を終えてしまった民のそれなりに安定した生活です。逆に旅を渇望している都市中心の世界です。

そんな都会人として、教会人としての経験やものの見方、世界観からいま聖書を読んでいるような気がします。神学的に裏付けされた世界観に合うように聖書を読んでいるところがあります。だからといっていま自分の置かれている地理を否定することもできません。その必要もありません。それぞれの地理も神様の作品です。四季のはっきりとした日本の自然も、きめ細かいヨーロッパの自然も、雄大なワイオミング州の地形も、イスラエルの民の通った砂漠も神のものです。ただそこでの世界観を絶対視する必要もありません。そのようになりがちです。むしろ多様な神様の地理学を楽しんだらよいのでしょう。

 

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中