「DV」2012年3月26日(月)

こちらのテレビ番組で、Dr. Phil というカンセリングをそのまま聴衆の前で行っているのを見せるものがあります。まさにDr. フィルが、難しいというか複雑な問題を持った人たちとステージで語り合いながら、問題点を明確にし、方向を示していくもので、結構人気があるようです。この一、二週間の間で、二つのケースを取り扱っているのを観ることになりました。他人事のようなのですが、ここの女性たちが観ているのに加わってみたのです。

二つとも Domestic Violence DV, 家庭内暴力のケースです。一つは夫が妻と子どもに暴力を振るってきたケースで、もう一つは妻が夫とその母親に暴力を振るってきたケースです。最初のケースは背筋が寒くなる思いがし、後のケースはただ悲しい思いがしました。思い出す度にその感情がよみがえってきます。それにしても、確かにどちらも極端な面もあるのですが、それを隠さないでテレビにまで出してくると言うのは、文化の比較をしようがないので分からないのですが、やはりアメリカなのでしょうか。しかし、見えないところでは日本でも深く浸透いるように思えて仕方がありません。

最初のケースで、Dr. フィルが何とか夫の心の中に入ろうとしているのですが、上手にというか巧みに逃れて、妻のせいにしているのが分かります。もちろんその妻もそんな夫の暴力を許してしまう面があるのですが、そこに冷徹に入っていくこの男性に多少手こずっているようでした。しかし、この男性が、妻の連れ子のお嬢さんに手を出し、それもそのお嬢さんのせいにしていたときには、Dr. フィルもかなりあからさまに怒りを出してこの男性を非難していました。

そんなやり取りを観ながら、スコット・ペックの『平気でうそをつく人たち』の本を思い出していました。決して自分の虚偽を認めないで、すべてを他人のせいにしてしまう邪悪さ、自分の虚偽を認めるぐらいなら死んだほうがましだと思う傲慢さ、そんな冷徹さをこの男性のうちに感じて、背筋が寒くなったのです。スコット・ペックは、そこに悪の根源のようなものを認めています。そのような人はどこにでもいて、どこででも出会う人だと言います。教会でも、牧師のなかでも。

最近よく取り上げているイギリスの新約学者のN.T. ライトが、実は2006年に「Evil and the Justice of God 悪と神の義」という本を書いていて、そこでもスコット・ペックのこの本が取り上げられています。神の義はどうなっているのだろうかと、鋭い問いを投げかけ、イエスの神の国の福音との関わりで、真剣に取り上げています。もしかして、表面上は教会に行っている家庭内でも起こっていることだからです。

二番目のケースは、この女性のどうにもならない怒りが夫に向けられ、その母親にまで向けられてしまったのですが、Dr. フィルは優しく巧みに、この女性の家庭環境、すなわちその両親の間のことにまで触れていくのです。そして紛うことなく、その父親が母親に暴力を振るってきたのです。当然その子である、この女性にも暴力を振るっていたのです。同席していたこの女性の母親に、Dr. フィルは遠慮なく聞いていきます。あなたはどちらの側に立っていたのかと。当然この女性は母親にも深い怒りを持っていたのです。

そして、ただ夫にその怒りを向ける以外なかったのです。加害者であるこの女性は被害者でもあるのです。何とも悲しい思いにさせらます。それでも、Dr. フィルはこの女性に、もしあなたがこの悪の連鎖を断ち切らなければ、あなたの子どもたちが同じことをし、同じことを受けることになる、どうしますかと優しく促すのです。当然それは厳しいことです。離婚のことにまで遠慮なく触れていきます。このような番組はまさにアメリカ的なのでしょうが、問題は日本でも深く潜伏しています。ほんの一部だけが表面化しているだけです。しかも私たちの内部でも起こっています。そのままにしておくことはできません。

