「決して戻ることのない旅」2010年12月28日(火)

 今年は自分の家にいたのが数えるほどの日数でした。1月に
3週間日本で奉仕をし、春には2ヶ月半秋田の教会で短期宣教
師として奉仕をし、秋に5週間日本で奉仕をしました。それに
加えて、昨年のクリスマスに義父がバイパス手術をして以来、両親
のところに滞在することが度々でした。この12月は、3
年続きで上沼ファミリーのクリスマスをシカゴで持ってきました。
そしてこの年末は、JCFNのイクイッパー・カンファレンスに
後半部分参加して、父親のテーマでワークショップを持ちます。今
は、両親のところに工事が入っているために、近くの妹夫婦のとこ
ろに滞在しています。

 両親も安定しているので、年が明けて家に戻る予定です。それで
も1月後半から2月にかけてまた3週間日本に伺う
予定です。まだ旅は続きそうです。それでも帰れることのできる自
分の家があるのです。それはなんと言っても感謝なことです。どん
なに旅が続いても、枕が変わっても、多くの人にお世話になって
も、それでもいずれは自分の家に帰ることのできると思うだけで、
精神的な安心をいただきます。なんと言っても自分の住処なので
す。自由に手足を伸ばし、勝手な時間に起きても誰にも遠慮する必
要はないのです。誰でもない自分の場です。私だけの空間です。

 そんな旅の続きのこの年を振り返っていると、帰ることのない、
決して戻ることのない旅を人生とすることになったら、どんな人生
観を持つことになるのだろうか、どうでも良いことのようなのです
が、よく考えてみると神の民がアブラハム以来歩んできた道である
ので、考えさせられています。そして考え出したら、そのような旅
をし向けている神の思いがなんなのかというところにまで来ていま
す。というのは、どこかでしっかりと自分の住処を確保すること
が、人生のあるべき目標になり、それを確保することが精神的な安
定をもたらすと思い、思わされているからです。さらにそうするこ
とが神の目的でもあるかのように思っているからです。

 神の民は今に至るまで、自分の故郷を出ていくというか、追い出
されて放浪の旅をしています。ホロコーストが語っています。そん
なことを経験した民は、持ち運びできないものには価値をおきませ
ん。しっかりと持ち運びできるもの、それは教育です。身に着けた
教育と技術と技能は世界どこででも通用します。そんな生き方を現
実に見せられ、神の民の価値観に驚かされました。帰ることのでき
る家があるならば、そこを自分の城のように堅固なものにします。
誰にも犯されない自分の領域です。ギリシャの都市が城壁で囲まれ
ているのはその証です。今は法律で守られています。その守備内を
身体的にも物質的にも経済的にもより確かなものにしようとしま
す。そうすることが生き方になっています。そうすれば自分の人生
は大丈夫だと思っています。そうすることが信仰の証ように思って
います。

 この一年住所不定のような生活をしてきました。時々友人がどこ
に郵便を送ったらよいでしょうかと聞いてくださいました。電気代
とかの支払いも旅先で何とかすませてきました。同時に多くの人の
お世話になり、また親しい交わりもいただきました。それでも心の
どこかにはいずれ帰ることのできる家があると独り言のように自分
に言っているのです。そうすることで精神的なバランスを得ている
のです。しかし神の民のように、決して戻ることのない旅が自分の
人生だとすると、信仰自体も随分変わってくるのだろうと想像しま
す。信仰者としての望みが明確になるのかも知れません。そのため
に後ろのものを忘れ前のものに向かってからだを伸ばしつつひたす
ら前進していることでしょう。

 年末年始を迎えると繰り返しの時間のなかにいるような感じにな
ります。多少の変化がありながらも新しい年もわが家が安泰である
ことを願います。しかし神の民の決して戻れない旅を受け入れる
と、水平に延びている時間のただその先にあるものを見据えて歩む
ことになります。その向こうにある希望を信じる信仰がそうさせる
からです。

上沼昌雄記

広告

「受・肉」2010年12月7日(火)

