「西洋哲学史」2007年11月20日(火)

神学モノローグ 

函館で足止めをくって一晩、駅前にアメリカで見かけたホテルのチェーンを見つけて投宿した。その隣のデパートの5階の本屋さんで岩波新書で熊野純彦著の『西洋哲学史』上下を見つけて購入した。著者は最近この覧で引用しているレヴィナスの主著『全体性と無限』(上下、岩波文庫)の訳者でもある。レヴィナスのことをどのように書いているのか興味があった。下巻の最後の章で「ハイデガー、ヴィットゲンシュタイン、レヴィナス」として1ページで言及しているだけである。

ともかく一番馴染みのあるところから読み出した。というより函館から山形に向かう列車のなかで気になるところだけを拾い読みした。ハイデガーが、師であるフッサールの現象学から、自己の実存の探求を始め、しかしその中に民族としての運命と結びつけていることの危機を紹介している。すなわち、哲学のテーマがナチスドイツと深いところで結びついていることを示唆している。

ヴィットゲンシュタインはユダヤ系であり、レヴィナスは生粋のユダヤ人である。ナチスとユダヤ人の暗い歴史を手短に紹介しながら、思想としての哲学と時代の流れを明晰に結びつけている。戦争のことを避けないで書いている。あるいは書けるようになっている。世紀が変わって歴史を振り返ることができるようになった。

山形でお世話になった牧師も哲学をしてきている。それでこの本の話になった。短い文章で思想を凝縮している。そのぶん入門書になるのだろうかと言いながら、いままでにない西洋哲学史観に共に関心をした。哲学者の晩年のことがよく紹介されている。フッサールの晩年、ベルグソンの晩年、ヘーゲルの晩年、トマスの晩年、アウグスティヌスの晩年のこと、哲学者がどのように人生の終わりを迎えたのか記している。著者が倫理学者であることに納得をした。

それ以来帰りの飛行機のなかで、戻ってきて時差の調整のなかで、通史として読んでるのではなく、気に入ったところをつまみ読みしている。そのように読むことができる。この2冊を「上下」というのは正確でない。前書は「古代から中世へ」であり、後書は「近代から現代へ」である。各章の章立ても見事であるが、その章の副題も大変興味をそそる。たとえば、前書の11章はアウグスティヌスのことであるが、「神という真理」であり、副題は「きみ自身のうちに帰れ、真理は人間の内部に宿る」である。

この著者のキリスト教、神学の理解の深さを知る。中世のことでは当然トマス・アクィナスの章のように「哲学と神学と」となるのであるが、全体を通してどことなく、存在のテーマでありながら、存在を越えた神、認識を越えた神を前提にしているように思える。概念化された神は神なのかと問うている。

「ハイデガー、ヴィットゲンシュタイン、レヴィナス」の章を「語りえぬもの」として、啓蒙思想を通した現代の哲学が、なお語りえぬものに直面していることをもって西洋哲学史を終えている。すなわち、西洋の哲学で世界を概念化し、神学で体系を築いても、なお語り尽くしえぬ神の存在に目を向けている。開かれた西洋哲学史である。なお変化しうる西洋哲学史である。

トマスの「存在の類比」によって築かれた神学が、スコトゥスの「存在の一義性」によって神と世界の断絶と関係の両面を見ることになり、それが現代のドゥルーズの差異の哲学を導き出しているという。そんな現代との関わりを結構あっさりと、そして見事に記している。しかし、今回ドゥルーズの『差異と反復』(1968年)というのが、ちょうど河出書房新社で文庫化されていて手に入れてきたので、その結びつきに驚いている。さらに、ヘーゲル研究家の大村晴雄先生が、後年はスコトゥスの研究に没頭されていることにほんの少し納得ができた。

この2冊の新書それぞれの最後に人名索引、邦訳文献一覧、関連略年表が付いていて役立つ。通史で読んでもよいし、気に入ったところから読んでもよい。どことなく全体が結びついている。自分の関心のあるところから次のテーマに進んだらよい。どこかで哲学がいまの人生に、ものの考え方に結びついていることに気づく。西洋の哲学が、教会の考え方に影響していることに気づく。教会を支えている神学は西洋の哲学と無関係でない。

少なくともいまの時代に神のことばを語る責任をいただいている牧師は、この2冊の『西洋哲学史』に目を通しておいてよい。哲学の課題はまだ終わっていない。なお問い続けられている。いまの時代にもそんな問いをどこかで抱きながら人々は彷徨っている。神のことばは堅く立っている。しかし神学は彷徨っている。哲学は彷徨っている。人の心は、どこかで確かになお「語りえぬもの」を求めている。

 

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中