「ヨナ書とエレミヤ書と秋田の教会」2010年10月31 日(日)

 約4ヶ月ぶりに秋田の教会に戻ってきました。紅葉はどうも
足踏みをしてしまって、もしかしてこのまま錆び付いて、枯れてし
まいそうです。夏の猛暑の影響でしょうか。しかし、教会は新しい
牧師の招聘を確認しつつ前進しています。前回滞在の時に生まれた
赤ちゃんは6ヶ月経ってかわいい女の子になってきました。

 ヨナ書からメッセージを語りました。ヨナがどんなに神に怒った
としても、ヨナを通しての神の目的は果たされています。そのため
にヨナは用いられただけだとも言えます。ヨナが怒ろうが、叫ぼう
が、嘆こうが、それは神には関係ないのです。神はニネベへの目的
のためにヨナを用いただけです。というようなことは私たちにも起
こりうるように思えて仕方がありません。神の目的のために私たち
は用いられるだけです。その意味では神に翻弄される人生です。

 春に秋田の教会の皆さんと8回にわたってエレミヤ書を学び
ました。偶像と罪に汚れた神の民へのさばきです。バビロンに逃げ
て捕囚の民として生き残ることを告げるエレミヤの嘆きと苦悩の預
言です。バビロンのネブカデネザル王もイスラエルの民を保護しま
す。最後に王は使者を使わして、エレミヤにバビロンに下ることも
エルサレムに残ることも自由に任せました。私たちだったらその時
にどんな選択をするだろうかと参加者と話し合ったことを思い出し
ます。石川さんや私はやはりバビロンに行くことを選ぶだろうと
なったのですが、鈴木さんという、今日の礼拝の司会をしてくだ
さった方は、その時には自分はその場に留まるだろうという返事で
した。そんな楽しい学びの時を思い出しました。

 神は預言者であるヨナにいきなりニネベへの宣教を命じます。預
言者は神の民のための預言者です。異邦人への宣教は考えられない
ことです。ですから逃げたのも当然と言えます。それでも逃げ切れ
ないでニネベに向かいます。「もう40日すると、ニネベは滅
ぼされる。」と言うと、王を初め町中の人が悔い改めを始めそうに
なります。そこでヨナは不愉快になって神にかみつくのです。

 ニネベはアッシリアの首都です。アッシリアの後にバビロン帝国
になります。そこにエレミヤを通して神の民が「残りの者(レムナ
ント)」として保護されます。神はバビロン帝国を神の民の生き残
りの道として用いたのです。そのための先駆けとしてニネベへの宣
教がなされたと言えます。ヨナにはそんな先のことは隠されていま
した。ただ神の民の預言者としての使命に燃えていたのです。

 秋田の教会は、聖書を学び信仰を持った多くの人たちを各地に送
り出しています。何人かの医師たちもいます。その人たちを通して
さらに神の福音は他の人に届こうとしています。その先は見ること
ができません。今与えられている使命に励むだけです。それで神に
文句を言いたいこと、叫びたいこと、怒りたいことがあってもいい
のです。神に怒っても神は傷つくことはありません。むしろ神との
パイプは広がっていきます。

 結局自分の使命に励むだけです。思い通りに行かないことが多く
あります。それで怒りがでてきたらヨナを思い出して神にその怒り
をぶつけるだけです。明日は湯沢で数名の牧師と静まりの時を持ち
ます。その後は秋田、青森経由で北海道に入ります。

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中