「感謝祭の前に」2008年11月26日(水)

ウイークリー瞑想
 旅の続きのままに、サンフランシスコ郊外のご夫妻のところに先週末 
到着いたしました。すでに9月初めに家を出て、日本で丸2ヶ月奉仕を
して、ようやく馴染みの北カリフォルニアまで帰って来ました。このご
夫妻の60歳の祝いに出席するためでした。この方々もしばらく前に親
族のお見舞いと葬儀で日本に行っていました。青森でニアミスをしまし
た。

 子どもを通して東海岸(大西洋)で知り合った方の96歳で召された
お母さんの記念会が、土曜の午後サンフランシスコのまさに西海岸(太
平洋)の近くであり、同時に参加することが出来ました。10年以上前
に見も知らない私たちをお宅に泊めてくださり、それ以来家族同士での
交わりをいただいてきました。このご夫妻がお母さんを訪ねているとき
に伺って、お母さんには一度だけしか会ったことがありませんが、人を
惹きつける魅力のある方でした。

 すでに15年以上前に牧会をさせていただいたイーストベイの教会の
礼拝に伺いました。前に教会学校で使っていた部屋を日本語部の礼拝堂
に模様替えをして、若い牧師家族を迎えて、新生再出発をした群れで
す。みことばをゆっくりかみしめるように伝えてくださいました。新し
いいのちが静かに育ってくるような礼拝でした。

 日曜の夕方、近くのカントリークラブで祝いの時がありました。回り
がお祝いのためにお膳立てをしていると言うより、自分たちがここまで
守られて来たこと、祝福をいただいていることを主に感謝したいので、
皆さん来てくださいという感じでした。準備の時をお宅で見させていた
だいて、喜びと感謝が溢れていて、それをストレートに出すのは気が引
けて、それでも何とか分かって欲しいという気持ちが伝わってきました。

 7年前の夏に危機一髪の大手術をご夫婦で乗り越えてきました。よく
考えると今までの4冊の拙書でこのご夫婦のことが必ず登場していま
す。近刊書『闇を住処とする私、やみを隠れ家とする神』の271頁に
も登場しています。出演料を払わないと行けないようです。

 深い悲しみがあります。それが同時に人の心に深く届く泉のように
なっています。内側に籠もって自分たちだけの城を築いているのではな
いのです。サンフランシスコ湾を見下ろせるところの住まいも、神の家
族のために提供しています。家の鍵をお返ししたときに、「この家は先
生たちのものですからそのまま持っていてください、私たちは管理人で
すから」という人たちです。

 欠けがあり、とんでもないことがありながら、このご夫婦は神からの
とてつもないギフトです。交わりをいただいた人は誰もが神の愛を感
じ、生かされていく泉のような二人であり、そのような場です。そして
実際にまた、そのようなご夫婦、家庭に日本での2ヶ月の奉仕でも生か
され、励まされてきました。このご夫婦の60歳の祝いはそんな交わり
の締めくくりとしてふさわしいものでした。

 豊かな感謝に満ちた交わりをいただいてようやくわが家に辿り着きま
した。ヘソを曲げることなしに落ち葉に囲まれてじっと待っていてくれ
ました。入り口とドライブウエイの落ち葉を掃いて、ストーブの火を付
けてようやく家に戻ってきました感じをいただきました。旅が守られ、
この一年の歩みもここまで守られてきました。そして感謝祭が待ってい
ました。

 上沼昌雄記
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中