「私は結婚して以来怒っていました」2011年10月10日(月)

過ぎる水曜日に雨の成田に降り立ちました。夕闇迫る東京を経由して、そのまま雨上がりの大阪にたどり着きました。新大阪まで車で出迎えてくださり、大阪の隠れ家にしてくださいという友人宅に夜遅く入りました。もったいないほどの広々とした寝室で旅の荷をほどきました。

次の朝時差ぼけがありながらも、晴れ上がった秋の空のなかを新幹線で名古屋に出て、そこから中央線の特急で二駅の多治見を経由して、ローカル線で岐阜の可児に降り立ちました。駅で日向ぼっこをしながら可児黙想の家の主の来るのを待っていました。あの垣根の脇のコスモスに出会えるのを楽しみにしていました。垣根の向こうの空き地に到着したときにすでに二組の牧師夫婦が来ていました。その車の先に気持ちよさそうに風に揺れているコスモスが待っていてくれました。ここに心を置いてゆっくりしてくださいと言っているようです。

四組の牧師ご夫妻と、牧会上のことでも教会のことでもなくて、夫婦としてただ自分たちのことを語り合い、それを皆で分かち合う、それだけをしました。前日の雨が嘘のように晴れ上がった秋空の下で、手入れの届いたお庭と、黙想の家を提供してくださった牧師ご夫妻の心のこもったおもてなしで、それぞれ心がゆるめられたようで、隠すことなく真実の分かち合いが出てきました。牧会上のこと、人のこと、それは結構良く話をしているのですが、自分たちのことは避けているのです。いつも妻に言われます。四組の牧師夫婦たちも似たような課題を抱えています。

教会員の話は聞いていても、妻の話は聞いていないのです。妻も話すことをあきらめていることもあるのです。それ以上に本心を話すことを互いに恐れています。何が出てくるのか分からないからです。出てきたら責任をとらないと行けないのです。厳しいことです。しかしそれは神とのかかわり、祈りにも通じています。

9名が膝をつき合わせながら、これ以上ないと言うほどの新鮮な刺身で巻き寿司をいただきました。行き届いた黙想の家の牧師ご夫妻の配慮と犠牲にただ頭が下がる思いです。それを使命としっかりと受け止めておられます。夕食の片付けを奥様たちがしている間、男性だけが残されてしまった状況もあって、自然に畳の部屋に移動して男性集会となりました。片付けを終わったご婦人たちも自然に2階にあがられて女性集会となったようです。

翌日の午前は分かち合ってくださった夫婦にどんな質問もして良いという時を持ちました。コメントは一切しないで質問だけです。質問をするほうも似た思いや経験がありますので、遠慮なしに深みに入っていきます。真実の吐露を経験することになりました。昼食後、栗拾いをしてそれぞれ帰路につきました。このご夫妻と名古屋市内の東海神学塾に伺い、チャペルの奉仕をさせていただきました。そしてそのままこのご夫妻の教会に戻ってその晩も泊めていただきました。

次の日の朝、祈りが終わって朝食をいただくときに、すでに10年近く前このご夫妻との交わりが再開した初めの頃に、この奥様が「私は結婚して以来怒っていました」と言ったのを覚えていますよねと、おもむろに話し出しました。良く覚えている出来事でした。その前に行かれたセミナーで思いを語るように言われて、出てきた言葉なのです。そのご主人は皆の前で突然そんなことをいわれ、天地が動くほどのショックを受けていました。その時はその理由を奥様もあまり語ることをされませんでした。その背景を何と10年近く経って、語り出したのです。普段はむしろ寡黙な奥様なのですが、語り出すととてもしっかりと語ってくださいます。

その怒りの中身についてはすでにご夫妻の間で解決しています。それは大きな祝福を私たちにももたらしています。その恵みに預かっています。ただその言葉が静まりのセミナーでどうして出てきたのか、その背景を語ってくれたのです。それはご主人も初めて聞くことでした。そのご主人に説明するように、そして私を信頼して、この時とばかりに話してくれたのです。10年ほど前にこのことがお二人の間で出てきて、一時は険悪な状態になりそうなその時の情景を思い出しながら、そしてこちらを信頼してくれて語ってくださったことに、何とも言えない重みを感じます。その重みは、このご夫婦がしっかりと受け止めている、生きていくための責任でもあります。

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中