「秋田、秋桜、秋刀魚」2009年9月20日(月)

ウイークリー瞑想

 ダラスを発って、シカゴ経由で成田に着きました。秋田までの切
符を手配したのですが、新幹線「こまち」はどれも満席ですという
返事でした。それで、「こまち」と連結して走る八戸行きの「はや
て」で盛岡まで行って、そこで「こまち」に乗り移ることはできま
すかと尋ねたら、それでは一席だけ空いていますと言うこと
で、 金曜日の遅くに多少雨模様の秋田の石川教授宅に着きま
した。ダラスを出て24時間以上経っていました。

 次の日、すなわち、土曜日は気持ちの良い秋の空が迎えてくれま
した。昼においしいラーメンを食べて、少しドライブをしましょう
と言うことで、北に向かいました。家を出てすぐにコスモスが気持
ちよさそうになびいていました。別名「秋桜」と言われているとお
り、秋の到来を告げる花です。コスモスに出会うのを楽しみにして
きたのですが、でももう咲いているのかという驚きに自分が驚きました。

 八郎潟の近辺を通っていると、稲穂は早くも色づいています。茶
色かかった黄色の絨毯が一面に敷かれている感じです。ダラスまで
の何もない荒地のようなところを延々とドライブしてきたので、豊
かな実りの秋に突入して戸惑いました。まさに「秋の田」に降り
立った感じです。能代から穏やかに晴れ渡った海岸線に出てドライ
ブをしていると、ローカル線の代表格のような五能線が並行して
走っています。トンネルから抜け出るのを待ちかまえている写真家
の姿も見えます。秋田はまさに美しい秋の敷物です。

 連休初日の秋晴れの中を豊かな時をいただきました。その日の秋
の実りを締めくくるように石川夫人が夕食にサンマを出してくれま
した。ふんわりと焼き上がった「秋刀魚」はまさに秋の魚です。私
の体には夏の労働の熱がまだ残っています。でもこの一日で秋の劇
場に招き入れられていることを目と肌と胃で感じました。24
時間以上の旅をして豊かな空気の漂う空間に入れられました。

 そんな秋に満ちた秋田の教会に、来年の春の日本での奉仕を皮切
りに、夫婦で多少長く滞在するように招かれています。いつもはワ
ンポイント牧師として招かれました。そのワンポイントをもう少し
長く滞在できませんかという問いかけから、そんな可能性が生まれ
てきました。その背後に昨年の春に妻のルイーズを招いてくれて交
わりをいただいたことがあります。私より妻を呼んでくれているの
です。それでも私なりにミニストリーとしての日本での働きを秋田
の教会を中心にして継続することと捉えています。すなわち春と秋
に夫婦で秋田の教会に滞在して、今までのような旅を必要最小限に
縮小して、短期宣教師というか、協力牧師として奉仕をすると言う
ことです。

 秋田の教会はこの15年以上無牧のままです。近くの顧問牧
師が月一度礼拝の奉仕をされてきました。それ以外は教会員の証を
中心とした礼拝を守ってきました。そんな忠実な姿勢を主は見逃す
ことはありません。そんな教会にミニストリーの形体を少し変えて
奉仕できるのは導きのように思います。 実際には何かをする
と言うより、そんな教会の歩みの次の段階の足場を築ければと願う
のみです。 当然妻の前向きな姿勢が後押しをしてくれています。

 そんな方向をいただきながらこの秋の日本での奉仕が始まりまし
た。今日は全国から秋田に医療関係者が40名ほど集まります。EMF
の40周年記念シンポジウムがあります。その基調講演で「医
療関係者における霊性のこと」について話すことになっています。
「霊性と身体性」という方向で話をまとめられればと願っていま
す。秋の深まりとともに恵みの深みに共に入ることができればと
願っています。

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中