「書籍『ナチからの脱出』を読む」2008年2月27日(水)

神学モノローグ 

用事があって長男義樹のところに来ている。泊めていただいている部屋でiBookの接続ができる。いつも使っているテーブルの上に、ブライアン・リッグ著『ナチからの脱出』(滝川義人訳、並木書房)という本が、著者のサイン入りで置いてあった。著者はテキサスのダラスに住んでいる。義樹が用事でダラスに行ったときに私にと言って渡してくれたというのである。「ドイツ軍将校に救出されたユダヤ人」という興味をそそる副題が付いている。

この数年ナチスの生き残りのユダヤ人哲学者のエマニュエル・レヴィナスの本を読んでいる。ナチスとユダヤ人大量虐殺の関係、とりわけ、そのなかでのヨーロッパのキリスト教の無力さについてレヴィナスが哲学の課題として取り上げていることに、少なからず神学を志す者として、根本的なチャレンジが突きつけられている。なぜキリスト教はナチスを阻止できなかったのだろうか。その意味もあって大変興味深く読んだ。

著者リッグ氏は、イエール大学、ケンブリッジ大学で歴史学を専攻し、哲学博士号を取得している。その上で海兵隊の将校として勤務をする。その折りに義樹と一緒になり、信仰のこと、政治のことを結構話し合ったという。リッグ氏はイスラエル軍にも勤務したことがある。

リッグ氏はテキサスのキリスト教保守派のなかで育った。歴史を学んでいくなかで、自分の先祖にユダヤ人の血が流れていることを知る。ナチスの軍隊のなかにユダヤ人の血を受け継いだ将校や兵士がいることを知ることになる。ドイツ語を駆使して、生き残りのユダヤ人将校と兵士を探り当ててインタビューをしていった。自転車やヒッチハイクをしながらドイツ国内をくまなく歩き回ったという。語られることもなく、語る場もなく、心の底にひっそりと留まっていたものを掘り起こしたのである。『ヒトラーのユダヤ系兵士』という本でまとめ上げた。

そのなかでもうひとつの事実を知ることになる。ヒトラーが1939年にポーランドを攻め、ワルシャワを包囲したときに、その中に数十万のユダヤ人が取り残されていた。正統派ユダヤ教の指導者ラビも残された。アメリカ政府の高官とドイツ軍諜報機関の協力で、ユダヤ人の血の混じるナチの将校を中心に救出に乗り出す。そんな不可能と思われる救出作戦を、歴史家としての精密さを持って再現している。『ナチからの脱出』である。推理小説を読むようであり、同時に隠された歴史を紐解くようである。このような事実があったことを初めて知る。

戦争の暗部に入っていき、政治の巧緻を示し、宗教の極限を露呈している。ルーズベルト大統領が、この時点で救出に積極的あったらば、何万というユダヤ人を救い出せただろうと言う。また、アメリカに救出されたラビが、ホロコーストはメシア待望を促すための神の摂理という理解に不快感を示している。キリスト教会がナチスの反ユダヤ主義に荷担していたことを指摘している。いくつかの視点を含むユダヤ人の物語であり、歴史書である。その時の膨大な資料は現在、ドイツの連邦・軍公文書館にリッグ・コレクションとして保管されている。

ヒトラーのポーランド侵攻から2年してソ連への侵攻が始まる。すぐにリトアニアのユダヤ人大量虐殺が起こる。リトアニア出身のレヴィナスはフランスに帰化し、すでにフランス軍兵士としてドイツ軍の捕虜になっていた。リトアニアの彼の家族と親族はほとんど殺されてしまった。レヴィナスは戦争が終わってから知ることになる。戦後タルムードの教師として哲学をする。なぜヨーロッパの哲学はナチスの全体性を容認することになったのかと問う。哲学自体が概念化と論理化による体系化、すなわち全体性を求めてきたためだという。1961年の『全体性と無限』でその見解を世に問うた。神学も同じ思考方法を持っているために、ナチスの全体主義に抵抗できなかったという。以降、彼の哲学は徐々に確実に受け入れられてきている。

ナチスの全体主義とユダヤ人大量虐殺、その背後にある哲学的、神学的視点、それがもたらしている思想の転回、すでに60年以上たち、新しい世紀を迎えていても、拭いきれない呪いのように付きまとっている。それでもレヴィナスのように、リッグ氏のようにその事実を隠さないで観ようとしている人がいる。それでしか過去から解放されない。

どのような導きか、私は終戦の5ヶ月前に生まれた。そしていまだに、日本での戦争のこと、戦争責任のこと、教会の姿勢のこと、解き明かされなければならない暗部が余りにも多く、余りにも深くあることに驚く。戦争の闇はいまだに日本を覆っている。教会にまで影響している。そんなことはないかのように繕えば繕うほど、闇が深くなる。

義樹家族は、新しい仕事のためにこの夏にはダラスに移る予定である。いつかダラスに訪ねて、リッグ氏にこのような本を書いた動機、書いたことの個人的なインパクトを聞いてみたいと思う。

 

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中