「一粒の麦」2009年3月25日(水)

 
ウイークリー瞑想

 先週末に持たれた全世界からの帰国者の大会All
Nations Returnees 
Conferenceは、想像をはるかに超える参加者が集いました。受付が間に
合わないほどでした。長い列ができて、自分の割り当ての部屋に入れた
のが真夜中というケースも起こりました。それでも忍耐強く待っている
姿は、ホテル当局者に良い印象を与えたようです。600名近いイベン
トを暮れのイクイッパー・カンファレンスに続いて処理するのは、JC
FNの主事たちにも多くの負担になりました。それでも何とかこなして
くれました。ただ頭が下がる思いです。

 JCFNは北米を対象にした働きです。今はヨーロッパ、アジア、オ
セアニアの諸国からの帰国者が日本に多くいます。それぞれの帰国者の
働きとタイアップして、全世界的な意味での集会となりました。ヨー
ロッパで音楽を研鑽された一流のアーティストが集会毎にすばらしい演
奏をしてくださいました。堪能させていただきました。

 直前になっても多くの帰国者が集ってくださったのは、それだけ必要
があることを示しています。文化の違ったところでキリストに従う恵み
を経験した人が、日本で沈黙を強いられているのかも知れません。違い
を出せないのです。差異は排除されるのです。同化されることだけが求
められるのです。息苦しさを感じている人たちが息を吹き返す場となっ
たのです。カンファレンスはそんな場を提供するだけです。カンファレ
ンスの実行委員会は、ただそのためだけです。

 そんな雰囲気を受け止めて、来年もしましょうと誰からともなく言い
だしています。その方向で動き出さしています。止めることができませ
ん。誰がどこで決定するのかも明確でないこの動きは、次の段階にさし
かかっています。そんな動きを感じながら、続いて同じ会場で一泊のJ
CFNの理事会を持ちました。感謝に溢れているのと同時に、実行部隊
に関わった主事と理事は疲労困憊で、目の覚めた鋭い理事会とはかけ離
れたものとなりました。それでも来年もと言うことはしっかりと受け止
めました。

 17年ほど前にJCFNに理事として関わることになったときに、こ
の働きに一人の姉妹のいのちが捧げられていることを知りました。最初
の修養会の帰り道で、事故で召されたのです。これからと言うときに若
いいのちが捧げられたのです。関わっている人たちにとって大きな痛み
となりました。JCFNのロゴは「一粒の麦」となりました。理事とし
て関わるときに、このいのちのために私も自分をささげることを求めら
れました。いい加減にはできないことです。

 現実には理事として何もしてきませんでした。主事たちが全力で頑
張っているのを後ろから支援するだけです。主事たち、若い人たちに全
面的にゆだねました。委員会には牧師を入れないという不文律を勝手に
作りました。出てきた問題の処理のための理事会と決めました。どんな
ことがあっても捧げられた一粒の麦を思い起こすことになりました。数
年前には献身的に奉仕をしてくれた姉妹がガンで召されました。もう一
粒の麦です。

 一粒の麦の継承、いのちのバトンタッチ、そんな輪がいま日本で広
がっています。誰も止めることはできません。いのちは溢れていきま
す。アメリカで留学生のためにと思って始まった働きが、日本で全世界
的な規模でその実を結ぼうとしています。捧げられた一粒の麦が、日本
でも豊かな実を結ぼうとしています。そんな深い神の導きを覚えつつ、
JCFNの理事としての責任を次の人にバトンタッチできるのは感謝で
す。

 上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中