「ミニストリー理事会」2010年8月9日(月)

 過ぎる金曜日の午後1時から、みくにレストラン・ローズビ
ル店で、今年度のミニストリーの理事会を持ちました。このレスト
ランの創業者の荒井牧師のご厚意によります。理事は5人です
が、八木沢ご夫妻が親戚の葬儀で、義父のライオン宣教師夫婦は健
康上の理由で来ることができませんでした。

 それで、ミニストリーの事務所をご自分のビジネスのオフィスの
一角に提供してくれているロブさんご夫妻と、荒井先生と、私たち夫婦の
5名で、すでに荒井先生によってオーダーされていた天ぷらと、みく
にの自慢ロール、ジャパニーズ・マフィア、ハッピーロール、レイ
ンボー、フェアオークスをおいしくいただきながら、それぞれの近
状を分かち合いました。ふたりの妻たちは向かい合って孫たちの話
をしていました。

 それにしてもすし職人が自作のロールを作り上げ、お客さんに
よって淘汰されていったものが何百とメニューに載っています。
オーダーしてくれた上記の4つのロールはよく出ているようで
すが、特にジャパニーズ・マフィアと名付けられたものは息子さん
の創作によるもので、一番出ていると言うことです。刺身のおいし
さに、特製のソースがうまく絡み合い、寿司飯の食感にマフィアと
名付けられる独特な辛み添えられていて、癖になりそうです。

 議題はなるべく詳細に記しておきます。読んでいただくだけでこ
の1年の活動を把握していただけることを心がけます。会計報
告もすでに税務署に出しているものを基にしていますので、一読し
て分かるようにしています。この3月に出た『父よ、父たち
よ』にかかわるセミナーと雑誌の記事のことは、ロブさんと荒井先
生にはそれぞれインタビューをしたものが本に載っているので、よ
り身近に感じてくれました。

 次の課題として、ヨナ書おけるヨナの怒りについて関心を持って
調べていることを、活動報告の一つとして載せました。どうしてこ
のテーマに関心を持っているのか、手短に説明をしました。そうし
たら、荒井牧師が自分は長い間神様に怒りをもっていたと話してく
れました。穏やかな、物静かな、この方がレストランの創立者かと
思われる物腰の柔らかい、決して怒りなどもっていないと思われる
荒井牧師の口から出てきた言葉に、不思議に真実みがともなってい
ました。

 ロブさんは、その前の週にオフィスで起こった出来事を話してく
れました。私はその時はいなかったのですが、名前を言われれば誰
か分かります。ひとりの方が数人の会合の途中で怒りだしたと言う
ことです。信仰を持っていてそんな感じの人でもないのですが、怒
りまくったようです。ロブさんは責任者としての対応と同時に、ク
リスチャンとしてどのようにその人を生かしていくことができるの
か祈りながら求めていると言うことです。

 という私自身も、最近ある人の怒りを直接に受けることになりま
した。どうしても納得できないことが続いたので、多少その人の怒
りを誘い出したところもあります。この人は、普段は逆に、人のご
機嫌を取るような振る舞いをしているので、居合わせたもうひとり
の人はショックを受けていました。怒りをぶつけられて言われたこ
とは、想像もしないことです。そのことを話そうかと思いました
が、もう少し時間が経ってからと思って出しませんでした。

 しかし、ヨナの怒りに関して思いがけなく理事会のテーブルで、
語られることを待っていたかのように出てきました。誰の心にも似
たような怒りは溜まっています。そして語られるのを待っているの
です。そのための場を提供するのがミニストリーの役目なのかも知
れません。そんなことを分かち合いながら、理事会を終えました。
来年は何と20周年を迎えます。

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中