「1Q84を英語で読む」2011年11月21日(月)

日本での奉仕の間に『1Q84』の英訳が出るという情報を末娘からもらった。10月17日付の英国の放送局BBCのインターネットの記事であった。先に英国で発売され、一週間後の10月25日に米国で発売されるという。訳者は同じであるが、どうも英国版と米国版があるようであった。発売される前からすでにニュースとして取り上げられていた。ともかくアマゾンを通して注文を出した。妻が両親の面倒のために滞在していたので、そちらに発送していただくようにした。

11月15日に両親のところに辿り着いたらば、何と義父が自分で取り寄せて1Q84を読んでいた。ブックマークの位置からすでに100ページ以上は読んでいるようであった。妻曰く、一生懸命に読んでいる。正直驚きであった。義父が村上春樹の本を英訳で読んでいるのである。日本語版でブック3までのものが米国版は一巻にまとめている。A5版で925ページの分厚いものである。それに取り組んでいるのである。早速自分のところに届いている1Q84を取りだしてみた。

義父が読んでいることも刺激になってともかく最初の文章を読んでみた。The taxi’s radio was tuned to a classical FM broadcast. Janacek’s Sinfonietta―probably no the ideal music to hear in a taxi caught in traffic. 読みやすいというか、この最初の文章でおよそ2年前に日本語で読んだ1Q84の世界がよみがえってきて、そのまま読み続けることになった。いままでいくつかの作品の英訳を試みたが先に進めなかったが、今回はのめり込むように英語での1Q84の世界に入ることになった。あの女性主人公の青豆が1984年に流行っていたミニスカートで高速道路から非常階段を降りていくのだ。そして1Q84の世界に入っていくことになる。

多分日本語では流すように読んでしまうところを英語ではセンテンスごとに確認をするように読むので、気づかなかったこの複雑なストーリーの織物の糸が明確になってくる。当然すでに何度か日本語読んでいるので全体の流れが分かっているのであるが、どうしてこのストーリーがここで出てくるのか、よりその糸の繋がりが分かってくる。現時点では184ページまで来ているが、最後の925ページまで行くことになるのだろうか。以前には見落としていたような織り糸が見えてきて、それに引き寄せられて最後まで行くのかも知れない。

それにしてもこの米国版は何とも楽しい装丁をしている。最初に気づいたのはページ番号である。下ではなく横に置いてあって、その位置がページごとに異なっていて、しかも見返りのページが逆さに置かれている。それがあるところからはその配列が逆になっている。そこにそれなりのパターンがあるのかも知れないが、1Q84の世界をそのまま語っているようである。さらに表表紙は女性、裏表紙は男性の顔がある。ふたりの主人公、青豆と天吾を表している。そのモデルのカラーの顔写真に1Q84の白い大きな文字が練り込まれている。それに透かしカバーが付いていて、その1Q84の練り込まれたところに顔写真の切り取られたところが付いていて、透かして顔全体が浮かんでくるようになっている。裏表紙も同じ仕掛けである。アメリカ人の遊び心の表れと言える。英国版の表紙はもっとオーソドックスで暗い。

ただ中表紙は表も裏も暗い空に浮かんでいるふたつの月である。表紙で遊んでいるようであるが、中では1Q84を象徴するふたつの月が白黒でまとめられている。真剣なのである。そのふたつの月はブック1と2と3の区切りにも置かれている。表紙はカラーで浮かび上がらせ、中は白黒で沈み込んでいる。装丁で1Q84の世界を表現しようとしている。

月がふたつ、2年前に日本語で読んでいたときに、隠れ家の主と交わした合い言葉であった。月がふたつの世界があるのだと繰り返し語っていた。あり得ないと思うことがあるのだ。信仰者にとっては当然のことであると真剣に語っていた。その姿が浮かんでくる。ヤナーチャックのシンフォニエッタが昼時にかかってきたこともあった。

ミニストリー20周年の記念誌に学生時代下宿が一緒だった方の記事に、その方が音楽を聴いていたときに「キリストの他に慰めがあっていいのか!」と言ったことに、隠れ家の主はいたく共鳴され、上沼さんもかつては原理主義者だったのだと分かって安心をしたようである。それがいまでは「月がふたつ」を合い言葉にすることになっている。

この秋に雑誌『リバイバル・ジャパン』で村上春樹についての対談が4回にわたって掲載された。それにさらに文章を加えて単行本にと言う話がある。その付け加えた文章のタイトルを「村上春樹の世界と聖書」としてみた。そんな結びつきが可能なのか、村上春樹の本が世界中で読まれている現象を見ながら考えている。特に1Q84の英訳がどのような反応を起こしていくのか見極めていきたい。なにしろ日本への宣教師であった89歳の義父が読んでいるのだ。

上沼昌雄記

広告

“「1Q84を英語で読む」2011年11月21日(月)” への 2 件のフィードバック

  1. きょう村上春樹さんの本を初めて買いました。『村上春樹、河合隼雄に会いにいく。』という本です。村上春樹という人を上沼先生を通して注目するようになりました。、村上春樹が小説を通して井戸掘りしていく様子、そしてまたその物語が多くの人々の心の井戸掘りにつながっていく様子、個人の井戸掘りが日本の歴史の井戸掘りになっていく様子を興味をもって見ています。そして自分も井戸掘りの作業をゆっくりしています。自分が生まれる前のこと、戦争のこと、もっともっと前のことも自分に関係しています。
    日本では先週、オウム事件に関わる裁判が終わりました。新聞が紙面を裂いて書いていました。この事件とはなんだったのかということが明確にならないまま裁判が終わる‥と書いてありました。歴史の闇を掘っていくこと、逃げないでむきあっていくことが暗闇に光を届けていくことかもしれないと思っています。

  2. 吉川恭子さん
    河合隼雄と村上春樹の見事に息のあった対談で感心しています。井戸掘りをふたりとも認めています。ゆっくり時間を掛けて井戸掘りする以外にありません。そうしたらオウム事件は誰にも結びついてくるのでしょう。それを小説で書くことで、村上春樹は自分の井戸掘りをしているのでしょう。それが世界中の人にも通じているのです。吉川さんもゆっくり井戸掘りをしてください。
    もうまもなく12月です。お元気でいてください。
    上沼昌雄

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中