「過去を書き換える」2009年8月17日(月)

神学モノローグ

これは、例の『1Q84』のもうひとりの主人公である、かつて
数学の神童と言われ、今は予備校で数学を教えながら小説を書いて
いる青年が、10歳年上のガールフレンドとの会話で述べてい
ることである。多少変な状況で、それでいて形而上学的な内容を
語っている。その過去を書き換えるためには、ここではない世界が
必要であるという。過去はそのままでは今までの積み重ねで、その
記憶で押しつぶされてしまう。その過去が書き換えられることで現
在も変わってくる。そのためにはここでない世界に自分がいなけれ
ばならない。そんな小説を書き出しているという。

そのここではない世界には月が二つあったり、リトル・ピープルが
いたり、空気さなぎのようなものが積まれたりしている。そこでは
また、読字障害(ディスレクシア)を持った子供だけが世界を読む
ことができる。だからといって特別にどこか全く別の空間とか時間
とかのことを言っているのではない。ここでの世界でありながら、
いつの間にかここではない世界が挿入していたり、何かの拍子にこ
こではない世界に舞い込んでしまうような世界である。となればそ
れは当然1984年のもう一つの1Q84年である。

それで小説『1Q84』は10歳の時のことを書き換えるこ
とになる。30歳の青年にとっては20年前のことである。その
10歳の時の体験が青年の心の隅に巣くっていて、それが彼の思いと
行動のすべての軸にまでなっている。そのことに少しずつ気づき、
また自分がここではない世界にいつの間にかいることに気づいてい
く。そんなパラレルな世界が不思議に現実味を帯びて展開してい
く。そのようにして10歳の時のことが書き換えられていく。
それが現在に意味を持ち、現在を変えていく。

そのここではない世界とは、すなわち、私たちの過去を書き換え、
私たちの現在に変化をもたらす世界とは、神の国を信じ、期待して
いる者が当然いただいている世界である。声を大きくして言いた
い。それでもそれは、私たちの言葉や概念では表現しきれない世界
である。私たちの読字技術では解読できない世界である。それでイ
エスはたとえでしか語ることができなかった。たとえなので身近な
ことで分かった感じでありながら、たとえを超えた分かりきれない
世界でもある。ただイエスが父なる神とのみ共有して、御霊によっ
てのみ知ることのできる世界である。

それでいながら、私たちのただいている聖書理解は、自分たちの読
字技術ですべてが解読可能なものと思わせる。聖書の文字を論理的
に、整合的に体系づけることで、ここではない世界が手に取るよう
に分かったように思わせる。そこで出てきた命題に基づいてどのよ
うに信仰者としての歩みを整えていくのか、その手引き書ができあ
がる。それですべてが解決したように思わせる。すべてがここでの
世界のことになる。神学の作業と教会の事業となる。すなわち、ど
のように信仰生活をうまくやっていけるか、どのように教会を大き
くすることができるかということが関心事になる。

それでいながら、傷ついた過去はそのまま残っている。それに振り
回されている。どんな処世術をいただいても過去から逃れることは
できない。現在をどんなに整えようと思っても過去に引きずられて
しまう。過去に失ったものでいまでも苦しめられる。それが満たさ
れることを生涯求めている。そしてそんなことはすべて、信じて救
われたたことで解決しているように思わされている。そのように教
会で教えられる。

聖書は過去を書き換えられた物語に満ちている。ダビデにしてもパ
ウロにしてもとんでもない過去がありながら、「母の胎」や「アダ
ム」に立ち返ることで、ここではない世界からの恵みをしっかりと
いただいている。過去が書き換えられて今をしっかりと生きてい
る。とてもしっかりと生きている。むしろはるかにまさって生きている。

アウグスティヌスの『告白』は、自分の過去を思い出しながらその
過去の記憶から、記憶を支配しておられる神の創造の世界に入って
いる。ここではない世界の恵みがアウグスティヌスを生かしている。

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中