「大村晴雄先生の『近世哲学』を読む」2008年6月23日(月)

神学モノローグ
 今回の日本訪問で果たせなかったことがある。97歳になられた大蔵
晴雄先生を訪ねることができなかったことである。いま住まわれている
宇都宮は新幹線で何度か通過したが、停車して訪ねていく余裕がなかっ
た。次回には何としても伺いたい。

 ただ一昨日は先生の『近世哲学』を、多少時差ぼけと闘いながら、一
気に読むことになった。1974年に改訂された以文社刊の前の195
4年に小峰書店から出されたオリジナル版で読んだ。それは、大学で哲
学を学んでいたときに、当時都立大学の哲学の教授をされていた先生か
ら寄贈されたものであった。「上沼昌雄君、我らは御霊により、信仰に
よりて希望をいだき、義とせられるることを待てるなり。1968・
4・15 大村晴雄」と記されている。

 今回日本でふたつの牧師セミナーを持つことになった。その折りに、
福音主義神学が拠って立っている聖書理解に、近世哲学の骨子であり、
その集大成である啓蒙思想の理性の自律がどのように影響しているのか
語り合った。聖書が神のことばであり、絶対的であることは福音主義の
旗印としてその通りであるが、釈義をしてその結論を出し、そこに筋道
を見つけて、神学として体系立てていくときに、そこには論理性と斉合
性が求められる。聖書がそこまで言っていないことでも論理で結論を出
していく。その上にさらに論理で体系化していく。その結果、聖書を拠
り所にしていながら、それぞれの教派の神学が成り立ってくる。論理的
にはその神学が最高になる。超教派を建前にしているところでも方向は
同じである。

 啓蒙思想をそのままキリスト教に適用したのが自由主義神学である。
福音主義神学はこの自由主義神学に対して聖書の絶対性を養護してき
た。それ自体血の滲むような闘いであった。そのような流れの中で信仰
を持ち、哲学をし、神学をしてきた。創造論、三位一体論、義認論、終
末論としっかりとしたものをいただいてきている。と同時に、福音主義
神学が自分たちの立場を養護するために用いてきた筋道に知らないうち
に啓蒙思想が入ってきているのではないかと思う。特に福音主義神学の
認識論、すなわち、聖書を理解するこちら側の理性の自律にある啓蒙思
想の残滓をみる。聖書がそこまで言っていないことに理性によって、す
なわち、論理性によって結論づけてしまうことになる。

 そのように体系づけられた神学、具体的にはそれぞれの教派の神学は
あくまでこちら側の作業である。人間の業である。しかし神学と聖書と
がひとつになって、今度はその神学で聖書を読むことが絶対化して、そ
れ以外の聖書理解を排除していく。理性の自律、論理性を基盤にしたと
きには当然のこととなる。聖書の解釈の多様性は否定され、牧師の、あ
るいはその教会の、その教派の聖書理解が絶対になる。

 今回の日本の滞在の折りに、牧師が教会を駄目にしてしまうケースを
耳にした。私たちが通っているフォレスフィルの小さな教会でも経験し
てきた。そのどこかに自分の聖書理解を絶対化できる神学がある。それ
が福音主義神学に秘かに入ってきている啓蒙思想の影響のように思え
る。それで大村先生『近世哲学』を読んでみたくなった。随分前に読ん
だ。神学校で教えていたときに参考文献として、実際に以文社から取り
寄せて使ってきた。

 近世、それはアリストテレスを取り入れて築いた中世のスコラ神学、
すなわち、トマスの神学から理性を自律させていくプロセスであった。
中世後期のドゥン・スコットスにその萌芽があり、ルネッサンス、宗教
改革で花を咲かせ、啓蒙思想でその実を結んでいくものである。当然キ
リスト教と哲学が深く絡まっている。その展開を簡潔に紐解いてくれる
のは、キリスト教徒であり近世哲学史専門である大村先生のなせること
である。ただの近世哲学史では見ることができない。ルターの中に後の
ルター主義として体系化されていく隙間を持っていたと言う。すなわ
ち、プロテスタント・スコラ主義である。福音主義神学の論理化の道で
ある。体系化であり、それは固定化の道でもある。

