「メンズ・ブレックファスト、そして母と娘」2012年4月18日(水)

イースターの後に、シカゴの長女家族、国防省の仕事でアフガニスタンに行っている次女が、それぞれ休暇をとって、ダラス郊外の長男宅に集うことになり、私たちも二日間ドライブをして、1年半ぶりに家族全員が集合しました。その数日前に長男家族の2歳8ヶ月の男の子が大腿骨の骨折をしてギブスをはめているので、みんなで世話をしながら、毎日のように遊園地と公園に行き、家族写真を撮って楽しい時をいただきました。

5人の子どもたちも仲良く遊んでいましたので、大人たちもゆっくり語り合うことができました。それでも長男の発案もあって、長女の夫と私を含めて、3人でメンズ・ブレックファストの時と持ちました。長男の仕事場の近くのゆったりとしたレストランで、それぞれの思いを語り合うことができました。

私たち夫婦が妻の引退宣教師の両親の世話を同居しながらしていることから、親の生き方、特に母親の価値観や、人生観が妻を初め4人の娘たちに、善し悪しの関係なしに、深くというのは一般的な言い方なのですが、どうにもならないほど複雑にもつれて影響していることを、私なりに観察したところを話しました。長男も長女の夫もそれぞれ一人ずつ娘がいることもあってか、関心を引いたようでしばし会話が続きました。

妻を含めた4人の娘たちの母親に対する反応はみな違います。その違いが母親の面倒をみるときにそれぞれ出てきます。そのある面は信仰とか、宣教師とかは関係なしに、母親自身がそのまた家族の中から受け継いでいるものがあって、善し悪し関係なしに、結構複雑な面を呈しています。今度はそれが、妻と長女・次女の間でも受け継がれているのをみます。普段離れているときよりも、家族が一緒になって行動しているので身近な感じで話ができます。

そんな話をメンズ・ブレックファストの時にすることになるとは思っていなかったのですが、よく考えればそれぞれ家族持ちとして、もう一つの避けられない現実です。父親と息子ということで当然大きな課題を抱えているのですが、母親と娘という、どうにも複雑で幾重にもより糸が混線しているような関わりに、妻を通して、妻と母親、妻と娘たちという現実に直面させられているのです。長男も長女の夫も、それぞれの娘が10代になったら母親とどのような関係になるのだろうかと、想像心を働かせていました。

聖書ではナオミとルツのように嫁・姑の麗しい関係は出ているのですが、直接の母と娘の関係は取り上げられていないようです。ただ父系社会でしたので、父親を代表して子との関わりという意味で、すでに避けられないかたちで出ているとも言えます。母の咎も、その娘たちに3代から4代にわたって受け継がれています。しかも何とも込み入ったかたちで受け継がれています。

3月14日付で「和解の旅」という記事を書きました。母親を1年以上前に亡くされた女性が、一ヶ月が経っても読んでいますと昨日レスポンスを下さいました。すでに亡くなっている母親との和解の旅を始めたというのです。亡くなってすべてが終わったと思っていたが、ご自分の娘さんとの問題を通して自分の母親との格闘を思い出したようで、今はイエス様が間に入ってとりなしの祈りをしてくれていると記しています。

すでに父親のことは本に書いているのですが、長男が今度は男性として、夫として、母親と娘のことを書いたらばと勧めてくれたのですが、それは抜け出せない泥沼に引き込まれるようで、躊躇してしまいます。ただどの女性たちも、男性が父親との確執のようなものを持っているように、母親との間でどうにもならないほど絡み合った糸のもつれを持っているのが分かります。福音はそこにまで届いていくものですが、父と子の間もそうなのですが、取り扱われないで、そのまま咎を引き継いでいます。この面に関して福音は多くの場合に無視されています。

上沼昌雄記

広告

「「メンズ・ブレックファスト、そして母と娘」2012年4月18日(水)」への4件のフィードバック

  1. 「母と娘」と言うことでエッセイを読ませていただきました。
    このエッセイの投げかける光をこれから大事にしたいとおもいつつ、ゆっくり読んでいます。

    母の咎がすでに娘に避けられない形で届いている。福音はそこに届くものでありながら、無視されている。。一周忌が終わり、厳しい日々が続きました。

    父が自責の年でうめくようになり、そのこころを聞くために帰省しました。

    その心を聴きながら、自分の奥深くに巣食う、私自身の自責の念があぶりだされてきました。

    それは、そのままにしておくと私のいのちさえ危うくなるようなものでした。

    そういう流れで娘のきもちをうまく受け止めることができませんでした。
    新学期ということがあり、行き渋りの娘のこころを自分自身では本当に思いやれない自分に出会いました。

    白旗でした。

    本当に自分の力ではどうしようもできないということを実感しました。

    イエスを三回否認したペテロに岸辺で出会われる主の話を読みました。
    魚が取れてもなおも主を否んだ
    自責の念の取れないぺテロにイエスは三度問いました。

    一度、二度、三度。そのゆっくりとした問いはペテロに自分の力では主を愛せない自分を思い起こさせ、恐れに呪縛される自分を思い起こさせるものでした。

    自分の生々しい現実を見せられる本当に厳しい痛みを伴う問いです。主はゆっくり見せてくれます。

    しかし、それは恵みです。
    主は弟子の心の現実を見せられるが、それは厳しく追い詰めるものではない。本当に再生していくために原点に戻り、そこから再出発させるための問いなのだ。

    そのとき私は始めて復活の主に会いました。

    また続きを書きます。

    エッセイに私のことを引用していただいたこと、本当に励みと思い感謝しています。

    吉川

  2. もし先生が「『母と娘』のことで、深いうめきがありつつもそこに隠された主の
    臨在の現実」を文書にされるならば、私はとてもうれしく感じます。御長男の提案を本当にすばらしいとおもっております。

    主のすばらしさを母と娘の格闘で苦しんでおられる方に活字を通してお伝えすることができたら本当にすばらしいなあと感じています。

  3. 吉川さんの和解のことでのレスポンスに押し出されて、心にあった母と娘のことを書くことになりました。それに応えるように、実際にお母様と和解された女性の恵みの体験も直接にいただきました。何か思いがけない広がりがありそうです。ただ男性である私がどのように関われるのかは、不明のままです。それでも導かれれば書くことになるかも知れません。吉川さんのお嬢さんとの関わりの上に光がありますように祈っています。感謝とともに。上沼

  4. 週末、豊かな時が与えられています。
    朝は、チャックスミスのメッセージを夫婦で味わいました。
    「人を恐れると罠にかかる」という箴言からの深いメッセージでした。

    二人で見ることができたのでその恵みを味わいつつ、夫婦で
    しばらくおもっていることを話しました。

    自分は礼拝を心のそこからささげたいといいました。
    神様に対する熱い思いを語ってくれました。

    そのことに耳を傾けながら、賞賛しました。心のそこから主人を尊敬して
    すばらしいと伝えました。

    主人は結婚して、わたしの長い闘病の影で、身を粉にしながら、家庭に私に娘に仕えてくれました。

    いま少し私も回復に向かいながら、母のことも癒されながら、
    主人が自由に自分の思いを語ってくれるようになりました。

    本当に感謝しています。
    主の導きに感謝しています。

    栄聖書教会の週日のクラスも創造論を中心にもりあがってきました。
    末松隆太郎先生の深い視点に支えられています。

    主人が夢を
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中