「秋が深まってきて」2008年10月27日(月)

ウイークリー瞑想

 故郷前橋での礼拝奉仕を終えて山形の最上川の対岸に戻ってきました
ら、秋の雨が夜の闇の中に降っていました。寒さを感じました。それぞ
れの恵みを分かち合い、祈りを持って床に着きましたが、雨は朝方まで
降り続いていました。朝靄に浮かぶ山々を見ながら夜明けを迎えまし
た。その時にあわせたように朝日に木々が輝いてきました。

 札幌に向かうのに一度福島まで戻って東北本線に乗ります。米沢を過
ぎて板谷峠から見える山々に紫がかったピンク色がまだら模様に映えて
いました。ところどころに赤と黄色が飛び跳ねています。それを支える
ように常緑樹の深い緑が浮き上がっています。秋が深まってきました。
今回は9月の半ばに日本に入りましたので、夏の終わりからの季節の移
り変わりに目が奪われます。

 『闇を住処とする私、やみを隠れ家とする神』の本を挟んで、現実に
テーブルの上に本を置いて闇のことを語り合いながら、闇の底に共に下
りていくような体験をさせられます。強いているわけでもないのです
が、どこかで気づいていて、それでいて語ることがない自分のなかの闇
を静かに分かち合ってくれます。

 16歳の多感なときにお母さんを急に亡くされたことを、ある牧師が
その時の衝撃を思い起こすように静かに話し出してくれました。その痛
手がいまだに残っているようにゆっくりと語ってくれました。その傷を
同じように負いながら歩まれたお父様の心をご自分の心のように語って
くれました。どうして私にそのようなことを話してくれるのだろうかと
思いながら、何かがこの牧師の心を動かして、共に井戸の底に辿ってい
ることを思います。秋が深まり、闇が濃くなってきます。

 記憶の問題が闇のことを取り扱っていくと出てくることを、アウグス
ティヌスの『告白』を紹介しながら話をし、村上春樹がどの小説でも記
憶を辿るように戦争のことを取り上げていることを説明します。その戦
争の時に10歳ぐらいであった方が、お父さんを失い、弟さんとお母さ
んと生活に困った中で、親戚に与されるようにしてお母さんと別れて、
それっきりになったことを話してくれました。長い間おつき合いをさせ
ていただき、お世話になっている方ですが、初めて聞くことでした。奥
様とそのお母さんの住んでいたところに訪ねたが、家のなかに入ること
は出来なかったと加えてくれました。闇の中のあるところに色が付いて
きた感覚をいただきました。

 昔からの知り合いなのですが、なかなかお会いすることが出来ない友
人の牧師が、私の闇の話を聞いて、思い当たることがありますと言っ
て、そうすることが当然のように話してくれました。2,3代前の家系
に全くの空白があるというのです。両親も話さないし、誰もが黙ってい
るというのです。この年になってもその謎を自分は知らないままである
というのです。語れない闇を家族が抱えて生きているのです。そんなな
かでこの牧師は育ったのです。ただそのような家族にお嫁に来たお母さ
んとは学生の時に畑仕事をしながら、お母さんの心を聴くことが出来た
ことは宝のようだと言われました。闇の中のあるところに紫がかったピ
ンクが色づいているのです。

 前橋に向かう途中で、八重洲口を出たところにあるブリジストン美術
館にルオーの「郊外のキリスト」を観てきました。月夜の誰もいな郊外
の路上で貧しい親子の脇に佇んでいるキリストは、うつむき加減に自分
の影を見ています。誰もが持っている影を、貧しい親子(惨めな夫婦に
も見えるのですが)と見つめながら、その影の中の闇の深くに届いてい
るようです。キリストの向こうの道は月に照らされています。それだけ
キリストの影は濃くなっています。

 列車が北に向かうにつれて秋が深くなってきます。

 上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中