 福音主義神学に自己検証の能力が残っているとするならば、拠って
立っている聖書理解に潜んでいる啓蒙思想の残滓の除去である。何が残
るのか。厳しい作業である。啓蒙思想に寄りかかっていたら、聖書理解
にしても、教会生活にしても分かりやすい。論理性を明確にするだけで
よいからである。その残滓を取り除いたら何がそこで出てくるのか。聖
書はなくなることはない。その意味では信仰もなくなることもない。む
しろ聖書が生きてくる。信仰が生きてくる。

 日本にはモダン、すなわち、近世もないので、ポスト・モダンもない
と言われた大村先生の言葉が耳に残っている。それでも借り物としての
モダンはある。科学技術に導入され、福音主義神学にも導入されてい
る。ポスト・モダンを攻撃している文章に出会う。ただその基盤はモダ
ン、すなわち、啓蒙思想に拠っているように思える。そうだとすれば攻
撃している人の基盤そのものが先に再考されなければならない。厳しい
ことである。

 福音主義神学の再考は始まっている。避けられないことである。この
ままでは固定化するだけでなく、形骸化をもたらす。教会が死んでしま
う。信徒が苦しむだけである。福音主義神学は生きていかなければなら
ない。教会を生かしていかなければならない。

上沼昌雄記

広告

「さくらんぼ」2008年6月16日(月)

ウイークリー瞑想
 3週間ほど前に、お世話になっていた秋田から山形に移動しました。
最初に日本に着いて秋田の自然と豊かな交わりの中で、身体の調整と心
の備えをいただくことができました。それ以来、潤いのある自然に励ま
されてきました。秋田から新庄までは各駅停車の旅をしました。そして
新庄から山形の村山市に近づくに従って、ビニールをかぶっているさく
らんぼの木が見えてきました。熟して食べられるまでにはまだ数週間が
かかりそうでした。

 お世話になっている方の2階からビニールをかぶったさくらんぼの木
が、屋根だけ付いた温室のようにあちこちに並んでいるのが見えます。
さくらんぼの木は5,6メートルありますから、2階建ての温室が立ち
並んでいる感じです。あるものは山並みに沿って張っています。水を
張った平地の水田とビニールをかぶった2階建てのさくらんぼの家がコ
ントラスをなしています。さくらんぼは雨に当たると割れてしまうの
で、守るためにビニールを張っています。大変な作業をしておいしいさ
くらんぼを育てているのです。

 そんな景色を眺めながら、いつ食べられるのだろうかとお世話になっ
ている方と話しました。この敷地にも何本かのさくらんぼの木がなって
います。2回の週末に東京に出て奉仕をしました。都内では気温も上
がってきて初夏を思わされました。2回目はふたりで出かけて、奉仕と
同時に知り合いの方々と会うことができました。また宣教師の子どもと
して最初に過ごした軽井沢にも行って、懐かしいところを歩くことがで
きました。

 山形に戻ってきたら、さくらんぼがはっきりと赤みを帯びてきていま
した。出荷するには早すぎるのでしょうが、敷地から取ったものをいた
だきました。まだすっぱみがあったのですが、久しぶりのさくらんぼの
味を楽しむことができました。日ごとにそのすっぱみがなくなってきて
甘みが増してきました。食事毎に出てくるようになりました。日本を発
つ前に食べられました。

 最上川沿いのさくらんぼの産地、そんななかにあるこのお宅の窓から
山並みが幾重にも重なって見えます。最初の山並みの向こうからかっこ
うの声が遠慮がちに聞こえてきます。静寂に反響しながら届いてきま
す。近くの林からトンビが旋回しながら飛んできます。あたかもこの地
域を守っているかのようです。すぐ目の前には桃畑もあります。スイカ
も近くで栽培されています。さくらんぼは日ごとに赤みを帯びてきてい
ます。果物大国です。

