「ア・プリオリとしての啓示」2011年10月28日(金)

6週間の日本の旅の中間点で故郷前橋に立ち寄りました。前橋在住でかつて大村晴雄先生のゼミにご一緒させていただいた元群馬大学教授の小泉一太郎氏と一昨日、宇都宮に101歳になられた大村先生をお訪ねしました。5月にお会いしてから骨折をされ、寝たきりと言うことで心配をしていましたが、顔つやも良く、食欲もあるということで安心をしました。ベットを45度ぐらいに起こして対応してくださいました。

すでに目は見えないのですが、耳元でしっかりと話せば通じます。お話しも注意して聞けば聞き届けられます。イラク戦争に行った息子のことを覚えていてくださったり、日本ではどこまで行くのかと聞いてくださったり、友人で一度先生を訪ねた方のことを尋ねてくださったり、小泉氏の奥様の手製のおまんじゅうを美味しそうに召し上がったり、その様子はいつもとは変わらないものです。

ひとまず話が終わって、大変興味があったので、大村先生に聞いてみました。毎日ベットにいて退屈しないですかと。にこりと笑って、ヘルパーさんによく聞かれるが、退屈しないというのです。昔勉強して覚えている文章を思い出して、そこのことを思い巡らしていると、新しい発見をするというのです。いまは「ア・プリオリ」のことを考えているとうれしそうに言います。考えることが仕事だからと当然のように付け加えます。

それはカントのいうア・プリオリのことでしょうかと伺いましたら、おもむろに「上沼君、それはヨハネ福音書のはじめの<初めにことばありき>に結びつくのかね」と、真顔で聞いてこられました。一瞬返答に困ったのですが、「先生はそのように考えられているのですか」と聞きましたら、「そのように考えている」と言う返事でした。

ア・プリオリ、経験する前にすでに与えられているもの、哲学者を悩ますテーマ、しかしよく考えてみるとすでに経験する前に所与として与えられているもので人も世界も成り立っていること、あまりに当たり前で見逃しているもの、それゆえに哲学者が見逃さないで考えている課題、そんなテーマをベットに横になりながら思い巡らして、退屈することはないという大村先生の姿勢にただ圧倒されるだけです。

そのア・プリオリをヨハネ福音書のはじめの「ことば」に結びつけてみる大村先生の研ぎ澄まされた信仰を感じます。代々の哲学者が考え抜いたア・プリオリは、すでにことばであるキリストのうちに、キリストを通して所与として与えられているという、信仰の卓越性です。理性とは隔絶しているようで、理性を生かす信仰の超越的先行性です。もう一度目が見えるようになって、いままでしてきた聖書研究会をしたいと言われます。イザヤ書を数年来学んでおられます。

ア・プリオリと言われて、カントのことですかと伺ったのですが、大村先生はキリストを通しての神の啓示の世界を観ているのです。それは先生も含めて誰もが考えついたものではなくて、ただ神から与えられたものです。信仰と経験以前に与えられているものです。私たちの向こうにあって神が示された奥義の啓示です。まさにア・プリオリとしての啓示に大村先生は思いを向けています。厳粛なことです。

いつものようにお祈りをさせていただきました。その終わりに大村先生は「アーメン、アーメン」と声を振り絞って鳴り響くように神に語りかけました。信仰者としての最大限の応答をされました。その響きは天に届き、心にしっかりと染み込んでいます。

上沼昌雄記

広告

「「ア・プリオリとしての啓示」2011年10月28日(金)」への7件のフィードバック

  1. 上沼先生へ

    主の導きを感謝いたします。
    大村先生との出会いを読ませていただきました。ベッドのなかにいてもみずみずしい感性で神様のことを仰いでおられる先生の様子が伝わりました。大村先生を慕う上沼先生の尊敬の心も美しいとおもっています。

    先生と御挨拶できました。光栄でした。御奉仕の間も親しく教会の方々と交わりお声をかけておられた姿が印象的でした。
    あのあと、『父よ、父たちよ。』という本を読んでおりました。海兵隊の息子さんでしょうか。お父さんである先生のことを尊敬してそのことを書いた序文を読んでさわやかな気分になりました。

    10月27日早朝、品田与志栄先生が天に召されました。
    29日に葬儀がありました。計り知れない喪失です。
    いつも静かに謙遜にでもまっすぐに神様に向き合っておられました。
    教会員のそばにそっと寄り添う先生の姿、うんうんとよくお話を聴いておられた姿が思い起こされます。
    今も教会で品田先生の姿をつい探してしまいます。

    葬儀の時に集った方々ににこやかに静かに感謝の挨拶をしていた道代先生のお姿がこころにのっています。コスモスのきれいな季節に先生は静かにそっと天に昇っていかれました。

