「故郷、広瀬川」2007年10月10日(水)

ウイークリー瞑想

しばらくぶりで故郷前橋で二晩を過ごしました。月曜の夕刻に前橋駅に降り着きました。この4月にもお伺いした群馬大学の教育学部の教授であられた小泉一太郎氏が出迎えてくださり、奥様のおいしい手料理をいただきながらしばしお話しをさせていただきました。前回の折にはご自分の専門のオックスフォド大学史に関する本を出されたあとでした。古典に精通しているオックスフォド大学の教授たちの人間観察の鋭さがC.S.ルイスの『ナルニア国物語』を生み出しているというご意見を伺いました。それに基づいて「神学のアマチュアリズム」という文章を書きました。

今回はそもそも小泉さんと知り合うことになった大村晴雄先生のゼミのことから、大村先生の精神の話になりました。96歳になられ、ご家族との関係で老人ホームに入られるという話を聞き手いました。私は、大学で哲学科に属していた時に、KGKを通して当時都立大学の哲学科の教授をされていた大村先生と知り合いになりました。全くの若造の話を親身に受け止めてくれました。

神学校に入って東京にいる時に、大村先生のゼミに参加させていただきました。そこで小泉さんと知り合うことになりました。教育大で修士を終えれれ、都立大で哲学で修士を専攻されていました。ゼミのあとよくお茶を飲みながら話をしました。今回もその続きをしているような思いになりました。最近大村先生のお弟子さんたちが集まった時に、大村先生はご自身がクリスチャンホームに生まれて、哲学を専攻されていても、信仰のことと哲学のことで悩んだことは一度もなかったという話を伝えてくれました。そのエピソードで、自分が高校生の時に信仰を持ち、大学で哲学を専攻し、神学をしてきて、今に至っているすべての行程がまとめられたように思いました。

昨日の午前は姉にお願いして小さい時からのアルバムを出してもらいました。高校生の時に信仰を導いてくれた宣教師、最初に行った前橋の教会での写真が出てきました。あるものを持って帰ることにしました。以前はそんな写真は見たくないという思いがありました。今回は不思議に過去を持ち帰ることにしました。

昼に友人の大間々の教会の高木寛牧師と、回転寿司で日本を味わいながら互いの心にあることを遠慮なしに語り合いました。メールでは「赤城の住人」と自称しています。赤城山が世界の中心で、神様の御わざの基点であるような確かさを持っています。世界に開かれた「赤城の住人」です。

その後一緒に前橋の教会の舟喜拓生牧師を訪ねました。奥様もご一緒で遠慮のない話になりました。舟喜拓生先生が80歳になられ、その80年前に福音伝道教団が始まったことを知りました。その途中で教団から独立することになりました。その経緯はなお不透明ななかにあるようです。私はお父様の隣一先生の最後ぐらいに洗礼を受けました。奥様のふみ先生が私の家にまで伝道に来てくださいました。あたかも故郷前橋での宣教の歴史の学び会になりました。

高校の時に信仰を持って、純粋な気持ちで軽井沢の沓掛学荘での修養会で夜寝ている時に、枕が飛んできました。それは舟喜拓生先生からでした。それ以来兄貴のような感じで交わりをいただいてきました。母が召される時にいち早く病室に駆けつけてくれました。父を信仰に導いてくれました。

高木先生が帰られて、さらにしばらくはまさに今のことを話すことになりました。過去を語ることで今が生きてきます。今だけでは淡いあぶくのようなものです。そのあぶくの奥深くに過去があるのです。過去は過去として生きているのではないのです。過去は今として生きているのです。今はまた過去を生きているのです。あたかもアブラハム、イサク、ヤコブの神が、今の私の神であるかのように生きているのです。

そんなこと思いながら教会をあとにして帰路につきました。街並みを通り越した向こうに家があるのですが、昔よく自転車で通った道を歩いて帰ることにしました。町のなかを水を豊かにたたえた広瀬川が流れています。高校生の時に嗅いだ川風の匂いがしてきました。

郷土の詩人、萩原朔太郎の詩誌が川並に立っていました。広瀬川に思いをぶつけて歌った詩です。高校生の時によく口ずさんだ詩です。立ち止まって何度か読んでみました。ライフを釣ろうともがいていた自分を思い起こしました。

        廣瀬川広く流れたたり

        時さればみな幻想は消えゆかん。

        われ生涯(ライフ)を釣らんと

        過去の日川邊に糸をたれしが

        ああかの幸福は遠きにすぎさり

        ちいさい魚は眼にもとまらず。

ライフを釣ったのか、ライフに釣られたのか、過去の日を思いながら川邊をあとにしました。

 

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中