 さくらんぼは不思議に飽きません。花柄から小さな粒を口に入れたと
きの食感もしっかりしていて気持ちが良いです。甘みも口に残らないで
小さな粒の中に溜まっている水分と一緒に胃のなかにすっきりと溶け込
んでいきます。一粒ごとに味が完結しています。それでいて一粒ごとに
微妙に味が違います。それでまた食べたくなります。癖になって止めら
れないというのではなく、その都度新鮮な感覚でいただけるので、止め
られないのです。

 それは、あたかもみことばがその都度心に届いてきて、心の深くに留
まり、またそれを慕い求めるかのようです。飽きることなく、新しいい
のちに生かされているかのようです。確かにみことばに飽きてしまうよ
うなときもあります。しかし一度心の深くに溶け込んでいくと、飽きる
ことなくいただけます。みことばがその都度新鮮な感覚で届いてきます。

上沼昌雄記

「父たち、男たち」2008年6月10日(火)

ウイークリー瞑想

 今まで阿武山、秋田、立川、国分寺の4回の礼拝の奉仕にそれぞれ男
性集会をセットにしてくださいました。そして最後の山形でも男性集会
が予定されています。全員男性だけの牧師セミナーも2回いただきまし
た。何人かの男性にインタビューもすることができました。「父親」の
ことをテーマに取り上げてきました。そしてまさに「父の日」を迎えよ
うとしています。

 「父たちよ、あなたがたは子供たちをおこらせてはいけません」と
言っていることばをパウロの個人的な告白としてみたときに、誰にでも
当てはまることだと分かります。アブシャロムも父ダビデに感じたこと
です。アベルとカインも父アダムに感じたかも知れません。父の咎は3
代から4代に及ぶと十戒で言われています。それでこのみことばが子と
して、父としてどのように自分に当てはまるのか分かち合いました。父
親のことを書いている小説家としてカフカの『父への手紙』とポール・
オースターの『孤独の発明』も紹介しました。

 普段ほとんど話すことのない父親のことを、また父としての苦悩を語
ることになりました。当然私自身ことを語らなければなりません。誰も
が、牧師でも、歳をとっていても、若くても、信仰が長くても父親のこ
とが深い闇のように男性の心を覆っています。駄目な父親に対して、良
い父親でもそれが重荷になったりして、またクリスチャンの父親でも聖
書を盾に責め立てたりして、思いがけないかたちで父親への怒りをじっ
と抱えています。

 思い出したくもない父、近づくのもいやだった父、軽蔑したくなる
父、個性の強い母親からの溺愛を許した父、母の気性で左右されていた
家族でありながら何もしない父、優しすぎて良すぎて乗り越えられない
父、自分の人生がなくて子供たちにただ寄りかかっていた父、アル中で
あった父、牧師であっても家を顧みない父、表の顔では見えない男性た
ちの裏を見せられました。そんな父親への嫌悪感を持っていながらどこ
かで同じことを繰り返している自分にも恐れを感じます。

 さらに、自営業で家にいることが多かった父の母への思いやりを感じ
ながら育った話し、厳格なクリスチャンの父親に反発してこれで親子の
縁を切らないとやっていけないと思ったときに、「わが罪をお許し下さ
い」と祈った父の祈りを聞いて立ち直った話し、自分が9歳の時に下に
3人の弟たちを残して、牧師の父が山に祈りに行ってそのまま召され、
自分も今牧師をしている話し、養子に出されていながら兄を通して実の
父このことを聞いていた牧師の話し、不思議に回復の望みを与えてくれ
る話を聞くことにもなりました。