すでに十戒で言われている、父の咎を3代4代まで受け継がせてしまう罪の性質を断ち切る作業が求められます。今までの生涯に積み重なってきたことで、大変な決断が求められることですが、それをしなければ悪はさらに増大し、浸透していくのです。まさにキリストの愛と赦しで、悪の連鎖を断ち切る厳しい務めが求められます。イエスが主の祈りで赦しを語り、実際に自分を十字架にかけた人たちの赦しを父なる神に願ったのです。この赦しの福音を浸透させていく責任があります。たじろぐと同時に、厳粛な思いにさせられます。

上沼昌雄記

「病院の待合室」2012年3月22日(木)

義父の40日間の高圧酸素治療が昨日無事に終わりました。後半は私が1時間近くドライブして連れて行くのが仕事になりました。カプセルに入っているのが2時間ですのでその前後3時間近く待合室で過ごすことになります。といってもそこにいつでもいるわけでなく、カフェテリアで過ごすこともあります。実はここは、妻が6年前に入院したセブンスデー・アドベンティストの病院です。日本では東京の荻窪にある衛生病院がその一つです。私たちのふたりの娘はそこで生まれました。

ここは隣に医学部がありますので、この関係の中心的な存在のようです。LAから南東に下ってこの先は砂漠地帯になる手前にリバーサイドという町がありますが、その隣のローマ・リンダという、この大学と病院とその関係の信者の町ともいえるところです。病院の入り口の壁には、医師の後ろに立っているイエスの絵が描かれています。キリストにある救いを総合的に捉えています。菜食主義で健康に深く配慮しています。というか体と心を切り離しては観ていないことが分かります。ただカフェテリアで困るのは、レギュラーコーヒーを置いていないことです。

2年前に父はこの病院で前立腺の治療を受けています。その治療のためには全国から患者さんが来ていて、その家族とも滞在できる施設も併設されています。その治療で前立腺は完治したようなのですが、その場所からの出血が出てくるようになって昨年のクリスマスには家の近くの病院に入院しました。そこはカトリックの総合病院です。そんなことが2度ほど続いたので、妻が調べて、その主治医の許可ももらって、ローマ・リンダのセブンスデーの高圧酸素治療をこの1月から始めたのです。素人理解ですが、酸素を体中に時間をかけて染み込ませることで、体の内部の傷をいやしていく治療で、父の体も以前より回復しているようです。頭脳もより明瞭になっています。

この部門の専門医も何人かいて、父の治療の可能性を認めて受け入れてくれたのです。その部門にはNephrology/Wound/Infectious Diseaseとタイトルが付いています。担当医も技術者も、患者を一人の人格としてみています。私は今回は運転手に徹したのですが、医師とのアポイントの時には母も妻も一緒に来て、医師との会話を楽しんでいたようです。それはほんのちょっとしたことなのですが、患者も家族もホッとできることで、こちらの心をも委ねることができるのです。それは、妻が入院しているときにも感じました。忙しい医師や看護師や技術者たちなのですが、その心は患者さんとその家族に向けられています。他者への深い配慮です。

その配慮はイエスがこの地に下られ、人びとの間で向けられたものです。病人をいやされたのも、山上の説教をされたのも、湖の上を歩かれたのも、神の国のたとえを話されたのも、この地に新しい創造が始まったことを示すためでした。それは神の私たちへの変わらない配慮です。その意味で、イエスのいやしは今でも現代の医療技術とともになされています。イエスの時代だけで終わったと取ることはできないのです。イエスは、きのうもきょうも、とこしえに真の救い主でいやし主です。

先のカトリックの病院もよく配慮されています。それでもどこかで体と心は別々に取り扱われている感じは否めません。ローマ・リンダのセブンスデーの病院では、体を取り扱うことは心を取り扱うことでもあると見ているようです。それだけ心の面を特別に配慮しているような雰囲気はないのです。しかし不思議に、取り扱われているように感じるのです。神がイエスを遣わし、イエス自身も自分の使命として受け入れていたことは、そのようなものだったのでしょう。毎日3時間近くも待つことが苦にならなかったことも、父の高圧酸素治療が終わって何かミスしているような感じになっているのも、そういうことなのかも知れません。