 57年間続いた雑誌『恵みの雨』がこの12月で休刊に
なりました。その知らせを聞いて残念に思うのと同時に、戦後まも
なくから今に至るまで多くの恵みを雨のように注いでくれたことを
感謝しています。何らかのかたちで復刊されることを願っています。その
12月号の付録ディボーションガイド「恵みの雫」でローマ書の後
半、8章以降を書かせていただきました。光栄なことです。その8
章の始まりの1-3節で、すなわち、12月1日分に
なるところで、「受肉」のことが取り扱われています。奇しくも
12月に入ってローマ書からクリスマスの意味を取り扱うことになり
ました。

 3節で端的に言っています。「肉によって無力になったため
に、律法にはできなくなっていることを、神はしてくださいまし
た。神はご自分の御子を、罪にために、罪深い肉と同じような形で
お遣わしになり、肉において罪を処罰されました。」パウロが受肉
をことの他に大切にしていることが分かります。

 先週届いた雑誌「クリスチャニティー・ツディ」のタイトルが
「イエス対パウロ」となっていました。普通この時期はクリスマス
に関したことを取り扱うのですが、イエスとパウロの比較になって
いるのでより関心を持ちました。イエスは神の国の福音を語り、パ
ウロの福音は義認論が中心であり、違いがあるのかどうなのかとい
うものです。記事を読んだのですが、「初めに義認論ありき」でパ
ウロを捉えている上での議論ですので、何か無理をして調和させよ
うとしているように思えます。この前提自体がもっと問われて良い
ことです。

 歴史的にプロテスタントは、その信条が語っているのですが、救
いは十字架から始まると理解しています。宗教改革によって明確に
なったキリストの十字架の贖罪による義認です。キリストに関して
は、おとめマリヤより生まれ、神であり、人であると宣言されてい
るだけです。その続きで初めて、私たちの罪のために十字架にかか
りとつながっていきます。救いは十字架を中心に理解されます。ク
リスマスはキリストの誕生日で終わってしまいます。

 これに対して初代教会の信条では、二ケア信条にみられるよう
に、御子は私たちのために、私たちの救いのために、肉をとり、人
となられたと明記されています。救いは受肉から始まるのです。そ
の上で十字架と復活に続くのです。それは明らかにパウロの受肉の
理解に近いのです。クリスマスは肉の弱さを思いみて、その上であ
えて肉を持って御子を遣わして下さった神の愛を味わうときです。
お祭りではないのです。

 これは単なる形式的な違いに留まらないで、「肉」の意味合いの
違いをもたらすと言えます。プロテスタントでは、「肉」は救いの
視点から外されて、単なる罪深いものとして切り離されています。
それは義とされた者が、のちに神の恵みによって聖さに預かってい
くなかで、少しずつ肉の生活から離れていくことによって解決され
るとみているのです。義認に続いて、聖化と栄化が必要なのです。
どちらかというと人間主導の救いです。しかしとても精神的なのです。

 これに対して初代教会では、そしてパウロにおいては、「肉」は
初めから救いの対象に含まれています。肉の弱さは神の視点に初め
から取り込まれているのです。肉の弱さはさばきの対象ではなく
て、神の愛の対象です。肉の持つ弱さを神は知っておられるので
す。その同じ肉の姿で御子を遣わし、その肉で罪を処罰されたので
す。その処罰に私たちも預かっているのです。パウロがキリストと
ともに死に、葬られたと言っていることです。そして復活で新しい
からでよみがえるのです。受肉・十字架・復活の全体が救いの意味
を語っています。それは神主導の救いです。しかしとても身体的な
のです。

 私たちは肉の弱さを認めても、義とされて、救いをいただいてい
るのだからと言って、何とか肉の弱さを乗り越えようとします。乗
り越えることが出来ると思い、そのように努力をします。そのため
の手引き書がこれでもかこれでもかと言って出てきます。形を整え
てこれで肉の欲は押さえ込むことができ、肉の弱さを解決できたと
思いこんでしまいます。それでも肉の欲が思いがけず顔を出してき
て驚かされます。肉の弱さがそんな手引き書をかいくぐるように出
てきます。

