「車輪の上、車輪の下」 2009年2月23日(月)

 
ウイークリー瞑想

 ツール・オブ・カリフォルニアは、首都サクラメントを皮切りに、サ
ンフランシスコを通過して、いくつかの町をとびとびに南下して、昨日
サンディエゴ近くを最終フィニッシュとして9日間のレースを終えまし
た。3年連続でレイフェイマーという選手が優勝しています。アームス
トロングは7位でした。

 「私も去年から片道14kmの自転車通勤を始めました。自転車
は、自己肯定感をとても高めてくれる乗り物で、わたしはそれによって
精神的に随分、いえ、はかりしれないほど助けられてきています。」そ
のように返事をくださり、さらにお嬢さんと都内70キロのサイクリン
グをしていると言うことです。

 「私も二年前からロードバイクに乗り始めて、その面白さにはまって
いるところです。いつも一人で走ります。風向きを気にします。追い風
のときは、、、。向かい風のときは、、、。横風が吹くとき
は、、、。」そのように書いてくださって、自転車に関する幼児期のこ
とに触れています。

 そんな返事をいただいてうれしくなりました。ツール・オブ・カリ
フォルニアのホームページを見つけてレースの映像も観ることができま
した。そこでこの自転車レースのロゴに目が留まりました。渦巻きのよ
うに描いたふたつの車輪の上を前傾姿勢で走っているレーサーの模様
が、どうみてもひらがなの「う」の字に見えます。何か上沼の「う」が
走っているような感じです。

 片道14キロの自転車通勤をしている方は、闇の本の装丁をしてくだ
さったデザイナーなので、そのロゴをコピーして送りました。「いかし
ていますね!」と返事をくださいました。ここでもそのロゴを載せたい
のですが、著者権の問題がでてきそうで控えておきます。http://
http://www.amgentourofcalifornia.com/ で見ることができます。

 そんなやり取りをしたり、レースをときどき観たり、マウンテンバイ
クを乗り回したりしながら、「車輪の上」で風を受けている自分に、ど
ういう訳か、あのヘルマン・ヘッセの小説のタイトル『車輪の下』が浮
かんできました。語呂合わせのようなのですが「上」ではなくて、
「下」であることに、すでに100年以上前に書かれたこのヘッセの自
伝的小説になお今日的な意味があるように思わされて、再度読むことに
なりました。

 ドイツの片田舎の14歳のハンス少年が、優秀であり、そのように校
長や牧師から思われて、国営の神学校にはいるために、楽しい釣りや川
泳ぎを犠牲にしてラテン語、ギリシャ語、古典の学習に身と心が縛り付
けられてしまうのです。そのような自分であることを心のすみで誇りに
もしているのです。

 試験に無事にと言っても、2番目の成績で合格して、かつてシトー教
団の修道院であった森の中の新教の神学校に入るのです。日本で神学校
に行くというのとは歴史と体制が違います。14歳の少年にとっては国
家の宗教に身をささげることです。終身雇用と代償に国家に身を捨てる
ことです。それは決められたエリートというレールの上を走ることにな
ります。あるいはそんなレールの上を走る車輪の下敷きになって押しつ
ぶされてしまうことです。

 神学生ハンスは、注意人物とみなされてしまう親友の詩人ハイルナー
と前後して、そんな車輪に押しつぶされてしまったかのように、追放さ
れ、放校され故郷に帰ってきます。ヘッセ自身の経験です。そんな自分
をハンスとハイルナーの二人の少年で描いています。ハンスは押しつぶ
されたままで水死体として見つかるのですが、ヘッセは成長期の危機を
ハイルナーとして何とか乗り越えていきます。とても際どいところです。

 少年が成長するために通過しなければならない過程だと言ってしまえ
ばそのとおりですが、100年以上前に書かれたこの自伝的小説は、近
代化の訪れとともにその流れの車輪の上を走ることができないで、車輪
の下で押しつぶされていく私たちの姿を描いていると言えます。

 近代化、モダニズムは家庭、教育、学校、会社、社会、すべてに走る
べき道筋を提供しています。神学校もその一環になっています。その車
輪の上を走る牧師を養成するのです。そうだとすれば教会もその車輪の
一部になります。信仰と伝道がプログラム化され、それをこなし、実行
できる信徒が車輪の上を走ることになります。

 それは取りも直さず、そのような神学教育を可能にする神学そのもの
が、車輪の上を走ることのできるメカニズムの一部になっているからで
す。神学が体系化されていくときに、そのメカニズムの上を走れない人
をはじき出し、押しつぶしていくことになります。

 聖書は、そんな体系化に入らない豊かさを持っています。計り知れな
い深さを持っています。これが聖書の教えだと言えば、そのズレを示し
ていきます。聖書を体系化すれば、それでは説明しきれない差異を示し
てきます。救いをいただいて安心していれば、暴風を送ってきます。

 高校からの帰り道、冬場は有名(?)な空っ風に向かうことになりま
す。赤城山を越えてそのすそ野をはうように吹いてくる冷たい風に、畑
の脇で自転車が一瞬止まってしまいます。息が止まり、こいでいるので
すが自転車が戻される感じです。町を挟んで家と高校があり、雨の日も
風の日も毎日40分ほど少なくともただ車輪の上にいられたので、少年
ハンスのようにはその下敷きにならないで済んだのかも知れません。そ
してその自転車の通い道にバーネット館という宣教師館があって、誘わ
れてバイブルクラスに行くことになりました。

 上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中