  2. 吉川恭子さん
    お会いできて感謝です。その後すぐ品田先生が召されました。その前の土曜日に末松先生とお見舞いに行くことができました。何か品田先生らしい最後のように思います。
    末松先生の牧会のなかで皆様が成長されている様子を知ることができました。
    吉川さんの日々の歩みが守られますように。
    秋田での奉仕を終えてこれから北海道に向かいます。
    祈りつつ。上沼

  3. 大村教授とお会いしたこともなければ、授業を受けた事もありません。
    しかし上沼先生が伝えて来る大村先生の言葉は”殆ど身体に直に応える”のです。
    この言葉はエリ・ヴィゼールの『夜』の序文に書かれているフランソワー・モーリヤックのものです。
    「ニーチェの叫び声は、ほとんど身体に直に応えるひとつの現実の表現であった。」からの抜粋です。
    前回に書かれた上沼先生が大村先生に伺った言葉「ヘーゲルは哲学の文献に過ぎない、、」は直に僕の身体に伝わりました。
    いやっ~~~~~しかし困った先生だわ!
    エルンストン・ブロッホによれば「人間がそれに当感させられ、しかも正しく当感させられる」そうですが、正直まいってます。
    自分に置き換えたら、絶対に言えないだろう言葉に、約1週間本から離れて過ごしたのです。
    やる気が失せたというか、考えさせられたが正直な感想で、ブロッホいわく正しく当感させられたのです。
    「ヘーゲルは哲学の文献に過ぎない、、。」僕なら口が裂けても言えない言葉です。
    実際フーコーのコレージュ・ド・フランスの講義録全巻を5年掛かって読破し返し読みしては論文を書き上げている方として、いったい俺は何だ?ということになってしまったのです。
    ドゥルーズもこれにしかりで研究者としては、まいったな〜〜が本音であります。
    当然、大村先生と僕じゃ断層以上の差異があってしかりなのですが、研究者としてこれを先輩から言われると当感してしまうのです。
    ヘーゲルと聖書が同等であるとの質問の返答に差異を表明するのは僕も薄々わかっておりました。
    じゃあっフーコーのコレージュ・ド・フランスの講義録が文献に過ぎないとは僕には言えないのです。
    崇拝しているに近い感覚というか、ともかく呑み込まれている方としては脚をフランスには向けて寝られない姿勢であるのです。
    そこへ今度はジジェクがサブカルチャー(以降サブカルと略)引っさげて登場してくる。
    彼の書いた『身体なき器官』はサブカルの宝庫です。
    それでいて聖書解釈を十二分に果たしている。
    この哲学書は聖書だけ読んでいたのでは到底理解不能な難書であり奇書であるのです。
    それで前回、ド石頭の牧師じゃ100年かかっても理解できないと書いたのです。
    今回このレスに「村上春樹とサブカルチャー、上沼昌雄は何を見た!」と題して載せようかと思いましたが、それは次回に回します。
    今後の聖書解釈に重要なサブカルの問題に対して話しが長くなるからです。
    でも重要!!!!

    僕に取ってのフーコーとドゥルーズは先生です。
    6歳年上のジジェクは先生ではなく同級生です。
    互いの哲学的な概念上の影響というより、「同時代」によるものなのでしょう。
    彼の書いている事は僕の言いたかったことであり代弁者であるのです。
    ですから同級生なのです。
    まあっしかし、大村教授は凄い先生です。
    僕と距離があり会った事もなく差異もあるのに正しく当感させてくるなんて本物なのでしょう。
    キリスト教の中には沢山の偽予言者が多くいます。
    上沼先生はそれが誰かをご存知でしょう。
    弟子でもない、教え子でもない何処の馬の骨とも分からない野郎を遠隔操作で当感させるなんて凄すぎてます。
    しかし正しく当感させられたからこうして勉学に勤しんでこられたのでしょう。
    前回の「日本にはモダーンはない」の発言から6万册の蔵書と格闘してある回答をジジェクから見つけ出したのは大村教授のおかげです。
    弟子じゃありませんが、影響は多大です。

