「予測不可能な神」2008年12月28日(日)

ウイークリー瞑想

 イクイッパー・カンファレンスで聖日礼拝を迎えました。内灘聖書教
会の横山幹雄先生の恵み溢れるメッセージを通して、全米各地から、そ
して日本から集った300名以上の若い人と共に主を崇めました。遠く
イタリア・ミラノ賛美教会の内村伸之牧師も講師でいらしてくださいま
した。

 昼食の後のカリフォルニアの暖かい太陽の下にいると、一週間前に徹
底的に寒いシカゴでの鈴木牧師夫ご妻と中村ご夫妻との温かい交わりを
思い出します。その交わりを中村佐知さんがご自分のブログでまとめて
くださり、キーワードは「予測不可能な神」でしたと書いてくださいま
した。

 それは、置いてこられた子どもさんの一人が予定より早く用事が終
わって、食事をしているときに電話がかかってきたことで、「予測不可
能」ということばが出て来たことから端を発しています。特にティーン
を抱えていると何が次に起こるのか分からないという現実にいつも直面
します。

 子どもが育って二人だけになると、どうしても予測可能は範囲で動い
てしまいます。それでも今回1歳と2歳の孫と一緒に過ごすことができ
て、それこそ次にどのような動きをするのか全く予想が付かない幼児に
驚き、はらはらし、感動しました。大人同士ですとすでにその人の動き
は分かっていて、そのぶん安心感をいただくのですが、孫たちですと何
を言い出すのか、次にどのようなことをするのか、見ているだけで新鮮
です。2歳半の男の子どもさんのお母さんがブログでそのような子ども
さんの仕草を楽しそうに書いておられるのは、同じ感動から来ているの
だと分かります。

 私たちとしては聖書も神様も予測可能な範囲でまとめてしまいがちな
傾向を持っています。それは傾向と言うより、とても強い衝動です。神
も存在の一種と見なして私たちの理解可能な範囲でまとめてしまいま
す。神を私たちの延長線上の一種に収めてしまいます。終末もこのよう
になるのだと決めてしまっています。それが聖書だと決めつけてきま
す。ひねられた安心感を持つのです。

 時は私たちを越えて、私たちに反して、経過し推移していきます。孫
は成長し、私たちは衰えていきます。誰も止めることができません。そ
んな時間を存在の一つように予測可能の範囲で、西洋の哲学は考え、概
念化してきたと、ユダヤ教徒でホロコースト生き残りのレヴィナスが繰
り返し言います。さらに時間を支配し、超えている神もそのように捉え
られてきたと言います。組織神学に収められ、閉じこめられた神になっ
ています。

 今300名以上の若い人と一緒にいます。80%以上は初めての人た
ちです。ともかくジーンズの似合う世代です。現代の若者と外見は区別
ができません。それでもよくイエスを求め、交わりを求めて来るものだ
と変に感心しています。賛美リーダーたちも全く新しい人たちです。前
回の繰り返しではありません。何が出てくるのか予測が付きません。混
乱の一歩手前、騒音に限りなく近いところまで行くこともあります。そ
れでいて神にはとことん遜っているのです。インダクティブ・バイブ
ル・スタディーで聖書に向かっている真剣な顔、全身で神を賛美してい
る姿を見るのです。厳粛な感動を与えてくれます。

 「見よ。私は新しい事をする」(イザヤ43:19)と神は言われま
す。それは恵みであり、恐れでもあります。驚きであり、覚醒でもあり
ます。そんな予測不可能なことに遭遇して驚かされ、気づかされ、目を
覚まされたことがこの年もありました。そうでなかったら一見恵みのよ
うに思えても惰性で信仰生活を送ってしまったことになります。打ち破
られ、砕かれ、恐れ、心に破れができ、驚かされ、そうすることで思い
がけない恵みに導かれるのです。

 新しい年も予測不可能な、思いもよらない、全く新しいことに引き出
されます。未だ経験したことのないことに直面し、誰も到達したことの
ない新しい地に少しずつ導かれます。

 上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中