「Mikuni Kaizen」2011年8月17日(水)

 3ヶ月の旅を終えて家に戻ってきましたので、報告もかねて荒井先生に電話をしました。また一緒に食事もしながらお話しをしましょうということになりました。いつもはローズビルのみくにレストランでお会いすることにしているのですが、そのローズビルのフリーウエイを挟んだ反対側に新しいお店で9号店ができましたので、そこでお会いしましょうとなりました。そのお店の名前が Mikuni Kaizen と聞いて驚きました。

 電話口でその Kaizen とは?と聞いてみました。レストランなので「改膳」であってもいいのですが「改善」ですと、申し訳なさそうに説明をしてくれました。誰が付けたのですかという問いに、今このビジネスを引き継いでいる息子さんたちであるということです。何時かその名前を付けてみたかったということです。それはまさにトヨタのモットーではないですかと電話口で返事をしたのですが、何とも興味深くなりました。

 一昨日の月曜日の昼に Mikuni Kaizen を訪ねました。近くに大きなショッピングモールがある、その道向かいにできた新しいショッピング街のなかにあります。トレンドな感じの町作りを心がけているようで、Mikuni Kaizen もそれにマッチするように、屋外にもテーブルが備えられています。すでに荒井先生は店内で待っていてくれました。レストランというより、多分パブに近い作りになっているようです。買い物と散歩がてらに気楽に入ってこられるようになっています。

 創業者の荒井先生に敬意を表すかのように、最高級の一品料理が次々に用意されていました。勿体ないほどの舌触りです。メニューにはみくにレストランの代表的なロールが記されています。そして今まではなかったうどんとかラーメンとかカレーも載っています。明らかに単なる食べさせるお店ではないことが分かります。そこで一服し、話し込んで、また買い物と散歩の続きができる雰囲気です。新しい生活スタイルにフィットするような感覚のお店です。

 Kaizen をグーグルで検索すると英語で5ページほどの解説が出てきます。トヨタのモットーでもあると記されています。みくにレストランと荒井先生とは22年前にこちらに移り住んでからお付き合いをさせていただいています。その頃荒井先生ご夫妻は、教会とレストランで死にものぐるいで働いていました。私もペンキ塗りの仕事をしていて、真夜中にみくにのロゴを壁に描くこともさせていただきました。当時高校生であった息子さんたちが立派に跡を継いでいます。その最初の1号店の時から、お店の雰囲気を上手に変えて、お客さんを飽きさせないようにする、そんな感性を荒井先生が持たれていることに感心してきました。

 それでもサクラメント近郊とデンバーにまでお店が出てきて、正直みくにレストランはこれからどうなるのだろうかと、素人ながらに思っていたのですが、この Mikuni Kaizen の登場で、驚いたのと同時に納得もしています。改善をしながら、ビジネスとして前進し続けていくのです。それがなければ生き残ることもできないのです。それはレストランでもビジネスでも、そして教会にでも当てはまることなのです。神学にも当てはまります。聖書は変わることはないのですが、神学は前進していきます。

 その Mikuni Kaizen でこの8月27日(土)の昼に、ミニストリーの20周年の記念会をすることになりました。ここでいたしましょうと荒井先生が勧めてくださいました。私はみくにレストランの進展を外から眺めているのですが、荒井先生はミニストリーの理事としてこの20年関わってくれています。それでもミニストリーの中身はよく分かりませんとも言います。そうであってもこの20年お互いに守られ、祝福されてきた実感があります。20周年の記念誌の手書きの原稿に「残り火を消さず」と付けてくれました。まさに与えられた使命を明確にしつつ、改善し続けていく作業はミニストリーとしても、責任として与えられているのです。

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中