「聖書的礼拝・聖書的聖書研究?」2011年12月19日(月)

昨日は妻の両親の教会の朝9時の礼拝に出席して後、思うことがあって、一人でチャック・スミスのカルバリーチャペルの11時15分からの第3礼拝に出席しました。どちらも聖書的な礼拝、クリスマスをめざしているのですが、その何とも言えない違いがどこから来ているのか、確認したくなったのです。

その時間になるとチャック・スミスが講壇に立って、歓迎の挨拶をして、最初の賛美を力強くリードして、祈りを導きます。ただこれだけで礼拝が一気にしまります。84歳になる彼の声は力強く、賛美も澄み切って、天に届くようです。そしてメッセージまで自席に退いています。その間の賛美も豪華なもので、一流のミュージシャンの織りなすものですが、決してエンターテイメントではありません。主を讃えるという思いが貫かれています。見事としか言えません。

献金の時に男性ソロで歌われた賛美にはっとさせられました。シカゴの中村佐知さんのブログで、神学モノローグ「パウロの観たクリスマス」を読んで思い出した歌があると言って紹介してくれたのが、Mary, Did You Know…?です。まさにそれが歌われていたのです。調べてネットで聞いていたので、気づいたときに驚かされ、感動しました。このクリスマスの時に、御子が私たちのために苦しみを受けるために生まれたと、マリアと共に告白するのです。

そのまま出てきたチャック・スミスは、実は日曜の夕拝で学び続けているエレミヤ書21章8節の「いのちの道と死の道」を引用して、メッセージのテキストであるヨハネ福音書の10章の「良い牧者」に結びつけて、いのちに至る道を解き明かしていきました。その晩の学びがエレミヤ書21-25章ということで、一昨年秋田の教会でしたエレミヤ書の学びを思い出して、何とも聞いてみたくなりました。

それで妻を誘って夜7時からの聖書研究に参加しました。2000席以上ある会堂の3分の1近くの出席者です。その聖書研究は、何と短いコメントを挟んで21章から25章までをチャック・スミス自身が読んでいくだけと言えば言える、それだけの学びです。一言ももれなく全部読むのです。所々で説明を入れるのです。単調になってしまうのではと思うのですが、聖書朗読も説明もチャック・スミスは何とも楽しそうにしているのです。その語調は変わらないのです。ただ読んでいるのではなく、それ自体がメッセージになっています。5つの章全部を、説明を加えながら1時間かけて読むのです。周りを見回してみると、会衆はまさにエレミヤ書の真ん中に導かれているようです。

帰りの車の中で妻と話しながら、互いに不思議な感覚に包まれていました。そのエレミヤ書の5つの章の流れが生き生きと残っているのです。それでいて新しい発見があるのです。チャック・スミスの説明はその記憶を助けてくれます。楽しそうに説明し読んでいる彼の声がいつまでも心に残っています。チャック・スミスはただ、創世記から黙示録までをこのように今に至るまで何度も繰り返しているだけです。彼の聖書理解には全面的に納得できないものがありますが、そんなことを越えて神を讃え、みことばに耳を傾ける豊かな時をいただきました。

上沼昌雄記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中