「ああ、ソロモン!?」2013年1月28日(月)

 王としてのダビデ、王としてのソロモンの歩みを妻と読み進めて 
います。結構大変な中を、そしてこれで大丈夫かなと思わされると 
ころを通ったというか、通らされたダビデに比べて、2代目の 
王としてむしろあまり問題もなくスムーズにきたソロモンが、その 
栄華を極めたあとに、こともあっさりと堕落していく様に、これは 
どうしたことかと妻と共に戸惑っています。

 すでにエジプトの王パロの娘を妻としていたソロモンです。王に 
なる前のことです。そのソロモンがイスラエルの王となることも、 
ダビデの歩みを振り返ると何とも複雑なことです。新約聖書では 
「ダビデに、ウリヤの妻によってソロモンが生まれ」(マタイ1: 
6)と、あえて断りを入れないといけないことでした。なんと理解し 
て良いのか困惑するような筋道でソロモンが王となるのです。

 若いソロモンは、しかし、王となってダビデのあとこの民をどの 
ように導いたらよいのか、神に知恵の心と判断力の心を謙虚に求め 
ます。神はその求めに応えられます。それだけでなくその謙虚な心 
に感じてそうしたかのように、「富と誉れ」を与えることを約束す 
るのです。そんなことまで約束していいのですかと、神に言いたく 
なるところです。ともかく約束通りに、その知恵と判断力で民を導 
き、ダビデに約束してあった神殿を完成するのです。

 王権の確立と神殿の完成、これは神の導きでありながら、そうな 
らざるを得ない歴史の導きのような面があります。ソロモンがさら 
に宮殿を完成し、パロの娘のための家を完成し、その栄華は絶頂に 
達します。そこから、それも歴史の逆らえ得ない流れのように、さ 
らに神の導きのように、それ以前よりもはるかに急速に落ちていく 
のです。 

 すでにパロの娘を妻としていました。その上で栄華を極めてきた 
のです。しかしその頂点に達したときに、歯止めがきかなくなった 
ように多くの外国の女を妻とします。それは明らかに神が禁じてい 
たことでした。そんなことは王であるソロモンには通じないかのよ 
うに、思いのままに多くの王妃を迎えるのです。王妃700人、 
そばめ300人! そして惑うことなく記されています。「その 
妻たちが彼の心を転じた。」(1列王11:3)

 若いときには謙虚に神に知恵の心を求めたソロモンでした。年を 
とってソロモンは、その心は慢心したのか、判断力を失ってしまっ 
たのか、悔い改めて神に立ち返る心がなくなってしまいました。ダ 
ビデも結構な面があるのですが、どこかで神に立ち返っています。 
ソロモンの心を引き留めるものはすでになくなってしまったようで 
す。神はそんなソロモンに2度も現れています。妻は、2 
度も主が現れたと、何度も言います。それを無視したのか、それこ 
そ老人ぼけをしてしまったのか、決定的な境目を越えてしまいまし 
た。「ああ、ソロモン!」と嘆きたくなります。同時に「どうして 
神は?」と叫びたくなります。

 それでも神はソロモンを滅ぼすことをしません。全くダビデのゆ 
えに、ソロモンは王として留まるのです。それでも王国が二つに分 
かれていくことになります。ソロモンの家来のヤロブアムが北の 
10部族を率いて王となります。それに対して、誰を母としているの 
か記されていないのですが、ソロモンの子であるレハブアムがひと 
つの部族、ユダ族を率いて南の王となります。それは全くダビデの 
ゆえに、「一つのともしび」(11:36)、すなわち、 
ダビデの子孫を残すためです。

 「ソロモンの業績の書」(11:41)、「箴言」と 
「伝道者の書」が残っています。そこに記されていることは真実で 
す。そのソロモンが神に背いてしまって、神の民の歩みに多くの苦 
難をもたらしたのも事実です。神はそのすべてを知っておられなが 
ら、なおそのなかでご自分の計画を実現していくのです。それは神 
の民に大変な苦難をもたらすものです。そしてそれ以上に、それを 
行わなければならない神は、文字通りに「苦難の神」以外に何もの 
でもないのです。イザヤ書の「苦難の僕」が当然のように出てきます。

 これも神の計画といえば、その通りなのですが、それにしてもあ 
の知恵に満ちたソロモンがあっさりとその栄華を極めたあとに滑り 
落ちていくのには、「どうして?」という問いがついて回ります。 
決して私たちとは無関係ではないのです。それでもその都度困惑し 
ながら、「それではどうしたらよいのか?」と自問しつつ、それで 
もしっかりとご自分の計画を実現される神がおられるのです。ローマ書 
9-11章で、パウロ自身が問いかけなら、最後に計り知れない 
神の計画に驚いているかのようです。

上沼昌雄記
広告

“「ああ、ソロモン!?」2013年1月28日(月)” への 1 件のフィードバック

  1. 「ああ、ソロモン」を読ませていただきました。

    責任を取り続ける神様のお姿が迫ってきました。
    人間の親ではできないことです。
    祝福と恵みの神であると共に、苦難と痛みを共に背負って生きてくださる神様のお姿が伝わってきます。

    黒田博樹投手のことが気になっています。
    少し調べてみました。
    黒田はいいます。「野球は楽しくありませんよ。」
    「勝てば絶賛され、負ければ罵倒される。」

    そんなニューヨークファンやメディアの反応をなにもかも飲み込んで生きています。
    その上で自分の使命を生きています。
    責任ということを思っています。

    共に生きるということはいいところも悪いところも飲み込んでいくということでしょうか。自分のいやなところ、ふせたくなるところ、自分の家族のすばらしいところ、受け入れがたいところ、
    そんなことを丸々抱えて自分の使命を全うしていくことなのでしょうか。

    それが真の成熟だと教えてくれた書物があります。
    そのとおりだと思っています。

    神様がいるから、自分にも仕え、自分の家族、自分の周囲に仕えていくことができるのだと思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中