「さくらんぼの木の下で」2009年6月29日(月)

 

ウイークリー瞑想
最上川沿いの隠れ家で知り合った方が、ご自分のさくらんぼの実を
少しく残しておいてくれて、土曜日の夕刻に連れて行ってくれまし
た。収穫は一週間前に終わっていたのですが、北海道から戻ってき
たのに合わせて、枝に残しておいてくれました。当初は金曜日にと
言うことでしたが、親戚の方の農作業の助けに出ないといけないと
いうので、土曜の夕刻になりました。さくらんぼの木の下でコー
ヒーを飲みながら話をして、さくらんぼ狩りをするというのを、こ
の忙しいときに取り計ってくれました。

日中は結構な温度で外に出ていられないほどでした。もちろんこの
方はそんな中で一日仕事をしてきたのです。夕刻は外に出るのに
ちょうど良い気温です。最上川を挟んだ街に住んでいますが、この
方の農地は向こう側です。橋を回って土手の近くのご自分のさくら
んぼのきの下に、簡易の特設ベンチを用意してくれていました。
座ったとたん一面緑のジュータンが目の前に迫ってきました。

ふたの付いているアラビカ種のブラックで無糖の缶入りコーヒー
を、こんなものでと言われて差し出してくれました。夕闇が迫る中
でいただくには最高のものです。炒りたての温かいコーヒーではそ
の場に合いません。夏のキュウリ畑での日中のきつい仕事の話、何
度も刈り取らなければならない雑草取りの話、冷たい缶コーヒー
は、一日の労働をした者が口にするものです。

今日は気持ちの良い風が吹いていると言って、最上川の氾濫の歴史
を語ってくれました。今は堤防と土手ができているので以前のよう
なことはないが、それを超えるほどの雨が一気に降ったときにはこ
の地帯は5メートル近くの水位になると言うのです。そんな洪
水のためにあたりには家は建っていません。一面の緑のジュータンで
す。5メートルの水に覆われたときの状景を何とか思い描こう
としました。あまりにも静かでそんな過去を感じさせないのどかな
のです。しかし洪水の歴史を背負った人たちです。夕闇に吹く風が
そんな歴史を語ってくれます。

暗くなる前にと、取って置いてくれたさくらんぼの実を刈り取りま
した。もぎ取りながら口に入れてみました。最後まで木に残された
果実の持つ円熟した甘みが伝わってきます。 最高のさくらん
ぼをいただくことになりました。高いところはこの方が脚立に乗っ
て採ってくれました。 こんな小さな果実でこれほどの甘みを
口に届けてくれるさくらんぼが、「小さな恋人」と呼ばれて全国に
届けられています。その産地でしかもその木の下で、小さい粒に
いっぱいの甘みをため込んで待っていてくれたさくらんぼをいただ
きました。贅沢な恵みです。

薄暗くなるまでさくらんぼの木の下で話し込みました。おそばを食
べに行きましょうと、そば好きな私のことを覚えていてくれまし
た。食べながら、この方が以前に、自分は村上春樹はダメだけれ
ど、チェーホフは好きだと言われたのを思い出しました。同人誌に
小説を書いています。そしてその村上春樹が新刊『1Q84』で
チェーホフを一つの複線として用いていることを話しました。何と
も言えない結びつきです。しかしそんな結びつきとは関係なしに、
しばしチューホフ論を論じてくれました。

村上春樹では訳の分からない世界に引き込まれてしまうので、訳の
分からない世界にいる自分は何とかそこから抜け出したいので
チェーホフに惹かれるというのです。チェーホフを目指して小説を
書いていると言います。ロシア正教会を背景にしたチェーホフの世
界でキリスト教を捉えています。

話は尽きそうにないのですが、8時半には目をしょぼつかせて
いました。いつもはこの時間には寝ていると言います。そんな自然
の流れの中で最大限に生きている人といると、不思議にすべてが豊
かになります。そしてどうしても、「地の基を定めたとき」(ヨブ
記38:4)に帰って行きます。

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中