「緑深い日本で」2008年5月29日(木)

ウイークリー瞑想
 みずみずしい豊かさを讃える新緑の日本に5月半ばに入りました。す
でに2週間の旅と奉仕をしています。同じ新緑なのですが、これから乾
燥してカラカラな夏を迎えるカリフォルニアでは、木々は今年の伸びは
そこまでと言っているようです。水分は春のうちに取って延びるだけ延
びて、あとは熱い夏に人々に木陰を与えるだけの感じになります。雑草
などは水分が断ち切られて乾燥しきって、土と同じ色に変色していきま
す。火が付けばいつでも燃え上がります。

 日本の新緑は、水分を充分にいただいてこれからさらに豊かな緑を讃
えていきます。薄緑、真緑、褐色の緑、日に映える緑、木陰の緑と、多
彩な緑を余すことなく展開してくれます。春のうちに花を咲かせた木々
も今は緑に覆われ、収穫の秋に向かってじっくりと水分を吸い上げてい
ます。秋田から横手を通って山形に鈍行列車で旅をしながら車窓から見
えるりんごの木、桃の木、ぶどうの木、サクランボの木は、豊かな実を
隠すように緑が覆っています。田植えを終えてまだ水に沈んでいる苗も
日ごとに伸びてきて、緑の絨毯となろうとしています。

 そんな緑豊かな日本を満喫しています。しかし、深い緑の美しさは、
人を誘い込むような美しさでもあります。遠くから観ているときは美し
い日本の森林です。しかし中に入るとうっそうとした茂みに誘い込んで
迷子にします。薄暗いに森の中で何かが語りかけてくるようです。そし
て緑深い森の中から抜け出せないようにします。カリフォルニアの森も
深いところがあります。それでも誘い込むような美しさはありません。
熊やマウンテン・ライオンやガラガラヘビがでてくる恐ろしさだけで
す。不思議な違いがあります。

 また、緑深い自然は力をもっています。緑は雑草としても地を覆って
いきます。そのままにしていたら人の住みかにも入ってきます。実をな
らせるどころか、自然の力に負かされてしまいます。緑豊かな美しさを
保つために大変な労働をしなければなりません。自然は美しくもあり、
驚異でもあります。イエスの種蒔きのたとえの延長のようです。

 さらにミャンマーのサイクロン、中国の大地震の被害の報に心が痛み
ます。自然と共存をしていることの現実を思います。また連日のように
報道される殺人事件に心が枯れていきます。カリフォルニアの自宅のテ
レビで観る同じような報道を思い出します。緑豊かな美しい日本でもど
こかに心が枯れていることに痛みます。

 緑深い自然のどこかが痛んでうめいています。何かが欠け、何かが損
なわれて、どこかに大きな穴が開いています。そんな自然自体が私たち
に力をもって覆い被さってきます。私たちの身体を痛めます。さらに心
が損なわれてきます。うめきが心の底から出て来ます。神の子とされる
こと、すなわち、身体の贖われることを切に求めています。そんなうめ
きを御霊みずからが聞き届けていてくれます。緑深い日本を楽しみ、ま
た思いを馳せています。

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中