「牧師按手礼」2010年9月27日(月)

 過ぎる土曜日の午後にフォレストヒルの山の教会で、すでに数ヶ
月説教をしている、スラッツお婆さんの孫にあたる方の牧師按手礼
式がありました。昨年から数名の牧師候補者が交代で説教してきま
したが、この春に最終的にふたりの中から選ばれました。彼の説教
を聞きながら、教会の方々が徐々に霊的な反応を示してきました。
そのプロセスで、彼がアフリカ系であるということで数組の夫婦が
去っていきました。当初彼の髪型に文句を言っていた役員も、今で
はそれは問題でないという霊的な受け止め方をしています。

 過去何人もの牧師が来て去ってきました。残されるのはいつも信
徒です。牧師は来て、思い通りに行かないと去っていきます。その
度に傷を残していきます。来る牧師の経歴や、一二度の説教を聞い
て、この牧師だったら大丈夫だろうという期待を持って動き出すの
ですが、どうもうまくいかないのです。牧師エゴのようなものが出
てきます。問題を解決してあげて、教会を大きくしあげるという思
いが強く、そのために自分の思い通りのプログラムを進めていきま
す。信徒はそのための素材に過ぎなくなります。その辺を教会の方
はしっかりと見抜いていきます。

 今回はじっくり時間をかけて行きましょうと言うことが、教会の
了解事項となりました。そのなかでスラッツお婆さんのお孫さんも
説教をしているというので、サンフランシスコ郊外から2時間
かけて月2回ということで来ていただくことになりました。当初は
講壇の埋め合わせという理解でした。しかし彼の語ることに信徒が
霊的な反応を示してきました。新しい方も加わるようになってきま
した。教会は今までのことで規模は小さくなっているのですが、霊
的な弾みを持ってきています。

 昨日の礼拝メッセージはマタイ福音書11章の終わりの「す
べて、疲れた人、重荷を負っている人は、私のところに来なさ
い。」の箇所からでした。3回連続の2回目になっていました。こ
の箇所を何度も読んで思い巡らしていることが分かります。キリス
トのところにしか心満たされることはないことを実感しています。
それは高みからの説教ではないのです。聞いている人と同じ姿勢で
の語りかけです。それでもしっかりとメッセージが伝わっていきま
す。自分は大丈夫で、信徒は駄目だから教えてあげるという感じは
ないのです。聞きながら納得できるのです。会衆が熱心に耳を傾け
ていることが分かります。

 スラッツお婆さんのお孫さんといってもすでに50代の半ば
です。正式に神学校で学んだわけではないようです。それでも説教
のポイントをしっかりと捉えています。自分の語っていることを聖
書の他の箇所からも引用して裏付けもすることができます。それも
わざとらしさはありません。自然の結びつきで、そのまま心に入っ
てきます。霊的な杭のようなものが心に残っていきます。心にしっ
かりと打ち付けられるものがあって、それをたよりに信仰の歩みを
続けたくなります。パート3を聞いてみたくなります。

 私たちはしばらくぶりにこの教会の礼拝に出ることができまし
た。終わって新しいカップルに挨拶をしたら、逆に私たちが初めて
かと聞かれました。学校の関係で移った若いカップルも来ていて、
再会を喜び合いました。この山の小さな教会がこれからどのように
なっていくのか、期待を持って祈るのみです。何かうちから湧いて
くるものがあるのです。牧師に引っ張られるのでも、不熱心な信徒
だと叱られることもなく、ただ神にのみ期待できるのです。

 10月4日(月)にLAを発って日本に
向かいます。11月9日まで奉仕をします。その間日本で
も教会とこの牧師夫婦のために祈っていますと伝えました。彼も私
の奉仕のために祈っていると言ってくれました。それは、単なる牧
師辞令ではなく、それぞれ遣わされた者同士の神への信頼と期待を
表すエールの交換です。

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中