上沼昌雄記

「和解の旅」2012年3月14日(水)

一人の神学者が、ニューヨークの国連本部の国際朝食祈祷会で「和解」のテーマで話を始めた。その初めに、ホロコストの生き残りのユダヤ人詩人パウル・ツェランの「死のフーガ」を引用した。強制収容所のことを歌ったもので、アウシュヴィッツの後には詩はあり得ないというアドルノの言葉を覆すことになった詩である。

夜明けの黒いミルクぼくらはそれを晩にのむ

ぼくらはそれを昼にのむ朝にのむぼくらはそれを夜にのむ

ぼくらはのむそしてのむ

ぼくらは宙に墓をほるそこは寝るのにせまくない

ひとりの男が家にすむその男は蛇どもとたわむれるその男は書く

その男は書く暗くなるとドイツにあてておまえの金色の髪マルガレーテ

かれはそう書くそして家のまえに出るすると星がきらめいているかれは口笛を吹き犬どもをよびよせる

かれは口笛を吹きユダヤ人たちをそとへよびだす地面に墓をほらせる

かれはぼくらに命じる奏でろさあダンスの曲だ

ユダヤ人に自分たちのダンスの曲を奏でさせながら、自分たちのために穴を掘らせることを命じるドイツ人の男とその愛人の金色の髪のマルガレーテ、詩はその焼かれていく死体の灰をかぶった灰色の髪ズラミートを登場させ、そのふたりの女性の対比で終わる。マルガレーテはゲーテの『ファウスト』に登場する女性であり、ズラミートは旧約聖書の雅歌に登場する「シュラムの女」(6:13)である。

この神学者は相反するふたりの女性を対比させることで、あり得ないと思われる「和解」を語り出す。自身クロアティア人として、セルヴィア人との間で繰り返された1992年から95年の民族独立の紛争で弟を失う経験を通して、不可能と思われる「和解」が、キリストの死と復活によって、なの現在において不可避であると語る。しかし彼の話は、同時多発テロで中断された。9/11の朝のことであった。

 レヴィナスをして、ホロコストで神義論の終焉を宣言させたあとに、なお「和解」が可能なのであろうか。民族の粛正を経験した後に、なお「和解」が可能なのであろうか。この神学者は、そのためにこそ、キリストが私たちのために十字架にかかり、よみがえられたためではないかと言う。紛争の後の1996年に『排斥と受容 Exclusion & Embrace』という本を書いて、そのメッセージが伝わってきた。前回紹介したN.T.ライトの『悪と神の義 Evil and the Justice of God』で紹介されて知ることになった。そのライトは悪に対する神の勝利は、私たちの「赦し」の行為のうちにさらに実現されるためであると、あの綿密な聖書研究の結論のように言う。

 何か自分のなかで長い間し残してきたこと、触れないでそのままにしてきたこと、クリスチャンとして、奉仕者として、ミニストリーを導く者として、袂を分かつことになったこと、排斥し、排斥されたこと、顔も見たくないと思う人、生涯架けて恨みを晴らしたいと思うこと、そのまま闇に葬っておきたいこと、何故に信仰を持っているのか問われること、そんなことがそのまま触れられないで、うちに積み重ねられたままであることに気づく。

キリストが私のために死んでよみがえられ、そこに罪と悪と死に対する勝利が示されているとすると、通らなければならない「和解の旅」が待っているようである。それ抜きでは、クリスチャンである意味はないかのようである。パウロが「和解の務め」(2コリント5:18)と言って、引き受け、受け継いだものである。どれだけ真剣に捉えるかに、教会とキリスト教の存続がかかっているというのは、言い過ぎだろうか。

上沼昌雄記

「悪と、神の義と」2012年3月6日(火)

