「新緑の証」2009年5月27日(水)

 
ウイークリー瞑想

秋田から山形まで奥羽本線を南下しながら旅を続けています。
2
両連結のワンマンカーの後部の一番後ろに座っています。肘掛けを
背もたれにすれば両側の窓から新緑の景色が飛び込んできます。後
ろを見れば誰もいない運転席から過ぎ去っていく景色を追うことに
なります。仕事に出かける人が数人座っているだけです。通学生の
いない静かな車内です。

停車駅の脇をグレーの車体にピンクの筋の入った新幹線「こまち
号」があっという間に通り過ぎて行きます。いつもは新幹線を使っ
て移動をしています。しかし今日は、新幹線では味わえない景色を
ゆっくりと眺めています。

朝日に照らされて新緑が冴えています。線路の脇も、土手も、道端
も、水を張った水田も、山並みも緑に覆われています。それでいて
一つ一つの緑は自分の存在を主張するかのように自分の緑を醸し出
しています。冴えています。その緑をさらに際だたせるように色と
りどりの花が背を低くして咲いています。見事な演出です。

田植えを終えた水田の脇で農家の方が太陽の下で仕事をしていま
す。おいしい「あきたこまち」の産地です。水田には朝日が気持ち
よさそうに照り返り、秋田杉を抱えた山並みが遠慮がちに写ってい
ます。その田園風景は何ものにも代えがたいものです。しかし、そ
のためにというか、それを守り維持している農家の方の労力は想像
を超えたものです。それでも、苗が充分な水分と太陽で生長して稲
を実らせていく作業に関われるのは貴重なことです。

秋田で何度か新鮮なワラビをいただきました。親戚の方が山に取り
に行ってゆでてくれたものが食卓に出てくるのです。その山は秋田
杉を抱えて深く古い緑を醸し出しています。ところどころに山藤が
すだれのようにかかっています。飽きさせない演出です。その黒い
緑の奥は何かが出てきてもおかしくないような闇の奥です。その山
並みの間をしみ込んだ水が集まって渓流を作り出しています。その
渓流で釣りをしている人が目に入ります。遠くの山にはまだ残雪が
残っています。その水はさぞ冷たいのだろうと想像したら、そこに
足を突っ込んでいるような気持ちになりました。

山形に近づくにつれ、少しずつ果樹園が目に入ってきます。リンゴ
の木、ぶどうの木、サクランボウの木も緑をたたえて実りの時に向
かっています。その実りの時のために稲も果物も水分を補給してい
るようです。あるだけの水分をとって実が結んでいく素地を作って
いるようです。新緑はいのちの継承のしるしです。

新緑は生きている証です。雑草で刈られるだけであっても、それは
新しいいのちが生まれている証です。刈られるだけのそれだけのい
のちが生きているのです。邪魔ものでもそれは生きているのです。
冴えきった豊かな新緑は、古いものを覆い尽くす新しいいのちの到
来です。

そんないのちの証の緑をお借りして それに黒を少し対比させてミ
ニストリーの色としています。それに「三位一体の神と私」のイ
メージをロゴとしています。三つの緑とその下に黒い点を付けたデ
ザインです。いのちのしるしである緑と、闇のなかの私の黒です。
そんな色とデザインを名刺にして持ち歩いています。

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中