「大淀の最上川」2008年9月29日(月)

ウイークリー瞑想
 「五月雨をあつめて速し最上川」と詠っている松尾芭蕉が見た最上川 
に惹かれて絵を描いた真下慶治の記念美術館が、山形県の村山市の最上
川が大きく蛇行している大淀と言うところにあります。礼拝の後、三日
間ひとひとと降り続ける雨の中、稲穂がたわわに茂る中をドライブして
立ち寄りました。五月雨ではなく、秋の雨の中をゆったり流れる最上川
を見下ろせる小学校の跡地に美術館は建っています。日曜の午後、そん
な最上川に誘われるように人々が立ち寄っていました。

 その大きく蛇行している脇にアトリエを設けて、表面は静かに見える
のですが、底は結構の早さで流れている最上川をこの画家は描き続けま
した。大淀という地名は、流れが淀むと言うことで付けられたようで
す。その大淀の前後には三難所と呼ばれる岩場の急流があります。ここ
ではそんな流れがゆったりと蛇行しているので淀んでいるように見えま
す。

 展示されている絵も「最上川の四季、冬・秋」というテーマになって
いました。いただいた案内では「四季」なのですが、「冬・春」「冬・
夏」「冬・秋」「冬」となっています。雪の中をゆったりと流れる最上
川にこの画家は魅せられたようです。雪に覆われた大地の中を静かに流
れる絵が数点掲げられています。冬の最上川がこの画家の心に生きてい
ます。

 静かに目を澄ましてみていると、そこに描かれている淀んだ最上川の
淡い緑を幾重にも沈めたような川の色合いに、心が向いていきます。流
れを感じさせる色合い、停止してように見える色合い、その底に引き込
まれるような色合い、川辺の雪に挨拶をしているような色合い、何とも
言えない冬の最上川の淀んだ色彩に心が捕らえられます。そんな深く淀
んだ最上川に魅せられたこの画家の心が伝わってきます。

 「大淀の眺め」という絵があります。いまの美術館のある高台から、
自分の赤い屋根のアトリエを入れてその脇を流れる最上川を描いていま
す。雪に覆われた地を上流からゆっくりと流れ込んでいます。沿岸の
人々の思いと歴史を飲み込んで静かに流れています。連れて行ってくだ
さった方の奥様はこの最上川沿いの村は出身です。その絵の複製を購入
して、泊めていただいている部屋に飾りました。

 その晩、詩篇27篇を三人で思い巡らしながら、それぞれの歩みを静
かに飲み込んでいる神の恵みの流れを、最上川に誘われるように語り合
いました。今は静かな表面ですが、その底にはまだ激流が走っていま
す。それでもそんな底を見ることをそれぞれが由としています。

 「隠れ場」に隠され、「幕屋のひそかな所」に今は隠されています。
そんな隠された深みから主を仰ぐことが出来ます。「私は一つのことを
願った。私はそれを求めている。私のいのちの日の限り、主の家に住む
ことを。主の麗しさを仰ぎ見、その宮で、思いにふける、そのために。」

 上沼昌雄記
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中