 そんな分かち合いのなかで、年配の方のお父様が大正時代に岸田劉生
と同人で、武者小路実篤とも親交のあった画家で、ギリシャ正教会の信
仰を持っていて、最近その絵が発見されて展示会を開いていることを聞
くことになりました。時間を見つけて渋谷の松濤美術館に「河野通勢
展」を観に行くことができました。大正時代、すなわち20世紀の初め
に日本で聖画を描いていた人がいたことを知ることになりました。

 父親のことは男性にとって隠れたことです。話すことがないという意
味でも隠れていますし、話したくない、話せないという意味では隠れた
闇になっています。表の自分はそれなりにいい顔をしていても、裏の自
分は父親ののろいに付きまとわれています。少しでも話すことで解き放
たれていきます。他の男性の話を聞くことで納得をします。そんな分か
ち合いは、能面のような男性の顔に明暗をはっきりとしてくれます。人
生に厚みを与えてくれます。

上沼昌雄記

「雨の東京で」2008年6月4日(水)

ウイークリー瞑想

 今朝も見えない糸のように雨が降っています。お世話になっていた先
生ご夫妻が早天祈祷会に行かれるのに合わせて出て来ました。雨が降っ
ているようには思えなかったのですが、外に出てみたら小雨がほんのわ
ずかに濡れる程度に降っていました。すでに東京は梅雨入れになってい
るようです。過ぎる週末はこの先生の教会で男性集会、礼拝、夫婦セミ
ナー、そして夕拝と奉仕をさせていただきました。そのまま今朝までお
世話になりました。日曜日以外は雨雲に覆われていました。昨日は一日
中小雨が降っていました。

 チャペルの奉仕に出かけたました。駅から雨の中を10分ほど歩いて
時間前について一息入れたのですが、説教の前に今度は体中が雨に打た
れたように汗が出て来ました。内側から吹き出てくるようで止めること
ができません。額から首の回りに汗が雨のように落ちてきました。一瞬
蒸し風呂に入ったような感じになりました。お世話になっている方のお
宅から手拭いを持ってきていたので、2回ほど拭いました。幸い説教中
は収まって汗も落ちてきませんでした。

   昼に新宿の都庁の前で、「クリスチャン・マック・ユーザーの会」
を起こそうということで、マックのメモリーの販売を手がけている人と
会いました。駅から地下道が通じていました。その昔はそんな道のりを
雨に打たれながら歩いていました。それで濡れることはなかったのです
が、地下道が切れて建物に入る前まではしっかりと濡れました。マック
のコンピューターをふたりとも持ってきたので、バックパックを背負っ
て、両手が開いているので雨の中も傘を差して歩くことができました。
以前はそのような荷物を手に持って片手で傘を差しながら歩きました。

 本屋さんに寄りました。立ち止まると体中が汗ばんできます。地下道
を通って来たので雨の中を通らなかったのですが、雨に打たれたような
感じになりました。バックパックを下に置いて、コートを脱いでしばら
く落ち着いてから哲学関係の本をめくってみました。『アンチ・オイ
ディプス』、「資本主義と分裂症」と副題が付いています。フロイトや
ユングの精神分析は資本主義の行き着くところを説いているようであ
り、それでいて哲学の新しい方向を探っているようです。もう少しドラ
イになってから考えた方がよさそうに思って購入しました。

 しばらくぶりに井の頭線を渋谷から吉祥寺まで乗りました。まだ咲き
きっているのではないのですが、沿線はアジサイが雨を吸い込みながら
咲いていました。この時期のために沿線上に計画的に植えられているよ
うでした。なぜアジサイを選んだのだろうかと思いながらも、ただこの
時のために、すなわち、私のためにそのようにしてくれたようです。

 雨の中を汗をかきながら一日を過ごしても、お世話になっている先生
ご夫妻が温かく迎えてくださいました。奥様のおいしい料理をいただき
ながら、教会のこと、神学のこと、JCFNのこと、分裂症、神経症
のこと、しっとりと、じっとりと語り合いました。結論は出なくても、
充分に水気をいただいていつかはふさわしい実を結ぶことになりそうで
す。

上沼昌雄記