「意に反した差異、過剰な差異」2009年1月26日 (月)

 
神学モノローグ

 前回の「差異・ズレ」を、川の流れ、燃える炎に言い換え、置き換え
てくださった先輩の牧師がいる。言い換え、置き換えにはその人のすべ
てが出てくる。そのような牧会をされてきたのだと分かる。あるビジネ
スマンが次のように書いてくれた。「今直面している事実(あるいは問
題)を解釈し、解決の糸口を見出し、それを実践するという非常に現実
的な思考と実践の繰り返しです。」差異とズレを実践的に体験し、納得
している。

 記事は当然大統領就任式の前日に書いたので、政権交代による変化、
「変化・変革」を旗印にしてきた新しい大統領による差異を見つめなが
ら書いた。今でも見つめ、耳を澄ませている。

 昨年思いがけないかたちで再会を果たした高校の時の友人が返事をく
れた。「妻も読んでいますが・・・『難しいこと書くんだね』と言って
おります。でも、時には『こう言う世界もあるんだ』と考えさせられ
て、良いよ。」ともかくうれしい。それで続きを書くことにした。

 すでに時間の経過と推移の中で身動きがとれない私たちに、避けられ
ないかたちで、しかも思いがけないかたちで差異が到来する。どこから
来るのか分からない差異に驚かされる。怖じ惑い、困惑する。老いるこ
との中で身体の痛みを覚え、病気を抱える。家族の病気と死に出会う。
大丈夫だと思った株が暴落する。信頼感の強い企業でも赤字に転落する。

 差異は意に反して到来する。その意味を捉えられない、まさに無意味
さの過剰に圧倒される。すべてを支配する神と言われても、そんなこと
はあり得ないと心で呟いてしまう。自分の行いが悪かったのでこのよう
なことに遭遇するのだと自分に言い聞かせる。どうにもならない不安に
駆られ、深い霧の中に置かれる。

 神を何とか私たちの理性で納得できるかたちでまとめておきたい。そ
れは自分の世界にすべてを、神までも、納得できるように収めておきた
いという、罪あるものの衝動のようなものである。神の全知・全能性、
無限・超越性を言葉で表現しても、その神をすべての第一原因として規
定することで、他の存在するものの一つのように思ってしまう。聖書を
くまなく調べその全体を体系づけられたら、神の計画、神のみこころが
すべて了解されたかのように思う。自分のものになったような気がする。

 そのように築かれた網の目のような神学の大系の隙間をぬうように、
思いがけないかたちで差異が到来する。驚かされるだけでなく、その無
意味さの過剰のゆえに苦しむ。少なくとも沈黙させられる。場合によっ
ては怒りを覚える。そしてそんな手に負えない差異が神からきているの
だろうかと、自分に問いかけるように神に問いかけていく。

 しかし、聖書のなかでそのような手に負えない差異に直面している人
物を見いだす。ひとり子であるイサクをささげるように言われたアブラ
ハム、行きたくないニネベに行って悔い改めを説くように言われたヨ
ナ、自分のなかに何の落ち度もないのに信じられない苦しみに遭遇する
ヨブ。それでも何とか納得できるように説明する神学者や説教者の脇を
ぬうように、思いがけない差異が到来する。第一原因とはとても言えな
いほどに、すべてを超えたところから意に反した差異が到来する。

 それでもなお信じると言いたい。その通りでありながら、「それでも
なお」を言う接続詞を超えて、ただ信じるとしか言えない。「それでも
なお」という逆説も、悲壮感もなしに、ただ信じていく。もし神が意に
反した差異、過剰な差異をもたらすとするならば、「信仰のみ(Sola 
Fidei)」ということなのであろうか。

 上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中