東北大震災からまもなく一周年を迎える。被災された方々がいまだ不自由な生活をされ、いまだ多くの行方不明者を抱えている現状に心を痛めている。遠くにあって被災地の復興を祈るのみである。滞在先に届くこちらの雑誌でも一周年の記事が載っている。その一つのクリスチャニティー・ツディー誌では、気仙沼の教会の嶺岸先生ご夫妻が、不思議に床だけ残った会堂で、津波が襲ってきたときの時間を示す時計を持って、立っておられる写真が載っている。昨年5月にその現場に先生ご夫妻をお訪ねできた。

イギリスの新約学者で、旧約聖書から新約聖書までの全体の流れを創造と契約の展開と見て、そのなかでの神の正義、神の義のあり方を捉えて、最近は一般向けの本も出している N.T. ライトの『 Evil and the Justice of God, 悪と神の義』という本を読むことになった。神の義の下で、悪の問題は避けられない。同時にこのテーマを2006年に具体的に取り上げることになった契機として、2001年から2005年までに起こった、ニューヨークの同時多発テロ(2001年)、インド洋沿岸での津波(2004年)、ニューオーリンズのハリケーン(2005年)、そしてパキスタンでの地震(2005年)を取り上げている。N.T. ライトの時代感覚である。

読みながら、そうすると、東北大震災のことも、その続きに入ってくるのだろうかという問いと、それは悪の現れと取ったらよいのか、神の義の現れと取ったらよいのか、ライトの意図とは関係なしに、多少理屈めいた問いが出てくる。ライトの意図というのは、悪の問題に関して、いわゆる神義論的な議論を避けようとしているからである。すなわち、神が世界を創造されたなら、なぜなお悪が存在知るのかという問いを、哲学的に神学的に解決しようとする西洋の思惟ではなくて、聖書での神の義と悪との相克を見ることで、聖書の世界を理解しようとするからである。学術書である『Jesus and the Victory of God, イエスと神の勝利』(1996年)のタイトルが示しているように、イエスの死と復活に勝利を見ている。悪と神の義を二元的に見ているわけでない。

昨年被災の状況をネットで追いながら、あの津波を引き起こしている宮城沖の海の底には誰もいったことがないが、その海の底のことについてヨブ記の終わりで、神のヨブへの答えの一つとして語られていることを思い起こした。思い起こしても、それを神が起こしたこととすぐに結びつけることに抵抗を覚えた。神の怒りの表れなのだろうか、神が許して悪の力が暴れているのだろうか。当然そんな問いは、被災の現場と、復興の活動のなかでは封じられなければならない。それでも問いは残る。教会でのボランティア活動に関わっていても、支援のための方策を考えていても、政府の対応を見ていても、ぬぐい去れない息吹のように付きまとってくる。繰り返す波のように、心に押し寄せてくる。神の義が最終的に果たされるためであっても、なぜこのようなことが東北の太平洋岸で起こったのか、それが東京を直撃していたらどうなったのか、問いはかたちを変えて出てくる。

1755年にポルトガルの首都リスボンで大地震と大津波が起こり、壊滅的な被害と、今回の震災の倍以上の死者を出した。このリスボン大震災は、後のヨーロッパの啓蒙思想の陰となった。ライプニッツもカントもこの陰を引き受け、避けないで取り上げている。それでも西洋の啓蒙思想は多大な影響をもたらした。そしてその結果とも言い得るかのように、ホロコストを通して悪が前面に出てきたことで、その終焉を迎えた。レヴィナスは、神義論の終焉とまで言う。

東北大震災の復興は始まったばかりである。計算できる期間のなかで完成することでもない。その影響がどのように残っていくのか見守りたいが、スコープを越えたことでもある。日本の宣教、伝道、牧会に関わる人はだれでも、それは世代を超えて、この大震災が神の前でどのような意味合いを持っているのか、考えて答えを出すと言うより、そのインパクトを見つめ続けていく責任を負わされているかのようである。神の義をいただいているものとして避けられないことでもある。イエスの死と復活によって、悪への勝利を示された神、その神を信じる者が負い続けなければならない課題である。

上沼昌雄記