「コスモス・秋桜」2011年9月26日(月)

 このところ朝晩はめっきり肌寒さを感じるようになりました。この乾燥しているカリフォルニアでは、日中太陽が上るとTシャツで十分ですが、朝晩は長袖が必要です。妻の両親の面倒があって季節の移り変わりを楽しむ暇もない感じですが、確かに夏は終わり秋になっています。サンフォゼでグラフィック印刷をされている方からいただいた卓上の9月のカレンダーにコスモスが散りばめられています。残暑がまだ厳しいときにはそんな絵にも心が動かされなかったのですが、肌寒さを感じるようになってそのコスモスの絵に自然に心が向いていきます。日本語で秋桜と書くコスモスが日本に招いてくれています。

 月が変わって10月の初めに日本に入ります。着いてそのまま関西方面での奉仕に向かいます。岐阜の可児というところで可児黙想の家を提供してくださっている牧師ご夫妻の計らいで、4組の牧師夫婦と私で一泊のリトリートを持つことになっています。特にアジェンダがあるわけでなく、夫婦としてのあり方を多少見直し、分かち合うときとしています。この牧師ご夫妻が奥様のご両親の家を手入れして黙想の家としているのです。住宅街の外れなのですが、その先はうっそうとした林になっています。この牧師の庭いじりの趣味が本格的になって、庭が見事に手入れされ、その先に色とりどりの木が植えられています。黙想の家にふさわしい風景が目の前にあります。

 一方の隣は空き地になっていて、その垣根のところにコスモスが植えられています。植えられているというのか、自然にそこに咲き出したのか、何度がお訪ねしていますが、いつも秋にはそのコスモスが迎い入れてくれます。立ち止まってじっと眺めて、心が静まる思いがします。今回は大阪の隠れ家で一泊して、次の日にこの黙想の家に向かいます。そのコスモスが咲いているのか、まだなのか分からないのですが、手入れされている庭の外れの垣根に沿って、観てくださいと主張しているわけでもなく、観られなくてもへそを曲げるわけでもなく、ただコスモスとしての自分の存在を静かに楽しんでいるようなそんな風情に心が惹かれます。

 秋の日本の奉仕の旅は、このコスモスに思いがけないところで出会います。滞在先のお宅の窓を開けたらば目の前にコスモスが楽しそうに咲いています。農家の庭の外れに申し訳なさそうにここに居させてくださいと訴えているようにコスモスは咲いています。風に揺られて気持ちよさそうにコスモスが揺れています。もう秋も深くなってどんよりとした空模様に色とりどりのコスモスが季節の名残を示しています。コスモス畑があり、花屋さんの店頭で売られているコスモスがあるのですが、ここは自分の居場所でないと訴えています。やはり誰にも見られていないようで、しかも自分の居場所を確保してコスモスはしっかりと咲いているのです。

 ミニストリー20周年の記念誌が出来上がりました。製本も終わりました。45名の寄稿者がそれぞれの視点で書いてくださり、豊かなものになりました。お届けするのが楽しみです。

上沼昌雄記

広告

“「コスモス・秋桜」2011年9月26日(月)” への 1 件のフィードバック

  1. 主の導きに感謝しています。
    コスモスの美しい描写のエッセイを読ませていただきました。
    黙想の家での豊かな時間と出会いを祈っています。
    23日の先生のご来会を楽しみにしています。

    何年か前に、先生が栄にこられたときの闇と光のメッセージの印象が深く残っています。
    わたしは療養中であの時礼拝堂に行くことができなかったのですが
    インターネットを通して何度も何度も聴きました。
    ダビデのうめき、パウロのうめきを語ってくださいました。
    あの静かなメッセージかとても印象に残っています。
    あの闇の本はすばらしいと思います。

    自分のうめきにも向き合う契機となり
    そのことで光を少しずつもらってきました。

    やっと上沼先生にお会いできるのだなと感謝な気持ちで10月を迎えています。男性集会の祝福も祈っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中