「月夜」2007年9月28日(金)

ウイークリー瞑想

    年とともに、朝の空が明るくなってくるのあわせて、目が覚めてくるようになりました。昨日も目が覚めだした時に、空はすでに白みがかってきていました。いつもの時間だと思って起き出してみたら、それは満月の差し込む光で空が明るく見えているだけでした。5時を過ぎたところです。夏時間を使っていますので、日本では4時過ぎというところです。月の光が届いているところは輝いて見えますが、その陰はまだ真夜中の暗さです。その対比があまりも美しいので、灯りをつけないでそのまま眺めていました。

日本から「東京は30度を超える暑さでした。中秋の名月も汗をかいているような(笑)」とメールをいただきました。汗をかきながら奉仕をされているうちに、月も汗を垂らしているように見えたのでしょう。こちらは朝はすでに寒さが染み込んできます。空気が澄み切っているので、月の光が遮るものがないように真っ直ぐに届いてきます。フルムーンの月が気持ちよさそうに西の空に浮いていました。

幻想的な月夜にしばらく佇んでいました。窓ガラスを通して月光が家のなかにも届いています。ただ真っ直ぐに届いてきて、光の筋道が見えるようです。月光の届かないところは闇夜がしっかりと支配しています。絶対に月の光を入れさせないようにと頑張っているようです。月光に照らされた家具も、窓の外の木々も昼間の色とりどりを失っています。すべての色が吸収されてしまったようです。僅かにシルバーがかった光と闇のコントラストを醸し出しています。

月の光の下にいると自分の手もよく見えます。色のない手が浮かんでいます。色を押し殺して月の光が反射しているのです。暗やみのなかで色を失ってただ月光の恩恵を受けているのです。あたかも、太陽の光で照らされるのとは異なった自分がいるようです。日の下で生きている自分とは異なった自分になったようです。異なった自分を見せられているような気がします。異なった自分が見られているような気がします。それなりに身構えます。それで不思議に身動きが取れなくなります。じっと佇んでいるのです。夜中に動き回っている動物たちもどこかにじっと隠れているようです。

月夜に比べて、真っ暗な闇夜は自分を裸にし、無防備にします。無名な自分になります。昼間の装飾した自分ではなく、ただの存在になります。誰からも見られていない安心感があります。また隠しようのない自分に直面する恐れがあります。本当の自分がそこにいるかも知れないとそんなささやきが聞こえてきます。心に引っかかっているものが顔を出してきます。昼間押さえていたものが湧き出てきます。

昼と夜とを均等にいただいていながら、昼の世界だけで生きているような錯覚に陥ります。昼の世界で理解したもので夜も生きようとしているからかも知れません。逆に、夜の世界で出てくるもので昼を生きることができます。少なくとも夜の世界を昼と同じように均等に生きることができます。

マザー・テレサの本を読んでいます。カルカッタの貧しい人のために出ていく導きをいただく過程は、キリストとの近さが滲み出ています。ヴァチカンの許可をいただいて働きに就きだしてすぐに、心が暗やみに捕らえられていることを告白しています。いまそのくだりを読んでいます。その後召されるまで、半世紀近く信仰の暗夜を抱えていたことになります。その意味合いは計りがたいものがあります。この本の表表紙に載っている彼女の堅く握りしめているごつごつした手が、暗夜の深さを語っているようです。

月夜は闇夜を教えてくれます。月の光のない真っ暗な夜です。そんな闇夜が月光に照らされることで幻想的な美しさを示しています。また月夜は、昼と夜の間の自分を示しているようです。橋渡しをしてくれているのかも知れません。昼の私と夜の私を結びつけていてくれるのかも知れません。そして多分、多少幻想的な仕方で結びつけてくれるのでしょう。

 

上沼昌雄記

 

追伸:間もなく秋の日本の奉仕に出かけます。お会いできて交わりが許されれば幸いです。感謝とともに。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中