「超えているもの」2008年7月1日(火)

神学モノローグ

 日本に滞在している折りに岩手・宮城内陸地震に朝方遭遇した。山を
越えた西側の山形県にいた。いつもの横揺れであった。その一週間ほど
前にその滞在していた村山市を震源とする縦揺れの地震にも夜遭遇し
た。一緒に聖書を読んでいたときであった。大きな地震にいつでも遭遇
してもおかしくない状態である。

 地震の国を後にしてカリフォルニアに戻ってきてホッとした気持ちが
あった。しかし10日ほど前に落雷があり、私たちのところから以北を
中心に山火事が発生した。カリフォルニア州全体(日本の面積とほぼ同
じ)で400カ所で燃えていると言われたのが、日を追う毎にその数か
増し、700カ所になり、昨日のニュースでは1400カ所以上になっ
ていた。昨日は事務所のある街から川に下っていったところが数時間燃
えていた。

 煙が入ってきて外での活動ができない日が続いている。窓も開けるこ
とができないので寝苦しい夜を過ごしている。7年前の家の近くの山火
事を思い起こした。それこそいつでも起こりうることである。3月にほ
とんど雨がなく、今年はすでに乾きに乾き切っている。

 昨晩は寝付いてからからだに蟻がはっているようであったので、灯り
を付けたらば、壁の上の隙間から何を目当てにしているのか分からな
かったのであるが、壁に蟻の通り道を作って、ベットのうしろに降りて
きていた。1時間ほどかけてきれいにした。前にも台所以外の家の数カ
所にそのように蟻が入ってきたことがある。自慢でないが、蟻の通れる
隙間はどこにもある。外と通じている。

 自分たちの生活が地震で揺さぶられ、山火事の危険にさらされ、蟻の
進入に驚かされている。家に戻ってきたときに近所の人から、大きな熊
がゴミを荒らしに来、マウンテン・ライオンを目のあたりに見た話を聞
いた。ミシシッピー川が氾濫して多くの家が水浸しのニュースを聞いて
いる。ミャンマーでのサイクロンの被害、中国四川州での大地震の被害
を聞いたばかりである。私たちの生活が自然の威力に脅かされている。

 先週の記事で近世の思想の骨子であり、集大成である啓蒙思想のこと
を書いた。理性の自律で自然のメカニズムを解明して、それを生活に用
いていく精神である。自然科学と技術社会への貢献をしてきた。まさに
自然からも守られているモダンな生活体系を作ってきた。この記事を書
いているコンピュータのシステムもその結果である。今では抜きにして
は考えられなし、生きられない。

 しかしこの啓蒙思想が聖書に向けられているときに、自由主義神学で
なく福音主義の聖書信仰に対しても、理性の自律が万能の力を発してい
る。釈義を通して聖書の原則を見いだし、その筋道を見極め、体系づけ
ていくことで神学を形成していく。知的了解のなかで聖書が明確化され
ていく。神論として神の本質と属性を説いていく。あたかもそれが聖書
の神であるかのように理解していく。聖書の神が、神学の概念と体系の
なかに押さえ込まれていく。聖書をよりよく理解できたと思い、思い込
ませていく。

 聖書が教えるクリスチャン生活、聖書が教える教会生活、聖書が教え
る礼拝、聖書が教える自然科学、聖書が教える生命倫理、と言うかたち
でマニュアル化を可能にしていく。このようにしたらクリスチャンとし
て大丈夫だと教え、このようにしたら苦しみから解放されると教え、こ
のようにしたら問題が解決すると教える。

 そのように回答が与えられ、解決が与えられたと思う聖書の教えと信
仰生活だけでは捉えきれない課題を抱えてきている。そのように声を大
きくしてきた教会や神学校でどうにもならない問題を抱えてきている。
体系のなかに押さえ込もうとしてきたことが、どこかでほころびが出て
来てしまっている。

 聖書の神が、人間による概念化、体系化、マニュアル化を拒否してい
る。神の創造による被造物が、人間による概念化、体系化、マニュアル
化をはみ出してきている。信仰生活で出会うことで、人間による概念
化、体系化、マニュアル化では説明できないことが多くなってきてい
る。概念化、体系化、マニュアル化は、本来人間を超えているものを人
間の中に閉じこめようとする力である。いまその超えているものがそん
な力を打ち破って本来の姿を現してきている。

 超えられないもの、すなわち、もともと超えているものを視点にして
神学ができるのか、本来の神学の問いが問い直されている。啓蒙思想を
取り除いたら、啓蒙思想の残滓を取り除いたら、神学そのものの問い直
しをしなければならない。厳しいことである。地震で揺さぶられ、山火
事の驚異に怯え、蟻の進入に驚かされている。築き上げたと思うものが
揺さぶられている。超えているものが本来の力を出してきている。

上沼昌雄記
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中