 それに対して、肉の弱さが初めから救いのなかに繰り込まれてい
ると理解すると、神の救いの豊かさを高めることで肉の弱さが覆わ
れていくことを感じます。肉の弱さを責める必要はありません。救
いの豊かさが内側から溢れてくることを願うのです。キリストがう
ちに住み、御霊が内なる人を強くして下さることを願うのです。肉
の弱さを神の愛で受け止めることができます。自分の弱さも人の弱
さもさばく必要はありません。だからといって罪を犯していいとは
ならないのです。パウロも言っていることです。

 肉はじっとしてはいません。いつもうごめいています。 肉
は絶えず変化します。迷います。肉は要求します。飽くことがあり
ません。肉は満たされることを求めます。暴力をもふるいま
す。 肉は醜さを抱えます。残虐にもなります。肉は痛みを覚
えます。振り舞わされます。肉は老います。時間を乗り越えること
はできません。肉には終わりがあります。限りの予感のなかにいます。

 クリスマスは、この肉の弱さ、肉の欲、肉の痛み、肉の醜さ、肉
の終わりを覚えるときです。「受・肉」に含まれている神の豊かさ
があるからです。

上沼昌雄記

ミニニュース:末松牧師とローザンヌ伝道会議

今週届いたクリスチャニティー・ツディの中程に、この10月
に南アフリカのケープ・タウンで開かれた第3回ローザンヌ伝
道会議のニュースが載っています。その1ページ目の全面にあたる
位置に、大きな会場でテーブルごとに別れて話し合っているのです
が、その一つのテーブルで楽しそうに討論している友人の末松隆太
郎牧師が写っています。その前に載っている記事を興味を持って読
み終わって、数頁めくったら顔見知りの方の写真が飛び込んできま
した。雑誌が別の世界に入ったのかと一瞬思いました。よく見たら
紛れもなく末松牧師です。会議に行かれる10日前に岐阜の山
の麓で奥様も入れて一晩語り合っていましたので、時間が戻った感
じをいただきました。それは鈴木健之牧師ご夫妻の黙想の家での静
かな語り合いの時でした。

末松牧師が他の代表者の方と何ともうれしそうに語り合っていま
す。ノートを持って語っているのです。伝道会議から決められた
テーマが出ていたのでしょうか。それともそんな規則を飛び越えて
伝道、牧会のことを分かち合っているのでしょうか。実はこの時期
に同じように参加されていた米内宏明牧師の教会で説教をしまし
た。その折りに毎日のように米内牧師より会議の話し合いの内容を
要約したメールをいただいていました。随分内容の濃いものを話し
合っていると思いました。ですのでそのテーブルの会話の内容も大
切なことを語っているのでしょう。

末松牧師は一度お会いすると、普通の牧師とは違った印象を受けま
す。牧師としての繕いよりも、その人そのものが動いているという
感じするのです。何も分かっていないように振る舞うのですが、実
際には物事をじっと見つめています。自分の周りに起こるものを静
かに受け止めています。どうにもならない不条理さを一心に身に
負っています。何かぼろぼろの怪物がそこにいるような感じもする
のです。この牧師の前で繕う必要を感じさせません。こちらもその
ままで出る以外にないのです。不思議にこちらまで外の鎧が崩れて
ぼろぼろにされます。

一晩の語り合いの場に招いてくださった鈴木牧師を通してでなけれ
ば、末松牧師とは親しくなることはなかったでしょう。それこそ鈴
木牧師の大きく開かれた手が結びつけてくれました。不思議なこと
に末松牧師の神学校の卒業論文が「闇」に関してでした。言葉の手
前でうごめいているどうにもならない闇にすでに若いときに気づい
ておられたのです。今でもお一人でその闇を神の光をたよりに旅を
しているようです。私も自分の旅をしています。お互いに結構違っ
た方向で井戸を掘っているのです。しかしどこかで、近いうちに、
深い水脈が通じて、どのような旅をしてきたのかお互いに納得する
ような気がしています。

アメリカの教会の代表的な雑誌に友人の牧師の顔を見つけて、自分
もそれに参加しているような感覚をいただいています。末松牧師の
グローバルな活躍を信じています。前任者のフレンド宣教師をとて
も大切にされてこられました。

上沼昌雄記 2010/12/04