    で、今週のお薦めは、、、、マルコ・アギニスの『マラーノの武勲』です。
    トーマス・ピンチョンの最新刊を買いに出かけたら偶然見つけた掘り出し物でアルゼンチンの巨匠アギニスが書いた異端審問はリアルです。
    文学だけとしてではなく、アギニスはかなりマラーノを研究して調べているので研究資料としても読めます。
    というか、この本は限りなくマラーノの研究書であるのです。
    かなり前のブログで、ボルヘスの名前があがっていて驚きました。
    上沼先生はラテン系の文学なんて読まないと思っていたからです。
    僕の場合、サンタナの大傑作アルバム、ラテンロックの最高峰『アブラクサス』をiPodでヘヴィーロテーションで流しながら3日で一気に読みました。カルロス・サンタナのデストーションが効いたギターとグレック・ローリーのねばっこいハモンドオルガンとチェピート・アレアスのためが利いたパーカッシブなパーカッションにマイク・シュリーヴの技巧的な熱いドラムスがアギニスのラテン感覚と微妙にマッチして久々の良書に巡り会ったのであります。ラテン国家のフランス思想への傾倒といい、ブエノスアイレスやコロンビア、ボゴタにクロード・レヴィーストロースが潜んだ南米の未知の信仰はまさに神秘的でアグレッシブで想像をかき立ててくれます。
    ベーメ、十字架の聖ヨハネのドイツ勢の神秘も良いですが、ラテン信仰の神秘も棄てたものじゃありません。
    それらにマラーノの絶対的ユダヤ信仰が加わると日本人には理解不能でしょうが、僕にはこれが良くわかる。
    血の気の多い18代目の江戸っ子としてラテンと共通する何かがあるからなのかもしれません。
    時にセーヌ左岸のボヘミアンになってみたり、ナチ攻略時のフランスレジスタンスに思いを馳せ片棒担いだり、アウシュヴィッツの深淵に入ったり、フェミニズムへ多大な興味を示したり、16世紀の神秘主義を垣間みたり、初代サーファーのジーザースと一緒にサーフィンしたり、鎌倉の文学者達の彷徨える亡霊に接したり、日本におけるボサノヴァの研究や先ほど東大駒場の教室でぶっこいたマイルス・デイヴィス論(ビッチーズ・ブリューとアガルタの解釈)を講じたりと忙しくカメレオンする私ですが、僕にはアギニスの言いたい事を理解しています。
    500ページの大作で迫力ある文体は読み応えがあります。
    教えておかないと、あとで「伊東さんは僕には教えてくれなかった、、。」と僻まれるので伝えておきます。
    上沼先生の為にもう一冊買おうとしたら在庫がなくって「補充しておきます。」と店員さんは言ってました。
    多分、知り合いが近日中に買いにくるのでお願いしますと伝えておきました。
    10日前のことです。
    新宿紀伊国屋本店の1階正面から入って一番奥の突き当たった外国文学の本棚の目の位置に補充されているでしょう。
    補充された1冊は上沼先生の為にだけあるので、他の皆さんは買わない様に注意してください。
    アマゾンでも買う事はできます。
    版元は作品社で定価は4800円、十分読み応えあります。
    アルゼンチンで発禁処分を受けた『逆さの十字架』と『天啓を受けた者ども』(現在読破中)も中々の力作です。
    私は当分、ラテン贔屓だわ!

    それでは、、。

  4. マルコス・アギニスの『天啓を受けた者ども』を今朝読み終えました。
    それにしても凄い!壮絶な一言。
    アマゾンの内容紹介では東大ラテンアメリカ文学の野谷文昭さんが村上春樹の『!Q84』に通じるものがあると解説してますが、アギニス読んだら村上春樹の『1Q84』が幼稚に見えて来るのです。
    大体『!Q84』は書き過ぎ!やり過ぎな部分が多くて1度読めば十分だったのです。
    春樹さん、ちょっと書き過ぎたかな?と僕は思っておりました。
    それに引き換えアギニスの『天啓を受けた者ども』はスーパーリアル!
    村上春樹にアギニスのような反骨精神が備わっていれば、もっと『1Q84』もリアリズムだったのでしょうが、あの性格からしたら、、、、、。
    まあっ、日本とアルゼンチンじゃ、社会的な情勢も違うし置かれた立場も違うでしょうからね!
    ともかく、これを読んで日本は平和だと確信しました。
    ラテンの血統の凄まじさって信仰にも表れているので凄いな!と見ておるのであります。

    是非一読を!

  5. 伊東さんへ
    その本を買いに11月9日(水)に新宿紀伊国屋に行きます。
    そこで3時に出版社の人と会うことになっています。
    その前の2時半頃に1階に行きます。
    また会合が終わって4時半頃にも行きます。
    「マラーノの武勲」を楽しみにしています。
    上沼より 2011/11/05

  6. それでは、僕も11月9日に新宿紀伊国屋に4時半頃うろちょろしています。
    教会建立の件に関しても伺いたいことがあるので、夕食などご一緒できればと考えております。
    ちなみに新宿紀伊国屋は新宿通りの本店であります。
    以前の様に行き違いのない様にしたいと思います。

    伊東禮輔

  7. 伊東さん
    4時半ごろ、それでは行き違わないように。
    7時16分、東京駅から隠れ家に向かいます。
    その間、楽しみにしています。
    上沼

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中